メインメニューを開く

2008年イタリアグランプリ

2008年イタリアグランプリは、2008年F1世界選手権第14戦として、2008年9月12日から9月14日イタリア・モンツァで開催された。 正式名称は2008 FORMULA1 Gran Premio d'Italia 2008

イタリアの旗 2008年イタリアグランプリ
レース詳細
Circuit Monza.png
日程 2008年シーズン第14戦
決勝開催日 9月14日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリア ミラノ県 モンツァ
コース長 5.793km
レース距離 53周(306.720km)
決勝日天候
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'37.555
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1'28.047(Lap 53)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

シーズン屈指のハイスピードコースとして名高いモンツァであるが、今年は雨に祟られる。この天候が、皮肉にも勝敗を決める事となった。

Q1編集

雨のQ1は、ルーベンス・バリチェロネルソン・ピケJr.中嶋一貴ジェンソン・バトンエイドリアン・スーティルの5名が脱落。この時点では、まだ波乱の様相を見せていなかった。

Q2編集

Q3常連組は順当にQ2に進んだが、このラウンドでランキング上位4名のうち3名がよもやの脱落となった。この時点でランキング首位を走るルイス・ハミルトンは浅溝タイヤ選択が裏目に出て15番手、チャンピオン獲得に赤信号が灯るランキング3番手のキミ・ライコネンは予選出走のタイミングが遅かったことが原因で14番手、この年初優勝したランキング4番手のロバート・クビサは暖気運転中の天候悪化が致命傷となって11番手にとどまり、ランキング上位4名で唯一Q3に進出したランキング2番手のフェリペ・マッサにしても、Q2通過ラインぎりぎりの10番手でのQ3進出という惨憺たる有り様であった。

Q3編集

Q3常連3人が脱落したQ3は、Q2トップ通過のセバスチャン・ベッテルがその勢いのまま、史上最年少となる21歳72日でポールポジションを奪取した。チームメイトのセバスチャン・ブルデーも4位で通過。雨天を晴天セッティングで凌ぎ切ったのが勝因であった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 グリッド
1 15   セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 1'35.464 1'35.837 1'37.555 1
2 23   ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 1'35.214 1'35.843 1'37.631 2
3 10   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1'36.001 1'36.306 1'38.117 3
4 14   セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 1'35.543 1'36.175 1'38.445 4
5 7   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 1'35.485 1'35.898 1'38.767 5
6 2   フェリペ・マッサ フェラーリ 1'35.536 1'36.676 1'38.894 6
7 11   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1'35.906 1'36.008 1'39.152 7
8 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 1'36.297 1'36.518 1'39.751 8
9 12   ティモ・グロック トヨタ 1'35.737 1'36.525 1'39.787 9
10 3   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1'35.709 1'36.626 1'39.906 10
11 4   ロバート・クビサ BMWザウバー 1'35.553 1'36.697 11
12 21   ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 1'36.280 1'36.698 12
13 9   デビッド・クルサード レッドブルルノー 1'36.485 1'37.284 13
14 1   キミ・ライコネン フェラーリ 1'35.965 1'37.522 14
15 22   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1'35.394 1'39.265 15
16 17   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1'36.510 16
17 6   ネルソン・ピケJr. ルノー 1'36.630 17
18 8   中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 1'36.653 Pit
19 16   ジェンソン・バトン ホンダ 1'37.006 Pit
20 20   エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 1'37.417 18


決勝編集

  • Car No.8,16はピットレーンスタートを選択

展開編集

強い雨のためエクストリーム・ウェットタイヤの装着が義務付けられ、セーフティカー先導でレース開始。序盤は、予選4位のブルデーがエンジンストールのために周回遅れとなった事と、ジャンカルロ・フィジケラが12周目にリタイアとなった事以外は波乱なく進んだ。ポールスタートのベッテルは、その後も序盤で作った貯金にモノを言わせ、最初のタイヤ交換時以外は首位を守りきって最年少ポールポジションに続き最年少の21歳73日で初優勝した。ハミルトンのチームメイト・ヘイッキ・コバライネンが、12秒以上離されて2位。予選失敗のクビサが、1ピット戦略で3位に潜り込む事に成功。今回は大した見せ場を作れなかったマッサは、何とかハミルトンより前の6位。そのハミルトンは、マクラーレンのタイヤの温まりやすさに祟られ後半伸びずの7位。ライコネンは最悪で、最後に何とかファステストラップを奪取したものの、ポイント圏外の9位に終わった。なお、雨中決戦となった当レースであるが、意外にもゴール出来なかったのはフィジケラだけであった。

ベッテルのこの優勝は、

  1. F1史上最年少での優勝、史上最年少でのポール・トゥ・ウィンおよび史上最年少での表彰台登壇。
  2. トロ・ロッソの初優勝、および初の表彰台獲得(前身チームであるミナルディ時代を含む)。
  3. 1957年のマセラティ250Fを駆るスターリング・モス以来、約半世紀(51年)ぶりのフェラーリ以外のイタリアチームによるイタリアGP優勝。
  4. フェラーリのカスタマーエンジンでの初優勝(2019年現在でもフェラーリのカスタマーエンジンでの優勝はこれが唯一)。
  5. トロロッソの親チームであるレッドブル・レーシングよりも先に初優勝を遂げる。

という記録づくめの優勝となった。

このレースで表彰台に登った3人は全員が今季初優勝を挙げたドライバーだった。ベッテル(21歳73日)、コバライネン(26歳333日)、クビサ(23歳282日)の3人の平均年齢は23歳350日であり、表彰台登壇ドライバーの平均年齢でもF1史上最年少記録を樹立した。3人ともがデビューから3年以内のいわゆる「若手」であり、次世代の色合いが強いポディウムとなった。

さらにこのレースで表彰台に揚がった国旗は2006年のイタリアGPと同じドイツ、フィンランド、ポーランド(2006年はミハエル・シューマッハ、ライコネン、クビサであった)の三ヶ国の国旗であり、流れた国歌もドイツ→イタリアの順で同一であった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 15   セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソフェラーリ 53 1:26'47.494 1 10
2 23   ヘイッキ・コバライネン マクラーレンメルセデス 53 +12.512 2 8
3 4   ロバート・クビサ BMWザウバー 53 +20.471 11 6
4 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 53 +23.903 8 5
5 3   ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 53 +27.748 10 4
6 2   フェリペ・マッサ フェラーリ 53 +28.816 6 3
7 22   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 53 +29.912 15 2
8 10   マーク・ウェバー レッドブルルノー 53 +32.048 3 1
9 1   キミ・ライコネン フェラーリ 53 +39.468 14
10 6   ネルソン・ピケJr. ルノー 53 +54.445 17
11 12   ティモ・グロック トヨタ 53 +58.888 9
12 8   中嶋一貴 ウィリアムズトヨタ 53 +1'02.015 Pit
13 11   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 53 +1'05.954 7
14 7   ニコ・ロズベルグ ウィリアムズトヨタ 53 +1'08.635 5
15 16   ジェンソン・バトン ホンダ 53 +1'13.370 Pit
16 9   デビッド・クルサード レッドブルルノー 52 +1 Lap 13
17 17   ルーベンス・バリチェロ ホンダ 52 +1 Lap 16
18 14   セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソフェラーリ 52 +1 Lap 4
19 20   エイドリアン・スーティル フォース・インディアフェラーリ 51 +2 Laps 18
Ret 21   ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアフェラーリ 11 アクシデント 12

関連項目編集