メインメニューを開く

1952年スイスグランプリ (XII Groser Preis der Schweiz) は、1952年5月18日にブレムガルテン・サーキットで開催されたフォーミュラ2のレース。このレースは1952年のF1世界選手権の開幕戦でもあったが、通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションではなく、1952年と1953年はフォーミュラ2のレギュレーションが適用された。

スイスの旗 1952年スイスグランプリ
レース詳細
1952年のF1世界選手権全8戦の第1戦
ブレムガルテン・サーキット レイアウト
ブレムガルテン・サーキット レイアウト
日程 1952年シーズン第1戦
決勝開催日 5月18日
正式名称 XII Groser Preis der Schweiz
開催地 ブレムガルテン・サーキット
スイスベルン
コース長 7.280
レース距離 451.360
決勝日天候 Sunny
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:47.5
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ピエロ・タルッフィ フェラーリ
タイム 2:49.1 (46周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 ゴルディーニ

戦前のグランプリで活躍していたルドルフ・カラツィオラが、このGPのサポートレースで大クラッシュする。彼は足を骨折しただけで助かったが、事実上この怪我でレースキャリアが終了した。彼はメルセデス・ベンツ・300SLをドライブしたが、コーナーでブレーキがロックしコースから外れ木に激突した。

イタリア人ドライバーのピエロ・タルッフィはフェラーリをドライブし、世界選手権における唯一の勝利を得た。

レース概要編集

世界選手権大会からアルファロメオが撤退したことで、現行レギュレーションの下ではフェラーリのみが競争力を持ったチームであった。従って、選手権はフォーミュラ2のレギュレーションで行われることがで決定した。

ワークスフェラーリはスイスGPに3名のドライバー、ファリーナタルッフィシモンを起用した。レギュラードライバーのアルベルト・アスカリルイジ・ヴィッロレージは参加できなかった。アスカリはインディ500参戦のため、ヴィッロレージは交通事故に遭ったためであった。その他フェラーリをドライブしたのはルディ・フィッシャーエキュリー・エスパドンペーター・ヒルト、ベテランフランス人ドライバーのルイ・ロジェであった。ゴルディーニもこのレースで3名のドライバー、ロベール・マンヅォンプリンス・ビラジャン・ベーラを起用した。ベーラはこれがデビュー戦であった。HWM前年スイスGP以来の復帰で、イギリス人ドライバー4名、アベカシスコリンズマックリンモスを起用した。マセラティはディフェンディングチャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオフロイラン・ゴンザレスアルゼンチン人コンビを起用する予定であったがこれは実現しなかった。この他AFMハンス・スタックを起用し、ンこりは様々なプライベーターが参加した。

前アルファロメオドライバーのニーノ・ファリーナがポールポジションを獲得、タルッフィとマンヅォンが続いてフロントローを形成した。シモンとフィッシャーが2列目、コリンズ、ベーラ、エンリコ・プラーテのマセラティをドライブするトゥーロ・デ・グラッフェンリートが3列目に並んだ。

ポールシッターのファリーナは車が故障するまでレースをリードした。ファリーナはリタイアした後、シモンの車を引き継いでドライブした。モスはレース序盤、ファリーナとタルッフィに続いて3位を走行した。メインのバトルはベーラとシモンの2位争いであった。ベーラのエキゾーストが外れ、ピットストップするとファリーナが引き継いで2位を走行した。しかしながら更なるトラブルのため、51ラップ目に再びリタイアすることとなる。これによって地元ドライバーのルディ・フィッシャーが2位に浮上した。フィッシャーは初の表彰台で、タルッフィにラップされなかった唯一のドライバーであった。タルッフィは自身初で、唯一の優勝であった。ベーラが3位に入り、デビュー戦で表彰台を獲得した。ケン・ウォートンが4位、アラン・ブラウンが5位に入り、フレイザー・ナッシュクーパーにそれぞれ初のポイントをもたらした[1]

