メインメニューを開く

鯉川なつえ

日本の女性陸上競技選手

鯉川なつえ(こいかわ なつえ、1972年8月2日 - )は、福岡県福岡市出身の日本の女子陸上競技選手指導者スポーツ解説者。専門は長距離走マラソン

人物編集

福岡市立長丘中学校時代はバレーボール部に所属しており、全日本中学校バレーボール選手権大会に出場している。

その後筑紫女学園高等学校へと進学し、3年時には全国高等学校総合体育大会で3000mで高校記録を樹立するなど横浜国際女子駅伝の代表に選ばれている。

順天堂大学に進んだのちは日本学生陸上競技対校選手権大会で優勝するなどし、1993年ユニバーシアードバッファロー大会に女子長距離走日本代表として選ばれている。卒業後は三田工業へと就職。

1995年のユニバーシアード福岡大会に女子マラソンに出場。然し、スタート時から高温多湿という悪条件が災いした影響か、レース中盤からは先頭を独走するも、ゴール手前の39Km付近で完全に意識朦朧と成り、コースアウトや逆走するなどフラフラの状態で昏倒してしまい途中棄権、直後救急車で病院搬送された。

1998年には三田工業を退職し、順天堂大学陸上競技部の女子中長距離コーチに就任した。立教大学非常勤講師などを経て、現在は順天堂大学陸上競技部女子監督兼スポーツ健康科学部の准教授

2009年7月に第1子となる長男を出産した。

2015年12月より、年末恒例の全国高等学校駅伝競走大会・女子の部では、昨2014年まで担当していた山下佐知子に代わり、NHK総合テレビジョン実況解説者を務めている[1]

2019年3月17日TBSテレビ消えた天才』にVTR出演。TBSスタジオ・ゲスト登場で、1972年生まれの同期である高橋尚子は、学生時代の鯉川を「手が届くとか届かないとか、見えるとか見えないとかの世界では無くて、『神様』です」とコメント。なお1995年の福岡ユニバ女子マラソンにおいて、ゴール手前でリタイアしたレースに関し、鯉川は「鳥肌が立つくらい『生きてて良かった』と思いました」と述懐している[2]

著書編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 全国高校駅伝【女子27回】の番組概要ページ - gooテレビ番組(2015年12月20日 10:05~11:54生放映)
  2. ^ 消えた天才 ~超一流が勝てなかった人 大追跡~TBSテレビ(2019年3月17日放送)