1905年8月30日の日食

1905年8月30日に起こった日食

1905年8月30日の日食は、1905年8月30日に観測された日食である。カナダ、ニューファンドランド、スペイン、フランス領アルジェリア、フランス保護領チュニジア、オスマン領トリポリタニア、オスマン領エジプト、オスマン帝国、ジャバル・シャンマル王国、アデン保護領、マスカットおよびオマーンで皆既日食が観測され、北アメリカ中東部、ヨーロッパ全部、アジア中西部、アフリカ中北部で部分日食が観測された[1]

SE1905Aug30T.png

通過した地域編集

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域はカナダマニトバ州南東部・オンタリオ州ケベック州ニューファンドランド植民地英語版(現在カナダのニューファンドランド・ラブラドール州)南部、スペイン北部、フランス領アルジェリア(現在のアルジェリア)北東部、フランス保護領チュニジア(現在のチュニジア)北部、オスマン領トリポリタニア英語版(現在のリビア)北部(行政所在地、現在の首都トリポリを含む)、オスマン領エジプト英語版(現在のエジプト)、オスマン帝国南部(現在のサウジアラビアに属する)(主要都市、宗教聖地メッカを含む)、ジャバル・シャンマル王国(現在サウジアラビアの一部)南部、アデン保護領英語版(現在のイエメンに属する)北東部、マスカットおよびオマーン英語版(現在のオマーンに属する)南部だった。皆既食の最大はスパインのパレンシア県東部にあった[2][3]

また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域はカナダ中東部、ニューファンドランド全部、フランス領サンピエール島・ミクロン島、デンマーク領グリーンランドアメリカ合衆国中東部、イギリス領バミューダ諸島ユカタン半島北端、大アンティル諸島中北部、ヨーロッパ全部、北アフリカ全部、西アフリカのほとんど(南西部沿岸を除く)、中部アフリカ中北部、東アフリカ中北部、西アジア全部、イギリス領インド北西部(現在パキスタンのほとんど(東端の国境地帯を除く)と印度西部の国境地帯)、中国新疆省(現在の新疆ウイグル自治区)西端、ロシア帝国の西半分だった[1][4]

観測編集

アメリカ海軍天文台の観測隊は皆既帯の中央線に近い標高2,500フィート (760 m)のスペインダロカスペイン語版と標高1,500フィート (460 m)のフランス領アルジェリアのゲルマ、皆既帯南縁にある標高1,000フィート (300 m)のスペインバレンシア県ポルタ・コエリカタルーニャ語版の3カ所で皆既日食を観測した。リーダーと一部の隊員は7月3日に船でニューヨークを出発し、7月20日にスペイン北部の港グラドスペイン語版に着き、他の隊員は既に現地に着いていた。結果、3つの観測地は全て晴れで、観測が成功だった。観測隊はコロナを撮影し、スペクトルの観測をした[5]

脚注編集

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1905 Aug 30”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月10日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1905 Aug 30 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月10日閲覧。
  3. ^ Xavier M. Jubier. “Eclipse Totale de Soleil du 30 août 1905 - Cartographie Interactive Google (1905 August 30 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2016年4月10日閲覧。
  4. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月10日閲覧。
  5. ^ Colby M. Chester. “General report of the eclipse expedition in 1905”. Publications of the U.S. Naval Observatory Second Series 10: B.11-B.13. http://adsabs.harvard.edu/full/1926PUSNO..10B..11C.