エントリーリスト編集

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ハンス・スタック AFM AFM-クッヒェン AFM 6 クッヒェン 2.0 V8 E
4   トニ・ウルメン トニ・ウルメン ヴェリタス ヴェリタス・メテオール ヴェリタス 2.0 L6 D
6   ジャン・ベーラ エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ ゴルディーニ・T16 ゴルディーニ 20 2.0 L6 E
8   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ ゴルディーニ・T16 ゴルディーニ 20 2.0 L6 E
10   プリンス・ビラ シムカ・ゴルディーニ シムカ-ゴルディーニ・T15 ゴルディーニ 1500 1.5 L4 E
12   ルイ・ロジェ エキュリー・ロジェ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 D
14   モーリス・トランティニアン フェラーリ フェラーリ・166F2-50 フェラーリ 125 F1 1.5 V12 P
16   ジョージ・アベカシス HWモータース HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
18   ピーター・コリンズ HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
20   ランス・マックリン HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
22   ケン・ウォートン スクーデリア・フラネラ フレイザー・ナッシュ-ブリストル フレイザー・ナッシュ FN48 ブリストル BS1 2.0 L6 D
24   エリック・ブランドン エキュリー・リッチモンド クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
26   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
28   ニーノ・ファリーナ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
30   ピエロ・タルッフィ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
32   アンドレ・シモン1 フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
34   ファン・マヌエル・ファンジオ2 オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティ マセラティ マセラティ・A6GCM マセラティ A6G 2.0 L6 P
36   フロイラン・ゴンザレス2 マセラティ マセラティ・A6GCM マセラティ A6G 2.0 L6 P
38   トゥーロ・デ・グラッフェンリート エンリコ・プラーテ マセラティ-プラーテ マセラティ・4CLT-48 プラーテ 2.0 L4 P
40   ハリー・シェル マセラティ-プラーテ マセラティ・4CLT-50 プラーテ 2.0 L4 P
42   ルディ・フィッシャー エキュリー・エスパドン フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
44   ペーター・ヒルト3 フェラーリ フェラーリ・212 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
46   スターリング・モス HWモータース HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
50   マックス・デ・テラ4 アルフレッド・ダットナー シムカ・ゴルディーニ シムカ-ゴルディーニ・T11 ゴルディーニ 1500 1.5 L4 E
Sources: [2][3]
^1 - アンドレ・シモンはフェラーリ32番車で予選と決勝の21ラップを走行した。ニーノ・ファリーナが自身の車でリタイアした後シモンの車を引き継ぎ、30ラップを走行したが、再びリタイアした[4]
^2 - ファン・マヌエル・ファンジオとフロイラン・ゴンザレスは車が到着せず、プラクティス前に撤退した[5]
^3 - ペーター・ヒルトはフェラーリ44番車で予選と決勝を走行した。ルドルフ・シェーラーは予備のドライバーとしてリストされたが、ドライブすることはなかった[6]
^4 - マックス・デ・テラはシムカ-ゴルディーニ50番車をドライブした。アルフレッド・ダットナーも同車のドライバーとしてエントリーしていたが、病気のため参加できなかった[5]

