メインメニューを開く

1979年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1979)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1979年6月25日から7月9日にかけて開催された。

目次

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「128名」の選手による通常の7回戦制で行われた。
  • 女子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、32名の選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ビョルン・ボルグ (優勝、大会4連覇)
  2.   ジョン・マッケンロー (4回戦)
  3.   ジミー・コナーズ (ベスト4)
  4.   ビタス・ゲルレイティス (1回戦)
  5.   ロスコー・タナー (準優勝)
  6.   ギレルモ・ビラス (2回戦)
  7.   アーサー・アッシュ (1回戦)
  8.   ビクトル・ペッチ (3回戦)
  9.   ブライアン・ゴットフリート (3回戦)
  10.   ヴォイチェフ・フィバク (1回戦)
  11.   ジョン・アレクサンダー (3回戦)
  12.   ホセ・ヒゲラス (2回戦)
  13.   マニュエル・オランテス (2回戦)
  14.   ホセ・ルイス・クラーク (4回戦)
  15.   ティム・ガリクソン (ベスト8)
  16.   コラド・バラツッティ (1回戦)

女子シングルス編集

  1.   マルチナ・ナブラチロワ (優勝、大会2連覇)
  2.   クリス・エバート・ロイド (準優勝)
  3.   イボンヌ・グーラゴング・コーリー (ベスト4)
  4.   トレーシー・オースチン (ベスト4)
  5.   バージニア・ウェード (ベスト8)
  6.   ダイアン・フロムホルツ (ベスト8)
  7.   ビリー・ジーン・キング (ベスト8)
  8.   ウェンディ・ターンブル (ベスト8)
  9.   ケリー・レイド (4回戦)
  10.   バージニア・ルジッチ (4回戦)
  11.   グリア・スティーブンス (4回戦)
  12.   スー・バーカー (1回戦)
  13.   レジナ・マルシコワ (3回戦)
  14.   キャシー・ジョーダン (4回戦)
  15.   ベティ・ストーブ (4回戦)
  16.   パム・シュライバー (2回戦、不戦敗)

大会経過編集

決勝戦の結果編集

みどころ編集

  • 女子ダブルス決勝戦の前日、7月8日にウィンブルドン最多優勝記録保持者のエリザベス・ライアンが87歳で死去した。ライアンは1920年代から1930年代前半にかけて、ウィンブルドンで女子ダブルス12勝+混合ダブルス7勝=総計「19勝」を獲得した選手であり、この日も大会会場で女子シングルス決勝を観戦していたが、8日の夜に心臓発作で急逝した。7月9日の女子ダブルス決勝を制したビリー・ジーン・キング夫人は、ライアンの最多優勝記録を45年ぶりに更新し、総計「20勝」を獲得した。(キング夫人の優勝記録:女子シングルス6勝+女子ダブルス10勝+混合ダブルス4勝=総計20勝)
  • 男子シングルス優勝者のビョルン・ボルグは大会4連覇を達成。マルチナ・ナブラチロワは女子シングルス2連覇と単複2冠を達成したが、当時はまだチェコスロバキア国籍であった。

外部リンク編集