メインメニューを開く

1955年の大洋ホエールズでは、1955年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

1955年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
31勝99敗 勝率.238[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 藤井勇(選手兼任)
« 1954
1956 »

この年の大洋ホエールズは、藤井勇が1年だけ、選手兼任で監督を務めたシーズンである。前シーズン終了後に松竹が球団経営から撤退したため、チーム名が3シーズンぶりに「大洋ホエールズ」に戻された。また、川崎球場を本拠地とした最初のシーズンでもある。球団記録タイ(2回目は2008年)の14連敗を喫し[2]、最下位に終わった。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 新井竜郎
2 引地信之
3 青田昇
4 手塚明治
5 目時富士雄
6 楠拡応
7 椙本勝
8 権藤正利
9 南温平
1955年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 0.0 中日 3.5 大阪 9.0 中日 5.5 中日 7.5 中日 15.5 中日 15.0
3位 中日 0.5 大阪 6.0 中日 9.0 大阪 14.5 大阪 17.5 大阪 18.5 大阪 20.5
4位 国鉄 4.0 国鉄 10.0 国鉄 17.0 国鉄 21.5 国鉄 25.5 広島 32.0 広島 33.5
5位 大洋 4.0 大洋 12.0 広島 23.0 広島 23.5 広島 28.5 国鉄 32.5 国鉄 34.5
6位 広島 6.5 広島 13.5 大洋 26.0 大洋 35.0 大洋 46.0 大洋 53.0 大洋 61.5
1955年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 92 37 1 .713 -
2位 中日ドラゴンズ 77 52 1 .597 15.0
3位 大阪タイガース 71 57 2 .555 20.5
4位 広島カープ 58 70 2 .453 33.5
5位 国鉄スワローズ 57 71 2 .445 34.5
6位 大洋ホエールズ 31 99 0 .238 61.5

[1]

オールスターゲーム編集

ファン投票 選出なし
監督推薦 青田昇

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 年度別成績 1955年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 巨人の連敗はストップするか?現存する12球団最多連敗は98年ロッテの18 デイリースポーツ 2017年6月7日
  3. ^ a b c d 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、48頁。ISBN 9784583616179
  4. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 162.