メインメニューを開く

13の月』(じゅうさんのつき)は、2006年9月30日公開の日本映画。俳優池内博之の初監督作品である。シネマート六本木でのみ公開された。その後、2007年に水戸映画祭でも上映された[1]。東京の会社を退職し12年ぶりに海辺の街に帰郷した吉岡佑と佑の先輩の恋人であり佑が故郷を去る原因となった村沢唯子、そして彼らを取り巻く人々のある夏の出来事を描く。

キャスト編集

スタッフ編集

ロケ地編集

池内の故郷、茨城県ひたちなか市ロケーション撮影が行われた[2]ひたちなか市立中央図書館などで撮影が行われた[1]

脚注編集

  1. ^ a b 「水戸で名画上映祭 県出身の俳優・池内さん監督作品も」読売新聞2007年2月2日付朝刊、34ページ
  2. ^ 「街がたり人がたり 表現者 心の原風景支えに初監督」朝日新聞2005年5月3日付朝刊、茨城版27ページ

参考資料編集

  • 「13の月」パンフレット(シネマパラダイス発行)

関連項目編集

外部リンク編集