メインメニューを開く

1950年イギリスグランプリ (III RAC British Grand Prix, XI Grand Prix d'Europe) は、1950年のF1世界選手権第1戦として、1950年5月13日シルバーストン・サーキットで開催された。

イギリスの旗 1950年イギリスグランプリ
レース詳細
Silverstone circuitmap 1950-51.jpg
日程 1950年シーズン第1戦
決勝開催日 5月13日
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス ノーサンプトンシャー州
コース長 4.649km
レース距離 70周(325.458km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:50.8
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ
タイム 1:50.6
決勝順位
優勝
2位
3位

同年ヨーロッパグランプリを冠し、またこの年に始まったF1世界選手権の第1戦であり、国王ジョージ6世エリザベス皇后・マーガレット王女とルイス・マウントバッテン夫妻らも観戦した。

概要編集

1950年のF1世界選手権開始に伴い、年に複数のレースを行い個々のレース結果に基づきポイントを与え、その合算結果にて年間ランキングを決めるようになったが、その第1戦はこの戦後3回目の開催となった1950年5月13日のイギリスGPであった。このレースは第10回ヨーロッパグランプリも兼ねていたが、こちらはF1賞典とは関係なく、現在のヨーロッパグランプリとは位置付けが違う。これは厳密に言うとグランプリ=レースではないためこの様な複雑な表現になる。ここで使用するグランプリという言葉については、グランプリ (モータースポーツ)を参照。

レースが開催されたシルバーストン・サーキットは、第二次世界大戦終結後に閉鎖された軍用飛行場跡地を利用して1948年に設置されたサーキットである。当初は現在のコースの内側にもセクションをもつ5.906kmのサーキットとしてオープンしたが、F1が開催されるようになって以来、主にコーナーが8個しかない外周のみのレイアウトでレースが行われるようになった。しかしながら、3つしかコーナーがないサーキットですらF1を開催した当時としては、世界中に数あるサーキットの中ではごく平均的なものであった。

この当時のスタート時の並びは後年のような2-2-2(2列縦列)ではなく、4-3-4(最前列に4台、次列に3台、以降繰り返し)であった。24台が参戦し、21台が決勝に出走した。

結果は、アルファロメオのティーポ158に搭乗したこの年の王者でもあるジュゼッペ・ファリーナが1分50秒8で獲得した予選1位から勝利を収め、記念すべきF1初レースの優勝者として名前を残している。2位は同じくアルファロメオのルイジ・ファジオーリ、3位にはこれまたアルファロメオのレグ・パーネルが入賞し、1位から3位までが全てアルファロメオのティーポ158が占めた。

また、F1世界選手権開催を記念して、英王室から当時の国王ジョージ6世とエリザベス皇后、マーガレット王女の計3人が観覧に訪れた。ピットも同様だったが、鉄パイプとビニールシートから急遽建造された、マーシャル小屋と見紛う一坪ほどのロイヤルボックスからレースを観戦したが、平坦なシルバーストン・サーキットは床高1メートル弱であるこの急造ロイヤルボックスでも十分に一望できたという。前座レースのF3レースが行われたあと国王夫妻はコースをゆっくり1周し、その後F1のスタートが切られた。レース終了後、優勝したジュゼッペ・ファリーナを祝福、ジョージ6世自らが優勝トロフィーを授与した。

