2011年のGP2アジアシリーズ

2011年のGP2アジアシリーズ
前回: 2009-2010 次回: 2012

2011年のGP2アジアシリーズは、GP2アジアシリーズの4回目のシーズン。

主なトピック編集

  • ダラーラが供給するワンメイクシャシーが更新され、従来の「GP2/05」ではなく新車の「GP2/11」が投入される。GP2/11はGP2メインシリーズでも使用されることになっており、メインシリーズに先立って実戦にデビューした。
  • タイヤサプライヤーも前年限りでF1から撤退したブリヂストンに代わり、同年よりF1にタイヤを供給するピレリに変更になった。

参戦チーム・ドライバー編集

スケジュールと勝者編集

ラウンド サーキット 開催国 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 優勝チーム
1 R1 ヤス・マリーナ・サーキット   アラブ首長国連邦 2月11日   ロマン・グロージャン   ジュール・ビアンキ   ジュール・ビアンキ   Lotus ART
R2 2月12日   ジュール・ビアンキ   ステファノ・コレッティ   トライデント・レーシング
- R1 バーレーン・インターナショナル・サーキット   バーレーン 2月18日 中止 中止 中止 中止
R2 2月19日
- R1 バーレーン・インターナショナル・サーキット   バーレーン 3月12日 中止 中止 中止 中止
R2 3月13日
2 R1 イモラ・サーキット   イタリア 3月19日   ロマン・グロージャン   ロマン・グロージャン   ロマン・グロージャン   DAMS
R2 3月20日   ロマン・グロージャン   ダニ・クロス   レーシング・エンジニアリング

※ラウンド2は2011年バーレーン騒乱の影響で、2月17日に中止が決定した[1]

※ラウンド3はF1バーレーンGPサポートレースとして開催予定だったが、バーレーンGP自体の開催が中止になったため、それに伴い中止された[2]

※のちに、イタリアイモラ・サーキットでのレースが追加で開催されると発表された[3]

レース結果とランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

チーム編集

  • 太字はポールシッター、2ポイントを獲得。
  • 斜体はファステストラップ、トップ10でフィニッシュしたドライバー、1ポイントを獲得。
  • † はリタイア、完走扱い。

出典編集

外部リンク編集