鷹司并子

日本の江戸時代の公家

鷹司 并子(たかつかさ すねこ、寛政10年12月17日1799年1月22日) - 天保8年10月10日1837年11月7日))は、阿波徳島藩12代藩主・蜂須賀斉昌正室。初名は李(すえ)。院号は善性院。

興源寺にある墓碑

父は関白鷹司政煕。13代藩主蜂須賀斉裕の正室・鷹司標子は姪に当たる。

生涯編集

寛政10年12月17日1799年1月22日)、関白鷹司政煕とその側室との間に生まれる。

文政4年(1821年)、蜂須賀斉昌の正室・穠姫が死去したため、継室として江戸の徳島藩邸に入った。天保8年10月10日1837年11月7日)に江戸で没し、藩邸内に埋葬された。享年40。墓所は徳島県徳島市下助任町にある興源寺

参考文献編集

  • 「興源寺説明版」