メインメニューを開く

1986年の横浜大洋ホエールズ

1986年の横浜大洋ホエールズ(1986ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1986年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1986年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ4位
56勝69敗5分 勝率.448[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部新次郎
経営母体 大洋漁業
監督 近藤貞雄
« 1985
1987 »

1986年の横浜大洋ホエールズは、近藤貞雄監督の2年目のシーズンである。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 高木豊
2 加藤博一
3 屋鋪要
4 ローマン
5 ポンセ
6 田代富雄
7 山下大輔
8 若菜嘉晴
9 遠藤一彦
1986年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 広島 --
2位 巨人 3.0 巨人 5.0 巨人 1.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 1.5 巨人 0.0
3位 大洋 3.5 大洋 阪神 6.0 阪神 3.5 阪神 7.5 阪神 10.5 阪神 13.5
4位 阪神 4.5 阪神 6.0 大洋 9.5 中日 10.5 中日 13.5 中日 16.5 大洋 20.0
5位 中日 5.5 中日 6.5 中日 10.5 大洋 12.0 大洋 15.5 大洋 18.0 中日 20.0
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 13.5 ヤクルト 17.5 ヤクルト 13.0 ヤクルト 18.0 ヤクルト 25.5 ヤクルト 27.5

[2][3][4][5][6]

1986年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 73 46 11 .613 -
2位 読売ジャイアンツ 75 48 7 .610 0.0
3位 阪神タイガース 60 60 10 .500 13.5
4位 横浜大洋ホエールズ 56 69 5 .448 20.0
5位 中日ドラゴンズ 54 67 9 .446 20.0
6位 ヤクルトスワローズ 49 77 4 .389 27.5

[1]

オールスターゲーム1986編集

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
屋鋪要 盗塁王 48個 初受賞
遠藤一彦 最多奪三振 185個 2年ぶり3度目
斉藤明夫 最優秀救援投手 28SP 3年ぶり2度目
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
屋鋪要 外野手 3年連続3度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 友利結 投手 興南高 入団
2位 石井章夫 捕手 慶應義塾大学 拒否・東京ガス入社
3位 松村高明 投手 徳島・池田高 入団
4位 大野雄次 内野手 川崎製鉄千葉 入団
5位 塩崎兼一 投手 八幡浜高 入団
6位 榊原勝也 外野手 北陽高 入団

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1986年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1986年5月1日付朝刊、14版、16面
  3. ^ 『読売新聞』1986年6月1日付朝刊、14版、16面
  4. ^ 『読売新聞』1986年6月30日付朝刊、14版、15面
  5. ^ 『読売新聞』1986年8月1日付朝刊、14版、17面
  6. ^ 『読売新聞』1986年9月1日付朝刊、14版、17面