1910年の相撲(1910ねんのすもう)は、1910年の相撲関係のできごとについて述べる。

1909年-19101年-1911年

できごと編集

  • 大阪相撲の大木戸森右エ門の横綱推挙を巡り大坂相撲協会と吉田司家とが対立、1月5日に大阪方は独断で大木戸に免許を出したため吉田家は大阪方に波紋を言い渡した。13日、東京相撲協会は吉田司家に与して大阪方に絶縁を声明し、東京、大阪の両協会が不和状態となった[1]
  • 3月3日、京都相撲が日英博覧会余興のため渡英。興行成績が良かったため欧州大陸遠征に乗り出したが、やがて困窮して一行は離散。一部は南米で諸行に従事する始末で、衰微の兆しを見せていた京都相撲協会は事実上の倒産となった[1]

天覧相撲編集

台覧相撲編集

本場所など編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 酒井, p. 236.
  2. ^ a b c 酒井, p. 239.
  3. ^ 酒井, p. 232.
  4. ^ 酒井, pp. 231-235.
  5. ^ 酒井, pp. 235-236.
  6. ^ 酒井, pp. 236-239.

参考文献編集

  • 酒井忠正『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。