メインメニューを開く

1951年イタリアグランプリ (XXII GRAN PREMIO D'ITALIA) は、1951年F1世界選手権の第7戦として、1951年9月16日にモンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 1951年イタリアグランプリ
レース詳細
1951年F1世界選手権全8戦の第7戦
Monza 1950.png
日程 1951年シーズン第7戦
決勝開催日 9月16日
正式名称 XXII GRAN PREMIO D'ITALIA
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアモンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 6.300
レース距離 306.458
ポールポジション
ドライバー アルファロメオ
タイム 1:53.2
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ
タイム 1:56.5
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 アルファロメオ

目次

レース概要編集

フランス、ドイツでエンリコ・プラーテマセラティをドライブしたトゥーロ・デ・グラッフェンリートが、パウル・ピーチに代わってアルファロメオに復帰、4台体制の一角を占めた。彼はレギュラーのアルファドライバー、ファンジオファリーナボネットと共に参戦する。フェラーリはドイツに引き続いて、アスカリヴィッロレージゴンザレスタルッフィの4台体制で参戦、一方でブラジル人ドライバーのチコ・ランディがフェラーリでプライベート参戦、グランプリデビューを果たす。これらに加え、BRMシムカ・ゴルディーニオスカタルボ・ラーゴがワークスとして参戦した。

フロントローはファンジオ、ファリーナのアルファ勢とアスカリ、ゴンザレスのフェラーリ勢で分けられた。2列目はフェラーリの残り、ヴィッロレージとタルッフィに加え、アルファロメオのフェリーチェ・ボネットが並んだ。BRMのレグ・パーネルもこれに続いたが、潤滑油のトラブルのためスタートすることができなかった。

ポールポジションからスタートしたファンジオがレース序盤をリードしたが、すぐに首位をアスカリに明け渡す。彼は8ラップ目に首位を奪還したが、タイヤ交換のピットインで5位に後退した。ファリーナとデ・グラッフェンリートの早期のリタイアで、フロイラン・ゴンザレスがチームメイトのアスカリに続いて2位となる。ファンジオはフェラーリとの差を詰めようとしたが、エンジントラブルが彼のチャンスをダメにした。唯一残されたアルファドライバー、ファリーナは30ラップ目にボネットの車を引き継ぎ、ファンジオがリタイアしたことで3位に浮上した。彼のペースは速かったものの、燃料漏れのため2度も余分にピットインしなければならなかった。アスカリが自身2度目、そしてフェラーリにとって3度目の勝利を獲得し、イギリスGP勝者のゴンザレスが2位に入った。残るワークスフェラーリのヴィッロレージとタルッフィは4位、5位に入賞しポイントを獲得した[1]

アスカリはこの勝利でランキング首位のファンジオに2ポイント差に迫った。4ポイント差でゴンザレスがこれに続いた。1レースを残し、ファンジオとアスカリだけがタイトル獲得の可能性を持っていた。

エントリーリスト編集

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   アルベルト・アスカリ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
4   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
6   フロイラン・ゴンザレス フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
8   ピエロ・タルッフィ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
10   ジャンニ・マルゾット1 フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ 375 F1 4.5 V12 P
12   チコ・ランディ フランシスコ・ランディ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
14   ルディ・フィッシャー エキュリー・エスパドン フェラーリ フェラーリ・212 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
16   ピーター・ホワイトヘッド ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ フェラーリ・125 フェラーリ 125 F1 1.5 V12s P
18   ルイ・ロジェ エキュリー・ロジェ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
20   ルイ・シロン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
22   ピエール・ルヴェー ピエール・ルヴェー タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
24   イブ・ジロー・カバントゥ イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
26   ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
28   ジャック・スウォーターズ エキュリー・ベルジック タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
30   レグ・パーネル BRM Ltd. BRM BRM P15 BRM 15 1.5 V16s D
32   ケン・リチャードソン2 BRM BRM P15 BRM 15 1.5 V16s D
34   ニーノ・ファリーナ アルファロメオ SpA アルファロメオ アルファロメオ・159M アルファロメオ 1.5 L8s P
36   トゥーロ・デ・グラッフェンリート3 アルファロメオ アルファロメオ・159M アルファロメオ 1.5 L8s P
38   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ アルファロメオ・159M アルファロメオ 1.5 L8s P
40   フェリーチェ・ボネット4 アルファロメオ アルファロメオ・159A アルファロメオ 1.5 L8s P
44   フランコ・ロル オスカ・オートモビリ オスカ OSCA 4500G オスカ 4.5 V12 P
46   ロベール・マンヅォン エキップ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
48   アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
50   モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
Sources:[2][3]
^1 - ジャンニ・マルゾットはプラクティス前に撤退した[4]
^2 - ケン・リチャードソンはBRMの32番車で予選を通過したが、決勝はスタートしなかった。ハンス・スタックも同車でエントリーしたが、予選、決勝ともドライブしなかった[4]
^3 - トゥーロ・デ・グラッフェンリートは予選、決勝ともアルファロメオ36番車をドライブした。コンサルボ・サネージも同車でエントリーしたが、グランプリ前の負傷で出場できなかった[4]
^4 - フェリーチェ・ボネットは予選および決勝29ラップをアルファロメオ40番車でドライブした。ニーノ・ファリーナは自身の車でリタイアしたが、ボネット車を引き継ぎ50ラップを走行した[5]

