1990年バレーボール女子世界選手権

1990年バレーボール女子世界選手権は、1990年8月22日から8月31日まで中華人民共和国北京市で開催されたバレーボール女子世界選手権である(第11回)。中国での開催は男女通じて初であり、アジア開催は1967年日本大会以来。

1990年バレーボール女子世界選手権
開催国  中華人民共和国の旗 中国
期間  8月22日 - 8月31日
チーム数  16
優勝   ソビエト連邦 (5回目)
前回
次回

決勝戦はソ連がスミルノーワオギエンコシドレンコらの卓越した個人技で開催国中国を下しソウル五輪金メダルの実力を証明した。

この大会より日本向け放映権がそれまでのテレビ朝日からTBSに変更された。

出場チーム編集

第1次ラウンド編集

グループA編集

グループB編集

グループC編集

グループD編集

第2次ラウンド編集

決勝ラウンド編集

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
8月28日
 
 
  ソビエト連邦3
 
8月30日
 
  ブラジル1
 
  ソビエト連邦3
 
8月28日
 
  キューバ0
 
  キューバ3
 
8月31日
 
  韓国0
 
  ソビエト連邦3
 
8月28日
 
  中国1
 
  アメリカ合衆国3
 
8月30日
 
  日本1
 
  アメリカ合衆国0
 
8月28日
 
  中国3 3位決定戦
 
  中国3
 
8月31日
 
  ペルー0
 
  キューバ1
 
 
  アメリカ合衆国3
 


5-8位決定予備戦 5位決定戦
           
8月30日    
   韓国 3
   ブラジル 1  
  8月31日
   韓国 3
     ペルー 1
 
3位決定戦
8月30日 8月31日
   ペルー 3    ブラジル 3
   日本 0      日本 0


9-12位決定予備戦 9位決定戦
           
8月30日    
   イタリア 3
   チャイニーズ・タイペイ 2  
  8月31日
   イタリア 1
     オランダ 3
 
3位決定戦
8月30日 8月31日
   オランダ 3    チャイニーズ・タイペイ 3
   東ドイツ 0      東ドイツ 0


最終成績編集

 1990年女子世界選手権優勝 
 
ソビエト連邦
順位
1   ソビエト連邦
2   中国
3   アメリカ合衆国
4   キューバ
5   韓国
6   ペルー
7   ブラジル
8   日本
9   オランダ
10   イタリア
11   チャイニーズタイペイ
12   東ドイツ
13   西ドイツ
14   カナダ
15   アルゼンチン
16   エジプト