メインメニューを開く

黒田 直温(くろだ なおあつ)は、上総久留里藩の第4代藩主。久留里藩黒田家5代。

 
黒田直温
時代 江戸時代後期
生誕 天明4年6月28日1784年8月13日
死没 享和元年7月24日1801年9月1日
改名 鶴松(幼名)、直温
別名 道義(別名)
戒名 賢良院潤徳
墓所 埼玉県飯能市の能仁寺
官位 従五位下、大和
幕府 江戸幕府
上総国久留里藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田直英
母:松平信礼の娘・品子(祇園院)
兄弟 三五郎、直温直行
養子:直方
テンプレートを表示

天明4年(1784年)6月28日、第3代藩主・黒田直英の次男として江戸下谷藩邸で生まれる。

天明6年(1786年)の父の死去により家督を継いだ。

寛政11年(1799年)12月、従五位下、大和守に叙位・任官する。

藩政においては藩財政再建に尽力したが、効果を挙げることなく、享和元年(1801年)7月24日に死去した。享年18。嗣子がなく、叔父の直方が養子となって跡を継いだ。