メインメニューを開く

高津 聖志(たかつ きよし、1944年11月16日 - )は、日本の免疫学者富山県薬事研究所所長・富山大学客員教授東京大学名誉教授医学博士大阪大学)。専門は免疫学細胞生物学B細胞研究における第一人者であり、アレルギーなどを抑える細胞を増やすインターロイキン-5(IL‐5)とその受容体本庶佑と共に同定し、遺伝子を単離した[1]ことで世界的に知られる。2003年から2004年に亘って、第13代日本免疫学会会長を務めた。

目次

略歴編集

受賞歴編集

著作編集

  • 抗体実験マニュアル(共著) - 羊土社
  • タンパク質研究のための抗体実験マニュアル - 羊土社
  • 免疫研究の基礎技術(共著) - 羊土社

脚注編集

  1. ^ 日本インターフェロン・サイトカイン学会編「サイトカインハンティング 先頭を駆け抜けた日本人研究者たち」2010年 京都大学学術出版会
  2. ^ 博士論文書誌データベース