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 38   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 1:53.2 -
2 34   ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 1:53.9 + 0.7
3 2   アルベルト・アスカリ フェラーリ 1:55.1 + 1.9
4 6   フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 1:55.9 + 2.7
5 4   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 1:57.9 + 4.7
6 8   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 1:58.2 + 5.0
7 40   フェリーチェ・ボネット アルファロメオ 1:58.3 + 5.1
8 30   レグ・パーネル BRM 2:02.2 + 9.0
9 36   トゥーロ・デ・グラッフェンリート アルファロメオ 2:05.2 + 12.0
10 32   ケン・リチャードソン BRM 2:05.6 + 12.4
11 48   アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ 2:08.0 + 14.8
12 50   モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ 2:08.9 + 15.7
13 46   ロベール・マンヅォン シムカ・ゴルディーニ 2:09.0 + 15.8
14 24   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:09.3 + 16.1
15 18   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:10.8 + 17.6
16 12   チコ・ランディ フェラーリ 2:11.2 + 18.0
17 20   ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 2:12.1 + 18.9
18 44   フランコ・ロル オスカ 2:13.4 + 20.2
19 16   ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 2:16.2 + 23.0
20 22   ピエール・ルヴェー タルボ・ラーゴ-タルボ 2:16.5 + 23.3
21 26   ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:18.6 + 25.4
22 28   ジャック・スウォーターズ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:18.8 + 25.6
23 14   ルディ・フィッシャー フェラーリ No time -
24 32   ハンス・スタック BRM No time -

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   アルベルト・アスカリ フェラーリ 80 2:42:39.3 3 8
2 6   フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 80 +24.6[6] 4 6
3 40   フェリーチェ・ボネット
  ニーノ・ファリーナ
アルファロメオ 79 +1 lap 7 2
3
4 4   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 79 +1 lap 5 3
5 8   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 78 +2 laps 6 2
6 48   アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ 74 +6 laps 11
7 18   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 73 +7 laps 15
8 24   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ-タルボ 72 +8 laps 14
9 44   フランコ・ロル オスカ 67 +13 laps 18
Ret 38   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 39 エンジン 1
Ret 50   モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ 29 エンジン 12
Ret 46   ロベール・マンヅォン シムカ・ゴルディーニ 29 エンジン 13
Ret 20   ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 23 イグニッション 17
Ret 22   ピエール・ルヴェー タルボ・ラーゴ-タルボ 9 エンジン 20
Ret 28   ジャック・スウォーターズ タルボ・ラーゴ-タルボ 7 オーバーヒート 22
Ret 34   ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 6 エンジン 2
Ret 26   ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 4 オイルポンプ 21
Ret 36   トゥーロ・デ・グラッフェンリート アルファロメオ 1 コンプレッサー 9
Ret 16   ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 1 マグネトー 19
Ret 12   チコ・ランディ フェラーリ 0 トランスミッション 16
DNS 30   レグ・パーネル BRM 0 スタートせず 8
DNS 32   ケン・リチャードソン BRM 0 スタートせず 10

編集

  • ポールポジション:ファン・マヌエル・ファンジオ - 1:53.2[7]
  • ファステストラップ:ニーノ・ファリーナ - 1:56.5[6]
  • ファリーナ(50周)は自身の車でリタイアした後、ボネット(29周)の車を引き継いだ。3位のポイントは両名で分けられた。ファリーナはファステストラップを出したことでボーナスポイント1を獲得した。

第7戦終了時点でのランキング編集

順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 27 (28)
  2   アルベルト・アスカリ 25
  3   フロイラン・ゴンザレス 21
  4   ニーノ・ファリーナ 17 (18)
  5   ルイジ・ヴィッロレージ 15 (18)
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

参照編集

  1. ^ Italian GP, 1951 Race Report”. Grandprix.com. 2012年8月13日閲覧。
  2. ^ 1951 Italian Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月7日閲覧。
  3. ^ 1951 Italian GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年12月7日閲覧。
  4. ^ a b c Italy 1951 - Result”. statsf1.com. 2014年1月9日閲覧。
  5. ^ Italian Grand Prix 1951 - Results”. ESPN F1. 2014年1月9日閲覧。
  6. ^ a b Lang, Mike (1981). Grand Prix! Vol 1. Haynes Publishing Group. p. 35. ISBN 0-85429-276-4. 
  7. ^ Lang, Mike. Grand Prix! Vol 1. Haynes Publishing Group. p. 34. ISBN 0-85429-276-4. 

Unless otherwise indicated, all race results are taken from The Official Formula 1 website”. 2007年6月5日閲覧。

前戦
1951年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
1951年シーズン
次戦
1951年スペイングランプリ
前回開催
1950年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ次回開催
1952年イタリアグランプリ