メインメニューを開く

1970年の近鉄バファローズでは、1970年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

1970年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ3位
65勝59敗6分 勝率.524[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 三原脩
« 1969
1971 »

この年の近鉄バファローズは、三原脩監督の3年目のシーズンである。

目次

概要編集

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 山田勝国
2 安井智規
3 永淵洋三
4 土井正博
5 小川亨
6 飯田幸夫
7 相川進
8 辻佳紀
9 鈴木啓示
1970年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ -- ロッテ --
2位 近鉄 1.5 ロッテ 0.5 東映 3.0 南海 9.5 南海 9.5 南海 12.0 南海 10.5
3位 ロッテ 2.5 近鉄 2.5 南海 5.5 近鉄 13.0 阪急 11.5 阪急 16.5 近鉄 13.5
4位 南海 3.0 南海 3.0 近鉄 8.5 阪急 13.0 近鉄 11.5 近鉄 阪急 16.5
5位 阪急 3.5 阪急 4.5 阪急 10.5 東映 13.0 東映 15.0 東映 22.0 東映 24.5
6位 西鉄 4.5 西鉄 10.5 西鉄 17.5 西鉄 23.5 西鉄 24.5 西鉄 32.0 西鉄 34.0
1970年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 80 47 3 .630 -
2位 南海ホークス 69 57 4 .548 10.5
3位 近鉄バファローズ 65 59 6 .524 13.5
4位 阪急ブレーブス 64 64 2 .500 16.5
5位 東映フライヤーズ 54 70 6 .435 24.5
6位 西鉄ライオンズ 43 78 9 .367 34.0

[1]

オールスターゲーム1970編集

コーチ 三原脩
ファン投票 太田幸司
監督推薦 鈴木啓示 清俊彦 辻佳紀
補充選手 永淵洋三

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
鈴木啓示 最多奪三振 247個 4年連続4度目
佐々木宏一郎 最高勝率 .773 初受賞
ベストナイン
選出なし

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 市橋秀彦 投手 九州工業高 入団
2位 石渡茂 内野手 中央大学 入団
3位 中沢春雄 内野手 本田技研 入団
4位 窪田欣也 外野手 丸善石油 拒否
5位 佐野勝稔 内野手 河合楽器 入団
6位 寺田吉孝 捕手 筑紫工業高 入団
7位 高橋幸広 外野手 岐阜短期大学付属岐阜高 入団
8位 小橋英明 内野手 岡山東商業高 拒否・早稲田大学進学
9位 新井鐘律 外野手 PL学園高 交渉権放棄・法政大学進学

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 年度別成績 1970年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1970年10月7日11面「佐々木(近鉄)が完全試合 対南海 プロ11人目の快挙」読売新聞縮刷版1970年10月p227
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138