1980年の日本ハムファイターズ

1980年の日本ハムファイターズ(1980ねんのにほんハムファイターズ)では、1980年の日本ハムファイターズの動向をまとめる。

1980年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間3位:66勝53敗11分 勝率.555
前期2位:33勝28敗4分 勝率.541
後期2位:33勝25敗7分 勝率.569
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 大沢啓二
« 1979
1981 »

このシーズンの日本ハムファイターズは、大沢啓二監督の5年目のシーズンである。

概要編集

前年7年ぶりのシーズン勝ち越しを果たしたチームは新戦力としてトミー・クルーズトニー・ソレイタを獲得するなど、打線の大幅な改造に着手。先発陣ではダブル高橋(高橋直樹高橋一三)、間柴茂有などに加えて前年ドラフト1位の木田勇が入団して層が厚くなり、打線では東映末期から正捕手だった加藤俊夫の衰えもあって大宮龍男が2番手捕手として台頭するなど世代交代の兆しが見え始めた。クルーズ・ソレイタの両外国人につられるように打線も開幕から打ちまくり、投手陣ではルーキー木田が22勝をあげて最多勝・新人王を獲得したほか、MVPも受賞。このほかにもダブル高橋や間柴なども例年通りの活躍を見せた。打撃陣では両外国人以外にも不動の4番・柏原純一島田誠古屋英夫など日本人野手も活躍するなど、投打が充実した1年だった。チームは前期・後期ともに近鉄ロッテと激しく優勝を争い、後期は西武も優勝戦線に加わるなど大激戦だった。10月7日の近鉄戦に勝てば東映時代の1962年以来18年ぶりの優勝だったが木田が打たれて近鉄の軍門に下り、通算3位で終了した(勝率は優勝の近鉄と2厘差)。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 島田誠
2 富田勝
3 クルーズ
4 柏原純一
5 ソレイタ
6 古屋英夫
7 大宮龍男
8 高代延博
9 菅野光夫
投手 高橋一三
1980年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 南海 -- ロッテ -- ロッテ --
2位 ロッテ 1.0 近鉄 2.0 近鉄 1.5
3位 阪急 1.5 日本ハム 2.0 日本ハム
4位 日本ハム 3.0 阪急 3.5 阪急 6.5
5位 西武 4.5 南海 4.5 南海 7.0
6位 近鉄 5.0 西武 6.0 西武 7.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 近鉄 --
2位 ロッテ 0.5 ロッテ 0.5 日本ハム 0.5
3位 西武 0.5 西武 2.0 ロッテ 2.0
4位 阪急 3.0 近鉄 3.0 西武 2.0
5位 近鉄 4.0 阪急 3.5 阪急 6.5
6位 南海 10.0 南海 15.0 南海 16.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 ロッテオリオンズ 33 25 7 .569 --
2位 近鉄バファローズ 33 28 4 .541 1.5
日本ハムファイターズ 33 28 4 .541 1.5
4位 阪急ブレーブス 29 34 2 .460 6.5
5位 南海ホークス 28 34 3 .452 7.0
6位 西武ライオンズ 27 34 4 .443 7.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 --
2位 日本ハムファイターズ 33 25 7 .569 0.5
3位 ロッテオリオンズ 31 26 8 .544 2.0
4位 西武ライオンズ 35 30 0 .538 2.0
5位 阪急ブレーブス 29 33 3 .468 6.5
6位 南海ホークス 20 43 2 .317 16.0
1980年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 68 54 8 .5573
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .5565
3位 日本ハムファイターズ 66 53 11 .555
4位 西武ライオンズ 62 64 4 .492
5位 阪急ブレーブス 58 67 5 .464
6位 南海ホークス 48 77 5 .384

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1980編集

  • コーチ
大沢啓二
  • ファン投票
木田勇
高代延博
島田誠
  • 監督推薦
間柴茂有
高橋直樹(補充選手)
加藤俊夫

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
木田勇 最優秀選手 初受賞
新人王
最優秀防御率 2.28 初受賞
最多勝利 22勝 初受賞
最多奪三振 225個 初受賞
最高勝率 .733 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
木田勇 投手 初受賞
高代延博 遊撃手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
木田勇 投手 初受賞

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高山郁夫 投手 秋田商業高 拒否・プリンスホテル入社
2位 金城博和 外野手 興南高 入団
3位 木村孝 外野手 近畿大学 入団
4位 清水信明 捕手 東京農業大学第二高 入団

出典編集

[ヘルプ]