関口清治

関口 清治(せきぐち せいじ、本名「きよはる」、1925年10月9日 - 2007年6月9日)は、台湾台北州台北市出身の元プロ野球選手外野手)・プロ野球コーチ監督解説者

関口 清治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 台北州台北市(現:中華民国の旗 中華民国
生年月日 1925年10月9日
没年月日 (2007-06-09) 2007年6月9日(81歳没)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年4月7日
最終出場 1963年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1964 - 1969)
  • 西鉄ライオンズ
    太平洋クラブライオンズ (1970 - 1973)
  • 近鉄バファローズ (1974 - 1983)

目次

経歴編集

現役時代編集

台北で建築業を営む8人兄弟の一人として生まれた。台北工業では、1942年に甲子園球場で開かれた文部省主催の全国中等学校野球大会(別名・幻の甲子園)に出場したが、1回戦で海草中学に3-2で惜敗した。関口自身はこの試合で三塁打を放っている。卒業後は実家の建築業を継ぐために官立横浜工業専門学校(現在の横浜国立大学工学部)に進学する予定だったが、その頃日本の制海権は完全に敵の手に抑えられていたため、受験することが出来なかった。そのため、卒業後はそのまま台湾の軍隊に入隊。終戦後は社会人野球の全武生→信州化学を経て、1948年読売ジャイアンツへ入団。肩の故障で11試合の出場に留まり、三原脩監督の助言で1949年に巨人の制限選手のまま、別府星野組へ入部。三原の「温泉で療養するようにしなさい」という配慮があったために別府星野組に入団させたといわれているが、その別府星野組では4番を打ち、荒巻淳西本幸雄今久留主淳今久留主功らといった、後にプロ野球で大活躍する選手らとともに第20回都市対抗野球大会でチームを全国制覇に導いた。2リーグに分裂した翌1950年、当初別府星野組の西本や荒巻が入団した毎日オリオンズに入ろうとするが、巨人の制限選手だったことから叶わず、また当時の巨人の外野層は厚く復帰しても入り込めそうにもないことから、結局はセ・リーグの西日本パイレーツの結成に参加し、プロ野球に復帰した。翌年には西日本パイレーツとパ・リーグの西鉄クリッパースが合併して出来た西鉄ライオンズに籍を置き、後に迎える西鉄黄金時代の5番打者を務めた。三原の監督時代は2番豊田泰光と常に不動のオーダーだった[1]

シーズンでは初のリーグ優勝を決めた1954年に自分の背番号と同じ27本塁打を、1956年にはシーズン最多となる13三塁打を放ってチームに貢献した。

また日本シリーズでも1956年の巨人戦で史上初となるシリーズ4本塁打を放つなど大活躍したが、その最たるものは1958年の日本シリーズ、西鉄の1勝3敗で迎えた第5戦、2対3とリードされた9回裏2アウト3塁、凡退なら巨人の日本一が決まる場面で藤田元司投手からセンターに同点タイムリーを放ち、0勝3敗からの逆転日本一につなげた1打は“一千万円安打”(この年関口は10年選手の特権を得たため、多額のボーナスが入ることにかけられたものである)としてあまりにも有名[2][3](試合はその後10回裏にエース稲尾和久が藤田のリリーフとして登板した大友工からサヨナラのソロホームランを放って勝利した)。1962年に阪急に移籍し、翌63年引退した。ちなみに、同年には1歳上の飯田徳治(当時国鉄)も引退している為、公表上においては飯田共々最後の大正生まれの球界現役選手となった(現役続行中だった近鉄関根潤三も本来は大正生まれだが、諸事情により昭和生まれとなっている。詳細はこちらを参照)。

現役時代は「カーブ打ちの名手」といわれ、入団間もない豊田泰光(彼はカーブ打ちがとても苦手だった)が教えを乞うたところ、「ゼニもってこい」と言ったとされるが、関口本人は「自分も偶然でカーブを打つコツを掴んだものだから、教えることが出来ない」と述べており、自身も巨人での新人時代に川上哲治に教えを乞うたところ、叱咤激励の意味で「そんなこと簡単に教えられるか」と言われ、それと同様の意味で「ゼニもってこい」と表現したとされる[1]

