メインメニューを開く

1959年の西鉄ライオンズでは、1959年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

1959年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ4位
66勝64敗14分 勝率.508[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
1954 0602 Heiwadai Baseball stadium 1st night geme.jpg
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 三原脩
« 1958
1960 »

このシーズンの西鉄ライオンズは、三原脩監督の9年目のシーズンである。

目次

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 高倉照幸
2 小淵泰輔
3 豊田泰光
4 大下弘
5 関口清治
6 田中久寿男
7 城戸則文
8 和田博実
9 島原幸雄
1959年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 西鉄 style="background-color:#dfd"|西鉄 3.5 大毎 7.0 大毎 5.0 大毎 3.0 大毎 8.0 大毎 6.0
3位 東映 2.5 東映 5.0 西鉄 7.5 東映 8.5 西鉄 12.0 西鉄 20.5 東映 21.0
4位 大毎 4.0 大毎 5.5 東映 9.5 西鉄 10.5 東映 15.0 東映 25.0 西鉄 22.0
5位 近鉄 8.0 阪急 11.0 阪急 20.5 阪急 29.5 阪急 35.5 阪急 38.5 阪急 40.0
6位 阪急 8.5 近鉄 17.0 近鉄 24.5 近鉄 36.5 近鉄 39.5 近鉄 49.0 近鉄 49.0
1959年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 42 4 .677 -
2位 毎日大映オリオンズ 82 48 6 .631 6.0
3位 東映フライヤーズ 67 63 5 .515 21.0
4位 西鉄ライオンズ 66 64 14 .508 22.0
5位 阪急ブレーブス 48 82 4 .369 40.0
6位 近鉄バファロー 39 91 3 .300 49.0

[1]


オールスターゲーム1959編集

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
豊田泰光 遊撃手 2年ぶり3度目
高倉照幸 外野手 初受賞

出典編集