メインメニューを開く

高橋 和久(たかはし かずひさ、1950年3月 - )は、日本の英文学者東京大学名誉教授立正大学教授。

著書『エトリックの羊飼い』は、18-19世紀のスコットランドの詩人、ジェイムズ・ホッグen:James Hogg)論。

略歴編集

東京生まれ。東京都立小石川高等学校卒、1973年京都大学文学部文学科卒業(英語学英文学専攻)、1976年東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程修士課程修了、岡山大学教養部助手、77年講師、1978年愛媛大学法文学部講師、1981年学習院大学文学部講師、1983年東京大学教養学部助教授、94年東京大学文学部助教授、94年12月同教授、95年同人文社会系研究科教授、2015年定年退任、名誉教授。2018年立正大学文学部教授。

著書編集

  • 『エトリックの羊飼い、或いは、羊飼いのレトリック』 研究社, 2004

共著編編集

訳書編集

参考編集