高田 康成(たかだ やすなり、1950年1月14日 - )は、日本英文学者東京大学名誉教授、名古屋外国語大学名誉教授[1]日本学士院会員[2]。専攻は中世英文学、表象古典文化論(古典ラテン文学)。東京生まれ。

高田 康成
人物情報
生誕 (1950-01-14) 1950年1月14日(71歳)
出身校 国際基督教大学
学問
研究分野 英文学、古典ラテン文学、表象文化論
学位 文学修士[1]
学会 日本シェイクスピア協会、国際シェイクスピア学会[1]
テンプレートを表示

略歴編集

東京都立航空工業高等専門学校中退。1972年国際基督教大学卒業。1976年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。同年、大阪大学言語文化部助手[1]1978年 - 1980年ケンブリッジ大学留学。1984年東北大学文学部助教授、1989年東京大学教養学部助教授、1994年総合文化研究科教授[3]。2015年定年退任、名誉教授、名古屋外国語大学現代英語学部教授。2020年定年、名誉教授。同年、日本学士院会員に選ばれる。

著書編集

共著・共編編集

訳書編集

論文編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 教員紹介|大学概要”. 名古屋外国語大学. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ 日本学士院会員の選定について
  3. ^ 『駒場2001』東京大学教養学部