引退後編集

引退後は阪急(1964年 - 1966年二軍打撃コーチ, 1967年 - 1969年一軍打撃コーチ)、西鉄・太平洋(1970年 - 1971年ヘッドコーチ, 1972年 - 1973年一軍打撃コーチ)、近鉄1974年 - 1981年一軍打撃コーチ, 1982年 - 1983年監督)で監督・コーチを歴任。盟友・西本の名懐刀として手腕を発揮し、5度のリーグ優勝(阪急3回・近鉄2回)に貢献。西本の「真面目にやってきたのだから一度くらい陽のあたるポジションに」という推薦もあり、1982年から1983年まで近鉄の監督を務め、82年は前期3位、後期2位の通算3位となるが83年は4位で終わる。近鉄監督時代の2年間は、一度も選手を怒らなかった温厚な性格で、誰からも好かれたが、地味な内容であったとも評された[4]。球界引退後はテレビ西日本解説者も務め、プロ野球ニュースにも度々出演していた。

2007年6月9日慢性閉塞性肺疾患のため福岡市内の病院で死去。81歳没。 

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 巨人 11 15 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 7 -- .000 .067 .000 .067
1950 西日本 132 503 473 62 120 18 3 18 198 73 2 3 0 -- 27 -- 3 71 7 .254 .298 .419 .717
1951 西鉄 99 365 337 50 96 25 1 16 171 59 5 1 0 -- 27 -- 1 52 8 .285 .340 .507 .847
1952 94 384 358 55 93 15 1 21 173 59 6 3 2 -- 24 -- 0 45 9 .260 .306 .483 .790
1953 119 497 457 61 126 22 6 14 202 72 9 6 8 -- 32 -- 0 63 9 .276 .323 .442 .765
1954 139 577 493 68 136 27 3 27 250 87 19 12 8 2 71 -- 3 106 6 .276 .370 .507 .877
1955 134 501 456 67 136 28 6 14 218 66 11 4 5 1 37 0 2 95 8 .298 .354 .478 .832
1956 150 504 466 55 119 25 13 13 209 73 3 6 9 3 24 1 2 64 10 .255 .295 .448 .743
1957 116 418 367 41 110 17 8 12 179 65 3 7 6 5 39 3 1 48 9 .300 .369 .488 .856
1958 125 481 439 54 121 23 1 16 194 77 8 8 2 5 33 1 2 73 16 .276 .329 .442 .771
1959 120 344 318 24 69 10 0 2 85 25 4 0 4 4 18 1 0 43 13 .217 .259 .267 .526
1960 106 374 344 43 90 18 1 9 137 34 0 0 4 3 22 0 1 65 10 .262 .308 .398 .706
1961 79 204 185 13 37 7 1 2 52 27 0 2 1 2 15 1 1 28 7 .200 .264 .281 .545
1962 阪急 70 185 171 12 39 5 3 1 53 13 3 0 0 1 11 2 2 33 6 .228 .283 .310 .593
1963 38 40 38 1 6 0 0 1 9 1 0 0 0 0 2 0 0 7 2 .158 .200 .237 .437
通算:15年 1532 5392 4916 606 1298 240 47 166 2130 731 73 52 49 26 383 9 18 800 120 .264 .320 .433 .753
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績編集

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1982年 近鉄 3位 130 63 57 10 .525 3位・2位 151 .258 4.11 57歳
1983年 4位 130 52 65 13 .444 29.5 134 .262 4.49 58歳
通算:2年 260 115 122 23 .485 Aクラス1回、Bクラス1回

表彰編集

記録編集

  • オールスターゲーム選出:5回 (1954年、1955年、1957年、1958年、1960年)
  • 通算1000試合出場 1958年4月14日(44人目)

背番号編集

  • 24 (1948年)
  • 25 (1950年)
  • 27 (1951年 - 1963年)
  • 63 (1964年 - 1969年)
  • 50 (1970年 - 1983年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ a b 文藝春秋社刊赤瀬川隼著『獅子たちの曳光―西鉄ライオンズ銘々伝』105-114ページ
  2. ^ 因みにその時の打席を迎えるまでこの年、関口の日本シリーズ打撃成績は15打数1安打と絶不調であり、関口が打席に立つと平和台球場の観客席から嘆息が大いに流れたという。
  3. ^ 9回裏の攻撃終了後、三原監督は起死回生の同点タイムリーを放った関口に歩み寄ると、「よくやってくれた!!」と賞賛を称えて関口と強く握手を交わしたという。
  4. ^ 日刊スポーツ社刊「サヨナラ近鉄バファローズ」P94

関連項目編集