2014年のF1世界選手権

2014年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2013 翌年: 2015
一覧: 開催国 | 開催レース

2014年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第65回大会として開催された。

2014年のF1世界選手権

シーズン概要編集

パワーユニットの導入編集

2014年シーズンはエンジン規定に関する大幅な改訂が行われ、2.4リッターV8NAエンジンから1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドパワーユニットとなった。主要項目としては、1988年以来となる「燃料搭載量制限」と「ターボ」の復活、そして運動エネルギー回生に熱エネルギー回生を加えた複雑なハイブリッド技術が挙げられる。名称もエンジンではなくパワーユニット (以下、PU) と呼ばれることになった。排気量は前年までと比べると3分の2に減ったが、ターボエンジンとハイブリッドアシストの組み合わせにより出力とトルクが向上し、加速力と最高速度も前年より大きく上昇した。

プレシーズンテストでは初導入となるPUの複雑なシステムにトラブルが多発し、開幕戦のオーストラリアGP前には信頼性への懸念が大きく、全車がレースをリタイアした場合の対処まで議論されたが[1]、実際にはPUの信頼性が重大な問題となることはなかった。一方、シーズン中の改良がほぼ凍結されているため、メーカー間のPUの性能差が年間成績に直接反映されることになった。また、従来の自然吸気エンジンよりも排気音が静かになったことに対する不満の声も上がった[2]

メルセデスのダブルタイトル獲得編集

 
チャンピオンを争ったチームメイト、ハミルトン(右)とロズベルグ(左)

PUの開発において最も成功したチームとメーカーはメルセデスであった。ワークスチームであるメルセデスは19戦16勝、18ポールポジション、11回の1-2フィニッシュで他を圧倒し、コンストラクターズタイトルとドライバーズタイトルを両制覇した。かつての黄金期(1954年1955年)当時はコンストラクターズタイトルが制定されていなかったため、ダブルタイトル獲得は初となる。

ドライバーズタイトルはチームメイトであり、カート時代からの旧知の仲であるルイス・ハミルトンニコ・ロズベルグの間で争われた。モナコGP予選における一悶着[3]や、ベルギーGPにおける接触のような危うい場面もあったが、両者はフェアな戦いを続け、最終戦アブダビGPにおいてハミルトンが2008年以来自身2度目のチャンピオンを獲得した。イギリス人ドライバーの複数回チャンピオン獲得はジャッキー・スチュワート(3回)以来となる。

また、メルセデスPUの供給を受けたチームの中ではウィリアムズの復活が目立った。前年はランキング9位と低迷したが、今期はトップスピードの速さを武器にコンスタントに入賞してランキング3位に浮上。中でもオーストリアGP予選ではフロントローを独占し、メルセデスワークス勢の全戦ポール獲得を阻止する結果となった。2年目のバルテリ・ボッタスは表彰台に6度登り、チームメイトのフェリペ・マッサをランキングで上回った。

レッドブルとフェラーリの不振編集

プレシーズンテストより、ルノーPUはパワーや信頼性など総合的な問題を抱えていた。ルノーから実質的なワークス待遇を受けるレッドブルはその影響を被り、両者の関係は悪化した[4]。4連覇中であったセバスチャン・ベッテルは未勝利に終わり、翌2015年からフェラーリへ移籍することを発表した。一方、前年で引退したマーク・ウェバーに代わって昇格したダニエル・リカルドカナダGPにおける初優勝を含む3勝を挙げ、メルセデス以外で優勝した唯一のドライバーとなった。フェラーリはフェルナンド・アロンソキミ・ライコネンを加えたラインナップで臨んだが、1993年以来の未勝利シーズンに終わった。序盤戦から主要幹部の更迭が相次ぎ、チーム再建を担ってきたルカ・ディ・モンテゼーモロ会長も辞任。アロンソも翌シーズンからマクラーレンへ移籍することを発表した。

小規模チームの財政難編集

昨年に続きいくつかのチームで財政難の噂が絶えなかった。特に2010年の新参チームであるケータハムマルシャは終盤資金的な問題からアメリカGP以降を欠場した。ケータハムはその後アブダビGPにてクラウドファンディングで資金を集めて復帰したが、翌年の資金のメドがつかずシーズン後にチームが消滅した。マルシャも同様に消滅すると思われたが、2015年のシーズン開幕を前に投資家の手により救済され「マノー・マルシャF1チーム」となって復活し参戦することが発表された。なお、マルシャは獲得0ポイントのザウバーを上回り、ランキング9位を獲得した。

ジュール・ビアンキの死亡事故編集

この年の日本GPは台風18号接近に伴う大雨の影響で、セーフティーカー先導のローリングスタートで始まり2周目時点で赤旗が振られてレース中断。20分後に再開したが、43周目にザウバーのエイドリアン・スーティルがダンロップコーナーにてスピンしてクラッシュ。ランオフエリアにて撤去作業の最中、そこへ次周にマルシャのジュール・ビアンキが同じ場所でスピン、スーティルのマシンを吊り上げていた撤去作業中のクレーン車に激しく衝突する事故が発生。この事故でビアンキは意識不明に陥り、ここで赤旗が振られてレースが打ち切られた。その後ビアンキは救急車で搬送され手術を行い、回復が待たれる状況となった。次戦のロシアGPはマックス・チルトンの1台のみで参戦することが発表された。

ビアンキはその後意識を回復しないまま、翌2015年7月17日に死去した。F1におけるドライバーの死亡事故は1994年サンマリノグランプリローランド・ラッツェンバーガーアイルトン・セナ以来21年ぶりとなった。これを受けてFIAは折しも2014年から導入されたばかりの固定カーナンバー制度でビアンキが付けていた「17」を永久欠番とする事を決定した。

