メインメニューを開く

2014年イタリアグランプリは、2014年のF1世界選手権第13戦として、2014年9月7日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 2014年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza track map.svg
日程 2014年シーズン第13戦
決勝開催日 9月7日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリア モンツァ
コース長 5.793km
レース距離 53周(306.720km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:24.109
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:28.004(Lap 29)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

展開編集

ルイス・ハミルトンが5月のスペインGP以来のポールポジションを獲得。2番手はロズベルグ、それにウィリアムズ、マクラーレンの2台が続いて、メルセデスPUトップ6独占という結果になった。なお母国グランプリのフェラーリは、アロンソが7番手、ライコネン12番手と後ろに沈んだ[1]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:25.363 1:24.560 1:24.109 1
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:25.493 1:24.600 1:24.383 2
3 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:26.012 1:24.858 1:24.697 3
4 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:25.528 1:25.046 1:24.865 4
5 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 1:26.337 1:25.973 1:25.314 5
6 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:26.328 1:25.630 1:25.379 6
7 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:26.514 1:25.525 1:25.430 7
8 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:26.631 1:25.769 1:25.436 8
9 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 1:26.721 1:25.946 1:25.709 9
10 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:26.569 1:25.863 1:25.944 10
11 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 1:26.261 1:26.070 21
12 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:26.689 1:26.110 11
13 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 1:26.140 1:26.157 12
14 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:26.371 1:26.279 13
15 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 1:27.034 1:26.588 14
16 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 1:26.999 1:26.692 15
17 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 1:27.520 16
18 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:27.632 17
19 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 1:27.671 18
20 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 1:27.738 19
21 4   マックス・チルトン マルシャルノー 1:28.247 20
22 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 1:28.562 22
107% time: 1:31.338

[2]

  • No.26はシーズン6機目のエンジンを使用したため10グリッド降格[1]

決勝編集

展開編集

決勝レースはなんとスタートでハミルトンが遅れ4番手に後退すると、ボッタスも大きく順位を下げて11番手まで後退してしまった。トップに立ったのはロズベルグで、2位には好スタートを決めたマグヌッセンがつけ、それをマッサ、ハミルトンが追いかける展開となった。ハミルトンは5周目にマッサに続いてマグヌッセンを交わすと、10周目にはマッサを交わして、2番手に浮上。9周目のターン1でコースオフして差が縮まっていたトップロズベルグを追う。ロズベルグが24周目にピットインし、ハミルトンも翌周にピットインすると、レースが動き出した。ハミルトンはファステストラップを出しながらロズベルグを猛追すると、ロズベルグはなんと29周目のターン1でまたもコースオフしてしまいこれで難なくハミルトンがトップに立つ。その後は付け入る隙をみせずにハミルトンがそのままトップチェッカー。4戦ぶりとなるシーズン5勝目を飾った。2位はロズベルグ。スタートでトップに立ったにも関わらず2度のミスでその座を明け渡してしまった。3位は13年スペイングランプリ以来の表彰台獲得となるフェリペ・マッサ。4位はボッタス。スタートで後退してしまったものの見事な挽回をみせた。5位はリカルド。こちらもスタートで後退したが、素晴らしいオーバーテイクを連発しながら最後は必死のディフェンスをするチームメイトベッテルを交わしての結果だった。母国グランプリとなったフェラーリだが、なんとアロンソがエンジントラブルでシーズン初のリタイヤを喫してしまう。また、ライコネンもなんとか9位に入賞するのが精いっぱいと惨敗した[1]

結果編集

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 53 1:19:10.236 1 25
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 53 +3.175 2 18
3 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 53 +25.026 4 15
4 77   バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 53 +40.786 3 12
5 3   ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 53 +50.309 9 10
6 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 53 +59.965 8 8
7 11   セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 53 +1:02.518 10 6
8 22   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 53 +1:03.063 6 4
9 7   キミ・ライコネン フェラーリ 53 +1:03.535 11 2
10 20   ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 53 +1:06.171 5 1
11 26   ダニール・クビアト トロロッソルノー 53 +1:11.184 21
12 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 53 +1:12.606 13
13 25   ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 53 +1:13.093 12
14 13   パストール・マルドナド ロータスルノー 52 +1 Lap 16
15 99   エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 52 +1 Lap 14
16 8   ロマン・グロージャン ロータスルノー 52 +1 Lap 17
17 10   小林可夢偉 ケータハムルノー 52 +1 Lap 18
18 17   ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 52 +1 Lap 19
19 9   マーカス・エリクソン ケータハムルノー 51 +2 Laps PL
20 21   エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 51 +2 Laps 15
Ret 14   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 28 エンジン 7
Ret 4   マックス・チルトン マルシャフェラーリ 5 クラッシュ 20

[3]

ラップリーダー
  • ニコ・ロズベルグ(1-23,26-28)
  • ルイス・ハミルトン(24-25,29-53)

第13戦終了時点でのランキング編集

[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鈴木賢志、高橋浩司「F1速報 2014年総集編」『F1速報』第26巻第1号、株式会社三栄書房、2015年2月5日、 143,144,186。
  2. ^ 【結果】F1第13戦イタリアGP予選/2014年9月6日(土)”. topnews.jp. 2018年12月10日閲覧。
  3. ^ 【結果】F1第13戦イタリアGP決勝レース/2014年9月7日(日)”. topnews.jp. 2018年12月10日閲覧。
  4. ^ F1世界選手権 2014 / ランキング”. espnf1.com. 2018年12月10日閲覧。
前戦
2014年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
2014年シーズン
次戦
2014年シンガポールグランプリ
前回開催
2013年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ次回開催
2015年イタリアグランプリ