蜂須賀 斉昌(はちすか なりまさ)は、阿波国徳島藩12代藩主。

 
蜂須賀斉昌
Hachisuka Narimasa.jpg
蜂須賀斉昌像
時代 江戸時代後期
生誕 寛政7年7月10日1795年8月24日
死没 安政6年9月13日1859年10月8日
改名 昭昌、斉昌
戒名 峻陵院殿
墓所 徳島県徳島市万年山墓所
官位 正四位上阿波守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
阿波徳島藩
氏族 蜂須賀氏
父母 蜂須賀治昭、辻備
兄弟 昭尹、綱姫、斉昌昭順、典姫、姞姫、
光姫ら
穠姫鷹司并子
巻、里
斉裕量子
テンプレートを表示

経歴編集

寛政7年7月10日1795年8月24日)、蜂須賀治昭の次男として生まれる。兄弟たち同様に父より偏諱を受け、を初め昭昌(あきまさ)と名乗る。

文化6年(1809年)、第11代将軍徳川家斉から松平の名字を授与される[1]とともに、その偏諱を授かり斉昌に改名する。

文化10年(1813年)9月、父・治昭の隠居にともない跡を継ぐ。この頃になると徳島藩でも財政が悪化していたため、藩政改革が必要となっていた。しかも幕府から甲斐国の河川の築堤などを命じられ、新たに4万5000両も拠出するなど、領民に多大な負担をかけた。

子に恵まれなかったため、文政10年(1827年)閏6月3日に家斉の二十二男・斉裕を養嗣子に迎えた。やがてこの斉裕が将軍の実子ということで天保6年(1835年)12月に斉昌と同じ従四位上に叙せられると、養父としての立場がないと訴えて、天保10年(1839年)12月には異例の正四位上叙任が認められるが、その際に老中水野忠邦に対して礼銭名目に4000両もの賄賂を贈ったという噂が庶民にまで広まった(『藤岡屋日記』)[2]

このため、斉昌は財政再建のために徳島藩の特産品とも言えた煙草の専売に乗り出した。さらに、「煙草御口銀」という新たな税を課した。このため、領民は天保12年12月4日(1842年1月15日)、600人近くが伊予国今治藩に逃散し、その翌年には一揆山城谷一揆)も起こった。このとき、徳島藩は一揆の首謀者を処罰できなかったと言われており、領民の怒りが凄まじかったことがうかがえる。

天保14年(1843年)、家督を斉裕に譲り、その後の安政6年(1859年)9月13日、65歳で死去した。法号は峻陵院殿。墓所は徳島県徳島市万年山

系譜編集

偏諱を与えた人物編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』(近代文芸社、2000年)
  2. ^ 藤田覚『近世政治史と天皇』(吉川弘文館、1999年) ISBN 978-4-642-03353-4 P309-310
  3. ^ 夫人井伊氏
  4. ^ 先代・蜂須賀治昭の正室も井伊氏だが、天明6年(1786年)に没している。1815年の藩主は斉昌。