2006 CONCACAF女子ゴールドカップ

2006 CONCACAF女子ゴールドカップは、2006年11月19日から11月26日にかけて、アメリカ合衆国[1]で開催された第7回目のCONCACAF女子ゴールドカップである(CONCACAF女子選手権も含める)。この大会は2007 FIFA女子ワールドカップの北中米カリブ海予選を兼ねており、6回目の優勝を果たしたアメリカ合衆国と準優勝のカナダが出場権を獲得した。また、3位のメキシコAFC所属の日本との大陸間プレーオフ出場権を獲得した。

2006 CONCACAF女子ゴールドカップ
大会概要
開催国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日程 2006年11月19日 - 11月26日
チーム数(1連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝  アメリカ合衆国 (6回目)
準優勝  カナダ
3位  メキシコ
4位  ジャマイカ
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 17点
(1試合平均 2.83点)
 < 20022010

予選編集

北中米予選とカリブ海予選に分かれ、各予選を勝ち抜いた4チームと、本戦シードされているアメリカ合衆国カナダの合計6チームが本大会に出場する。

北中米予選編集

各グループの勝者が本大会の出場権を得る。

グループ A編集

チーム
1   メキシコ 2 2 0 0 17 0 +17 6
2   ニカラグア 2 1 0 1 2 10 −8 3
3   エルサルバドル 2 0 0 2 1 10 −9 0
4   ベリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0




グループ B編集

チーム
1   パナマ 2 2 0 0 5 0 +5 6
2   グアテマラ 2 1 0 1 2 4 −2 3
3   コスタリカ 2 0 0 2 1 4 −3 0
4   ホンジュラス 0 0 0 0 0 0 0 0




カリブ海予選編集

女子カリビアンカップ[2]が本大会予選を兼ねており、22チームが参加した。

予備予選編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
バルバドス   0 – 1   アンティグア・バーブーダ 0 – 1 0 – 0
ケイマン諸島   1 – 3   オランダ領アンティル 1 – 2 1 – 0
イギリス領ヴァージン諸島   1 – 8   アメリカ領ヴァージン諸島 1 – 3 0 – 5
タークス・カイコス諸島   不戦勝   バハマ
グレナダ   不戦勝   ガイアナ
セントクリストファー・ネイビス   不戦勝   モントセラト
  • バハマ、ガイアナ、モントセラトは出場を辞退した。




合計スコア1-0でアンティグア・バーブーダが勝利





合計スコア3-1でオランダ領アンティルが勝利





合計スコア8-1でアメリカ領ヴァージン諸島が勝利



1次予選編集

各グループ首位チームが2次予選に進出する。ハイチは同じグループのアルバがグループ内の開催国となることに抗議してグループリーグに参加しなかったが、残りの3チームの内首位チームとなったスリナムとプレーオフを行った。ハイチが勝利して2次予選の出場権を得たものの、スリナムは各グループ2チームの内成績最上位であったためスリナムも2次予選に進出した。

グループ A編集
チーム
1   ドミニカ共和国 3 3 0 0 11 2 +9 9
2   バミューダ諸島 3 2 0 1 9 4 +5 6
3   アメリカ領ヴァージン諸島 3 1 0 2 4 7 −3 3
4   タークス・カイコス諸島 3 0 0 3 0 11 −11 0











グループ B編集
チーム
1   スリナム 2 2 0 0 10 1 +9 6
2   オランダ領アンティル 2 1 0 1 3 8 −5 3
3   アルバ 2 0 0 2 1 5 −4 0
  •   ハイチはアルバ開催のグループリーグ出場を辞退したが、スリナムとプレーオフを戦った。




プレーオフ


グループ C編集
チーム
1   ジャマイカ 3 3 0 0 27 0 +27 9
2   セントルシア 3 2 0 1 5 8 −3 6
3   セントクリストファー・ネイビス 3 1 0 2 5 16 −11 3
4   アンティグア・バーブーダ 3 0 0 3 3 16 −13 0











グループ D編集
チーム
1   トリニダード・トバゴ 3 3 0 0 20 1 +19 9
2   セントビンセント・グレナディーン 3 2 0 1 8 4 +4 6
3   ドミニカ国 3 0 1 2 2 10 −8 1
4   グレナダ 3 0 1 2 2 17 −15 1











2次予選編集

2次予選はトリニダード・トバゴが開催国となり、6チームが3チームずつ2組にわかれ、ラウンドロビン方式にて各2試合を戦う。各グループの首位チームが本大会出場権を得る。決勝ラウンドは9月6日から9月10日まで行われた[4]

グループ A編集
チーム
1   トリニダード・トバゴ 2 2 0 0 12 1 +11 6
2   ドミニカ共和国 2 1 0 1 2 7 −5 3
3   スリナム 2 0 0 2 1 7 −6 0




グループ B編集
チーム
1   ジャマイカ 2 2 0 0 10 0 +10 6
2   ハイチ 2 1 0 1 5 3 +2 3
3   バミューダ諸島 2 0 0 2 0 12 −12 0




本大会編集

出場国編集

以下のチームが出場権を得た。

シード国
  アメリカ合衆国 /   カナダ
北中米予選
  メキシコ /   コスタリカ
カリブ海予選
  ジャマイカ /   トリニダード・トバゴ
  • 本戦シードされているアメリカ合衆国とカナダは準決勝から登場する。予選を勝ち抜いた4チームが1回戦で戦う。

結果編集

1回戦編集




準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集



優勝国編集

 2006 CONCACAF女子ゴールドカップ優勝国 
 
アメリカ合衆国
3大会連続6回目

他大会出場権獲得国編集

2007 FIFA女子ワールドカップ
本大会出場
大陸間プレーオフ出場

脚注編集

  1. ^ Women's Gold Cup RSSSF.com
  2. ^ a b Women's Caribbean Cup 2006, RSSSF
  3. ^ グループ最終戦のバミューダ諸島対ドミニカ共和国戦は90分で1-1、グループ内の成績が全く同一だったため、延長戦で決着がついている。
  4. ^ 2006 CONCACAF Women's Gold Cup / Copa Oro Femenina - Caribbean Qualification, CONCACAF

外部リンク編集