メインメニューを開く
日本 > 広島県 > 広島市 > 安佐北区 > 高陽ニュータウン

高陽ニュータウン(こうよう-)は広島県広島市安佐北区に位置するニュータウンである。

高陽ニュータウン
落合・(落合南)・亀崎・(口田)・(口田南)・
倉掛・(深川)・真亀
高陽ニュータウンの位置(広島県内)
高陽ニュータウン
高陽ニュータウン
北緯34度28分35.42秒 東経132度31分22.66秒 / 北緯34.4765056度 東経132.5229611度 / 34.4765056; 132.5229611
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima, Hiroshima.svg 広島市
安佐北区
人口
平成24年9月末現在
 • 合計 17,432人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
739-1731・739-1732・739-1733・
739-1734・739-1741・739-1742・
739-1743・739-1751
市外局番 082
ナンバープレート 広島
※座標は高陽浄水場交差点付近

目次

概要編集

広島県住宅供給公社が開発。造成時期・エリアの違いによってA団地・B団地・C団地の通称が設けられており、おおむね次のエリアに相当する[1]

  • 高陽A団地 - 真亀・亀崎
  • 高陽B団地 - 落合
  • 高陽C団地 - 倉掛

ニュータウン内の人口は、中国新聞の報道によれば、平成24年9月末現在で17,432人である[1]

地理編集

広島市北部、太田川の左岸に位置する旧安佐郡高陽町一帯の丘陵地を造成して建設されたニュータウン。

広島市郊外に造成されたニュータウン群の中では最初期の事例。

現在の住所には住居表示実施に伴い大半の区域で「高陽」の地名がないが(そもそも「高陽」の呼称自体が瑞祥地名)、住居表示実施前の町名は「安佐北区高陽町○○」と称していた。

歴史編集

千里ニュータウン(大阪)、多摩ニュータウン(東京)に次いで、3番目に高陽ニュータウン(広島)が完成した。

開発が決定した1971年には、中国、四国、九州で最大の団地だと宣伝されていた。

田中角栄日本列島改造論が出た1972年に造成が開始された[1]

交通編集

鉄道編集

バス編集

広島バスが高陽A・B団地へ、その他2社が高陽A・C団地、高陽台・深川台へ路線を延ばす。各社ともニュータウン内に営業所または車庫を置いている。

道路編集

主な施設編集

脚注編集

関連項目編集