1979年の日本ハムファイターズ

1979年の日本ハムファイターズ(1979ねんのにほんハムファイターズ)では、1979年の日本ハムファイターズの動向をまとめる。

1979年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間3位:63勝60敗7分 勝率.512
後期4位:29勝34敗2分 勝率.460
前期3位:34勝26敗5分 勝率.567[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 大沢啓二
« 1978
1980 »

このシーズンの日本ハムファイターズは、大沢啓二監督の4年目のシーズンである。

概要編集

前年11年ぶりのAクラス入りを果たした日本ハムだが、この年は高代延博サム・ユーイング以外目立った戦力補強はなく勝率5割入りを不安視された。しかし、前期は4月に首位の近鉄に食らいつくなど健闘して3位で終了。後期はロッテに抜かれて4位で終了するが、終わってみれば2年連続のAクラスと1972年以来の勝率5割となった。チーム5割復帰の原動力となった投手陣は前年不振の高橋直樹が20勝をあげる活躍を見せ、ベテラン高橋一三をはじめ佐伯和司間柴茂有杉山知隆に加えてこの年先発入りした宇田東植が規定投球回に到達したほか、同じくベテランの村上雅則もリリーフで健闘し、防御率は近鉄と阪急に次ぐ3位。打撃陣では移籍2年目の柏原純一が前年に引き続いて4番を打ち、富田勝島田誠の俊足コンビも健在だった。また古屋英夫が三塁のポジションを不動にしたほか、高代も遊撃手で堅実な守りを見せるなど若手が活躍し、185盗塁は1位だった。しかし前年本塁打王のボビー・ミッチェルが成績を落としたほか、30本塁打以上を期待されたユーイングが15本塁打に終わるなど誤算が相次ぎ近鉄と阪急のマッチレースに割って入れず、チームは両球団に大きく水をあけられた。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 富田勝
2 島田誠
3 柏原純一
4 ユーイング
5 ミッチェル
6 古屋英夫
7 加藤俊夫
8 高代延博
9 菅野光夫
投手 高橋直樹
1979年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 近鉄 --
2位 日本ハム 3.0 阪急 7.0 阪急 1.0
3位 阪急 3.5 日本ハム 7.5 日本ハム 6.0
4位 ロッテ 5.0 ロッテ 13.5 ロッテ 14.0
5位 南海 7.5 南海 15.0 南海 18.0
6位 西武 11.0 西武 23.0 西武 21.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 日本ハム 3.5 ロッテ 3.5 近鉄 2.0
3位 南海 日本ハム 4.5 ロッテ 6.5
4位 ロッテ 4.0 近鉄 7.0 日本ハム 9.0
5位 近鉄 4.5 南海 7.5 西武 9.5
6位 西武 5.5 西武 10.5 南海 12.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 39 19 7 .672 --
2位 阪急ブレーブス 39 21 5 .650 1.0
3位 日本ハムファイターズ 34 26 5 .567 6.0
4位 ロッテオリオンズ 26 34 5 .433 14.0
5位 南海ホークス 23 39 3 .371 18.0
6位 西武ライオンズ 18 40 7 .310 21.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 36 23 6 .610 --
2位 近鉄バファローズ 35 26 4 .574 2.0
3位 ロッテオリオンズ 29 29 7 .500 6.5
4位 日本ハムファイターズ 29 34 2 .460 9.0
5位 西武ライオンズ 27 33 5 .450 9.5
6位 南海ホークス 23 34 8 .404 12.0
1979年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 近鉄バファローズ 74 45 11 .622
2位 阪急ブレーブス 75 44 11 .630
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512
4位 ロッテオリオンズ 55 63 12 .466
5位 南海ホークス 46 73 11 .387
6位 西武ライオンズ 45 73 12 .381

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定 [1]

オールスターゲーム1979編集

コーチ 大沢啓二
ファン投票 高橋直樹 柏原純一 古屋英夫 高代延博 島田誠
監督推薦 選出なし

できごと編集

選手・スタッフ編集

[3]

表彰選手編集

リーグ・リーダー[1]
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
柏原純一 一塁手 2年連続2度目
高代延博 遊撃手 初受賞

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 木田勇 投手 日本鋼管 入団
2位 高橋正巳 投手 仙台鉄道管理局 入団
3位 松本信二 投手 塩山商業高 入団
4位 長瀬正弘 投手 日体荏原高 入団

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 年度別成績 1979年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年6月11日閲覧。
  2. ^ 日付は公示日。ベースボール・マガジン社刊「ライオンズ60年史―獅子の記憶ー「西鉄」から「埼玉西武」まで」116-117ページ
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 124