鶴賀 鶴吉(つるが つるきち)は、新内節の太夫の名跡

初代編集

宝暦11年(1761年) - 文政10年4月26日1827年5月21日))本名はこん。女性。 江戸の生まれ、初代新内節の家元初代鶴賀若狭掾の娘。で父没後2代目家元を継承。和国、鶴老と改名。 生前、式亭三馬と親交があり滑稽本浮世風呂』の中で「品が上品だ・・・」と絶賛された。

2代目編集

天明8年(1788年) - 安政2年3月26日1855年5月12日))本名はつぢ。女性。 江戸の生まれ、初代鶴吉の娘の小鶴が没後2代目鶴吉を襲名し3代目家元を継承。

3代目編集

後の4代目(本来5代目)鶴賀新内

4代目編集

生没年不詳)女性。 3代目鶴吉(後の4代目新内)の妹。

5代目編集

明治18年(1885年) - 大正9年(1920年11月1日)本名は鈴木かめ。女性。 6代目鶴賀新内の妻。