黎恭皇

後黎朝の皇帝

黎恭皇(れいきょうこう、レ・クンホアン、ベトナム語Lê Cung Hoàng黎恭皇)は、後黎朝大越の第12代皇帝。名は黎 椿(レ・スアン、ベトナム語Lê Xuân黎椿)または黎 懬(レ・ル、ベトナム語Lê Lự黎懬)とも[1]

恭皇 黎椿
後黎朝
第12代皇帝
王朝 後黎朝
在位期間 1522年7月22日 - 1527年5月15日
姓・諱 黎椿(黎懬)
諡号 恭皇帝
生年 端慶3年7月26日
1507年9月2日
没年 明徳元年6月15日
1527年7月12日
端穆皇太后
后妃 阮皇后
陵墓 華陽陵
元号 統元 : 1522年 - 1527年

生涯編集

錦江王中国語版鄭氏鸞中国語版の子で、聖宗の曾孫、昭宗中国語版黎椅の同母弟にあたる[1]光紹7年(1522年)、昭宗は専権を振るう仁国公莫登庸に不満を募らせ、一部の廷臣と共に山西の明義県にある夢山に籠もる[2]と、西都城に拠る鄭綏中国語版も昭宗の莫登庸討伐の命に応じた。これに対して莫登庸は、昭宗が君側の奸に唆されたとして、昭宗に同行しなかった同母弟の黎椿を皇帝に擁立し[3][4]、昭宗を陀陽王に落とした。良文侯阮時雍ベトナム語版の娘(阮氏玉の姉妹)を皇后とした[1]

恭皇を擁した莫登庸は統元3年(1524年)に山東侯莫厥(莫登庸の弟)・瓊渓侯武護・陽川侯武如桂らに西都城を攻めさせて鄭綏を戦死させ、黎椅を捕らえて昇龍に幽閉した。鄭綏の死後、表立った反対者がいなくなった莫登庸は統元5年12月8日1527年1月9日)、沛渓伯の范金榜に黎椅を殺害させ、翌統元6年4月16日(1527年5月15日)には東閣大学士の皆源伯阮文泰に詔を起草させて恭皇にも禅譲を迫った[2][3][5]。ここに後黎朝はいったん滅び、莫朝が成立した。譲位後の黎椿は恭王に降封されて西内宮に幽閉され、明徳元年6月15日(1527年7月12日)に母の鄭氏鸞と共に自害を強要された[1]

死後、皇帝の礼をもって御天県中国語版(現在のフンハ県フンニャン市鎮ベトナム語版)にある華陽陵に葬られた。

出典編集

  1. ^ a b c d 大越史記全書』本紀巻之十五 黎皇朝紀 恭皇帝
  2. ^ a b 王民同 2016, 黎朝期后的特点
  3. ^ a b 八尾 2006, p. 10
  4. ^ ベトナム史略』 第1巻 第3部 第15章 黎氏
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “莫登庸” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。

参考資料編集

  • 王民同『王民同学术文选』云南大学出版社云南人民出版社、2016年4月1日(中国語簡体字)。ISBN 978-7548226062
  • 八尾隆生「ヴェトナム前期黎朝の滅亡と清化集団の再編」『史学研究』第251号、広島史学研究会、2006年3月31日、 1-26頁、 ISSN 0386-9342
先代:
昭宗
後黎朝の第12代皇帝
1522年 - 1527年
次代:
荘宗