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 28   ニーノ・ファリーナ フェラーリ 2:47.5 -
2 30   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 2:50.1 + 2.6
3 8   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 2:52.1 + 4.6
4 32   アンドレ・シモン フェラーリ 2:52.4 + 4.9
5 42   ルディ・フィッシャー フェラーリ 2:53.3 + 5.8
6 18   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 2:55.9 + 8.4
7 6   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 2:55.9 + 8.4
8 38   トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ-プラーテ 2:56.4 + 8.9
9 46   スターリング・モス HWM-アルタ 2:56.4 + 8.9
10 16   ジョージ・アベカシス HWM-アルタ 2:56.9 + 9.4
11 10   プリンス・ビラ シムカ・ゴルディーニ 2:59.3 + 11.8
12 20   ランス・マックリン HWM-アルタ 3:00.2 + 12.7
13 22   ケン・ウォートン フレイザー・ナッシュ-ブリストル 3:00.9 + 13.4
14 2   ハンス・スタック AFM-クッヒェン 3:01.7 + 14.2
15 26   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 3:02.5 + 15.0
16 4   トニ・ウルメン ヴェリタス 3:05.6 + 18.1
17 24   エリック・ブランドン クーパー-ブリストル 3:05.8 + 18.3
18 40   ハリー・シェル マセラティ-プラーテ 3:07.6 + 20.1
19 44   ペーター・ヒルト フェラーリ 3:10.2 + 22.7
20 12   ルイ・ロジェ フェラーリ No time -
21 50   マックス・デ・テラ シムカ・ゴルディーニ No time -
22 14   モーリス・トランティニアン フェラーリ No time -

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 30   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 62 3:01:46.1 2 9
2 42   ルディ・フィッシャー フェラーリ 62 +2:37.2 5 6
3 6   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 61 +1 lap 7 4
4 22   ケン・ウォートン フレイザー・ナッシュ-ブリストル 60 +2 laps 13 3
5 26   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 59 +3 laps 15 2
6 38   トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ-プラーテ 58 +4 laps 8
7 44   ペーター・ヒルト フェラーリ 56 +6 laps 19
8 24   エリック・ブランドン クーパー-ブリストル 55 +7 laps 17
リタイア 10   プリンス・ビラ シムカ・ゴルディーニ 52 エンジン 11
リタイア 32   アンドレ・シモン
  ニーノ・ファリーナ
フェラーリ 51 マグネトー 4
リタイア 40   ハリー・シェル マセラティ-プラーテ 31 エンジン 18
リタイア 46   スターリング・モス HWM-アルタ 24 撤退 9
リタイア 20   ランス・マックリン HWM-アルタ 24 撤退 12
リタイア 8   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 20 ラジエター 3
リタイア 28   ニーノ・ファリーナ フェラーリ 16 マグネトー 1
リタイア 18   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 12 ハーフシャフト 6
リタイア 16   ジョージ・アベカシス HWM-アルタ 12 ハーフシャフト 10
リタイア 2   ハンス・スタック AFM-クッヒェン 4 エンジン 14
リタイア 4   トニ・ウルメン ヴェリタス 4 燃料漏れ 16
リタイア 12   ルイ・ロジェ フェラーリ 2 アクシデント 20
リタイア 50   マックス・デ・テラ シムカ・ゴルディーニ 1 マグネトー 21
DNS 14   モーリス・トランティニアン フェラーリ 0 エンジン 22

編集

  • ポールポジション:ニーノ・ファリーナ - 2:47.5
  • ファステストラップ:ピエロ・タルッフィ - 2:49.1
  • モスとマックリンはレースから撤退した。
  • シモン(18ラップ)はファリーナ(33ラップ)がリタイアした後を引き継いだ。

第1戦終了時点でのランキング編集

順位 ドライバー ポイント
1   ピエロ・タルッフィ 9
2   ルディ・フィッシャー 6
3   ジャン・ベーラ 4
4   ケン・ウォートン 3
5   アラン・ブラウン 2
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照編集

  1. ^ Swiss GP, 1952 Race Report”. Grandprix.com. 2012年8月14日閲覧。
  2. ^ 1952 Swiss Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  3. ^ 1952 Swiss GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ Swiss Grand Prix 1952 - Results”. ESPN F1. 2014年1月10日閲覧。
  5. ^ a b Switzerland 1952 - Result”. statsf1.com. 2014年1月10日閲覧。
  6. ^ Switzerland 1952 - Race entrants”. statsf1.com. 2014年1月10日閲覧。


前戦
1951年スペイングランプリ
FIA F1世界選手権
1952年シーズン
次戦
1952年のインディ500
前回開催
1951年スイスグランプリ
  スイスグランプリ 次回開催
1953年スイスグランプリ