エントリーリスト編集

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ SpA アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
2   ジュゼッペ・ファリーナ アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
3   ルイジ・ファジオーリ1 アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
4   レグ・パーネル アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
5   デヴィッド・マレー スクーデリア・アンブロジアーナ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
6   デヴィッド・ハンプシャー マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
8   レスリー・ジョンソン T.A.S.O. マシソン ERA ERA E ERA 1.5 L6s D
9   ピーター・ウォーカー英語版2 ピーター・ウォーカー ERA ERA E ERA 1.5 L6s D
10   ジョー・フライ3 ジョー・フライ マセラティ マセラティ・4CL マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
11   カス・ハリソン カス・ハリソン ERA ERA B ERA 1.5 L6s D
12   ボブ・ジェラード ボブ・ジェラード ERA ERA B ERA 1.5 L6s D
14   イブ・ジロー・カバントゥ オートモビルズ・タルボ=ダラック タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
15   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
16   フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
17   ユージェン・マルタン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
18   ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
19   ルイ・シロン オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
20   トゥーロ・デ・グラッフェンリート エンリコ・プラーテ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
21   プリンス・ビラ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
22   フェリーチェ・ボネット スクーデリア・ミラノ マセラティ マセラティ・4CLT-50 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
23   ジョー・ケリー ジョー・ケリー アルタ アルタ・GP アルタ 1.5 L4s D
24   ジェフ・クロズリー ジェフ・クロズリー アルタ アルタ・GP アルタ 1.5 L4s D
26   レイモンド・メイズ4 レイモンド・メイズ ERA ERA D ERA 1.5 L6s D
Sources: [1][2]
^1 - ルイジ・ファジオーリはアルファロメオ3番車で予選と決勝70ラップを走行した。ジャンバティスタ・ギドッティも同車のドライバーとしてエントリーしたが、ドライブすることは無かった[3]
^2 - ピーター・ウォーカーはERA9番車で予選と決勝2ラップを走行した。トニー・ロルトが引き継いで3ラップを走行した[4]
^3 - ジョー・フライはマセラティ10番車で予選と決勝45ラップを走行した。ブライアン・ショウ=テイラーが引き継いで19ラップを走行した[4]
^4 - イベント前にエントリーをキャンセルした[5]

予選編集

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ジュゼッペ・ファリーナ アルファロメオ 70 2:13'23.6 1 8
2 3   ルイジ・ファジオーリ アルファロメオ 70 + 2.6 2 6
3 4   レグ・パーネル アルファロメオ 70 + 52.0 4 4
4 14   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ 68 + 2 Laps 6 2
5 15   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ 68 + 2 Laps 9 1
6 12   ボブ・ジェラード ERA 67 + 3 Laps 13  
7 11   カス・ハリソン ERA 67 + 3 Laps 15  
8 16   フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ 65 + 5 Laps 14  
9 6   デヴィッド・ハンプシャー マセラティ 64 + 6 Laps 16  
10 10   ジョー・フライ
  ブライアン・ショウ・テイラー
マセラティ 64 + 6 Laps 20  
11 18   ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ 64 + 6 Laps 21  
Ret 1   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 62 オイル漏れ 3  
NC 23   ジョー・ケリー アルタ 57 Not classified 19  
Ret 21   プリンス・ビラ マセラティ 49 燃料切れ 5  
Ret 5   デヴィッド・マレー マセラティ 44 エンジン 18  
NC 24   ジェフ・クロズリー アルタ 43 Not classified 17  
Ret 20   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 36 エンジン 8  
Ret 19   ルイ・シロン マセラティ 26 クラッチ 11  
Ret 17   ユージェン・マルタン タルボ・ラーゴ 8 油圧 7  
Ret 9   ピーター・ウォーカー英語版
  トニー・ロルト
ERA 5 ギアボックス 10  
Ret 8   レスリー・ジョンソン ERA 2 コンプレッサー 12  

*Ret:リタイア、NC:周回数不足

記録編集

第1戦終了時点でのランキング編集

順位 ドライバー ポイント
1   ジュゼッペ・ファリーナ 9
2   ルイジ・ファジオーリ 6
3   レグ・パーネル 4
4   イブ・ジロー・カバントゥ 3
5   ルイ・ロジェ 2
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照編集

  1. ^ 1950 British Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月4日閲覧。
  2. ^ 1950 British GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年10月4日閲覧。
  3. ^ Britain 1950 - Race entrants”. statsf1.com. 2014年1月7日閲覧。
  4. ^ a b British Grand Prix 1950 - Results”. ESPN F1. 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ Britain 1950 - Result”. statsf1.com. 2013年10月4日閲覧。

Unless otherwise indicated, all race results are taken from The Official Formula 1 website”. 2007年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月5日閲覧。

FIA F1世界選手権
1950年シーズン
次戦
1950年モナコグランプリ
前回開催
1949年イギリスグランプリ
  イギリスグランプリ次回開催
1951年イギリスグランプリ