メインメニューを開く

1970年の西鉄ライオンズでは、1970年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

1970年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
43勝78敗9分 勝率.367[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 楠根宗生( - 5月13日)
木本元敬(5月14日 - )
経営母体 西日本鉄道
監督 稲尾和久
« 1969
1971 »

この年の西鉄ライオンズは、稲尾和久監督の1年目のシーズンである。前シーズン終盤、黒い霧事件が発覚し、このシーズン中もその渦中にあった西鉄は、5月25日に主力4選手を永久追放処分(うち1選手はオフに解雇済)、2選手を1年間の野球活動禁止で失い、チーム成績を浮上させることなく、最下位でシーズンを終えた。

目次

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 船田和英
2 基満男
3 ポインター
4 東田正義
5 広野功
6 ボレス
7 村上公康
8 甲斐和雄
9 池永正明
1970年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ --
2位 近鉄 1.5 ロッテ 0.5 東映 3.0 南海 9.5 南海 9.5 南海 12.0 南海 10.5
3位 ロッテ 2.5 近鉄 2.5 南海 5.5 近鉄 13.0 阪急 11.5 阪急 16.5 近鉄 13.5
4位 南海 3.0 南海 3.0 近鉄 8.5 阪急 13.0 近鉄 11.5 近鉄 阪急 16.5
5位 阪急 3.5 阪急 4.5 阪急 10.5 東映 13.0 東映 15.0 東映 22.0 東映 24.5
6位 西鉄 4.5 西鉄 10.5 西鉄 17.5 西鉄 23.5 西鉄 24.5 西鉄 32.0 西鉄 34.0
1970年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 80 47 3 .630 -
2位 南海ホークス 69 57 4 .548 10.5
3位 近鉄バファローズ 65 59 6 .524 13.5
4位 阪急ブレーブス 64 64 2 .500 16.5
5位 東映フライヤーズ 54 70 6 .435 24.5
6位 西鉄ライオンズ 43 78 9 .367 34.0

[1]

オールスターゲーム1970編集

ファン投票 監督推薦
選出なし 三輪悟

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高橋二三男 外野手 新日本製鐵広畑 入団
2位 伊原春植 内野手 芝浦工業大学 入団
3位 豊倉孝治 投手 日本軽金属 入団
4位 永田哲也 投手 加治木工業高 入団
5位 米山哲夫 内野手 東芝 入団
6位 青木政美 投手 出水商業高 入団
7位 小松時男 外野手 河合楽器 入団
8位 塩月勝義 投手 佐伯豊南高 拒否・協和醗酵入社
9位 菅豊 捕手 佐伯豊南高 拒否・駒澤大学進学

出典編集