その他のトピック編集

  • 各チームの新車発表時に話題をさらったのは、棒のように突き出した奇妙なノーズであった。安全的見地からノーズの先端位置が下げられ(後述)、空力的に最適な形を求めた結果そうなってしまったのだが、ファンのみならずF1関係者からも否定的な意見が発せられた[5]
  • 小林可夢偉がケータハムのシートを獲得し、2年ぶりにF1に参戦したが、ルノーPUやマシンの性能不足に苦しめられ最後尾を争うのが精いっぱいであった。加えて、チームの身売り騒動の余波で、レギュラーシートも確約されない不安定な立場を強いられた。最終戦アブダビGPを最後にチームが消滅し、小林は来年のスーパーフォーミュラへの参戦を発表し、F1をまたも離れることとなった。
  • ルーキードライバーの活躍も目立つ。特に19歳のダニール・クビアト(トロ・ロッソ)と21歳のケビン・マグヌッセン(マクラーレン)は開幕前からその年齢でのデビューで話題をさらったが、両者とも開幕戦で入賞するなど期待に応えた。クビアトはシーズン後に移籍するベッテルの後任としてレッドブル入りが決まり、マグヌッセンはデビュー戦で初表彰台(2位)という好成績を残したが、フェルナンド・アロンソの加入に伴い押し出される形でシートを失ってしまった。
  • この年デビューしたのは前述のクビアト、マグヌッセンに加えケータハムからマーカス・エリクソンがデビュー。逆にシーズン後にマグヌッセン、ジャン=エリック・ベルニュ、スーティル、エステバン・グティエレス、小林、ビアンキ、チルトンがシートを失った。
  • 日本でもスーパーフォーミュラのドライバーとして有名なアンドレ・ロッテラーがベルギーGPにてスポット参戦。しかし決勝ではパストール・マルドナドと接触し、わずか2周でリタイアとなってしまった。またアブダビGPではウィル・スティーブンスがエリクソンに代わり出走。スティーブンスは翌年マルシャからフル参戦する。

レギュレーションの変更編集

以下の内容は今後変更される可能性がある。

技術規定編集

  • パワーユニット
  • 狭義の意味としてエンジンと称されることがあるが、正確にはICE(内燃機関(エンジン))・MGU-K(運動エネルギー回生システム)・MGU-H( 熱エネルギー回生システム)・TC (ターボチャージャー)・ES(エネルギー貯蔵装置(バッテリー))・CE(コントロールエレクトロニクス(電子制御装置))の6つのコンポーネントで構成されており、パワーユニットという呼び方はその総称である。
    • 内燃機関は1.6L 90度 V型6気筒直噴シングルターボエンジンに統一[6]
      • シリンダーボア80mm、最高回転数15,000rpm、過給圧は無制限、燃料の瞬間最大流量100kg/h。
    • 運動エネルギー回生システム (KERS) は新たにエネルギー回生システム (ERS) と呼ばれる[7]。従来の運動エネルギー回生 (ERS-K) に加えて、熱エネルギー回生 (ERS-H) も認められる。
      • 駆動力のアシストはERS-Kのモーターからのみ。最大出力は60kWから120kW(約161馬力)に引き上げ。
      • 1周あたりの最大回生量は、ERS-Kは2MJ、ERS-Hは無制限。
      • 1周あたりの最大放出量は、ERS-Kは400KJから4MJに引き上げ。ERS-HからERS-Kへの追加量は無制限。
    • エンジンとERSを含めたパワーユニットの最低重量は145kg。エナジーストア(バッテリー)は20〜25kg。
    • ピットレーン走行時はエンジンを停止し、ERSのみで走行する予定であったが、後に延期となった。
    • コクピット内にエンジンスターターの装着を義務化[7]
    • 排気管は中央1本のみとする。排気管は上向きに取り付けられ、後方のボディワークは禁止される(排気を利用したダウンフォース発生デバイスの禁止)。
  • 駆動系
    • セミオートマチックギアボックスは7速から8速に変更[7]
    • 開幕前にあらかじめ使用するギアレシオを申告する(レースごとの変更不可)。ただし、2014年に限りシーズン中1回のみ変更が認められる。
  • ボディワーク
    • モノコック先端の高さを625mmから525mmへ、ノーズ先端から50mm後方の高さ(断面の中心)を500mmから185mmへ引き下げる[8]。また、ノーズ先端は前車軸より前方750mm以上1,200mm以下に位置し、先端から50mm後方の断面積は単一断面で9,000平方mm以上とする[8]
    • ノーズ先端の高さが大幅に引き下げられたが、規定では狭い断面でも構わないため、先端部のみ細長く垂れ下がった「アリクイノーズ」や「エイリアンノーズ」と呼ばれるノーズが登場した。
    • フロントウィングの全幅を1,800mmから1,650mmに短縮[7]
    • リアウィングの上下幅を220mmから200mmに縮小。リアウィングの下部支持プレート(ビームウィング)が禁止となる。
    • サイドインパクト構造の標準化。
  • その他
    • 最低重量制限が642kgから691kgへ引き上げられる[9](元々は690kgに引き上げる事になっていたが、増加するトルクに対してピレリがタイヤのさらなる補強を行うため1kg増えることになった[10])。車両の前後輪の重量配分の規制も変更となる。
    • 運動エネルギー回生量が増大した分、減速時の車体制御が不安定になることが予想されるため、リアブレーキの制動力を電子制御することが許可される(協調回生ブレーキ)。ただし、システム故障に備えて、油圧系バックアップ回路も装備される。

競技規定編集

  • 罰則
    • ペナルティポイントシステムを導入する。ドライバーが規則違反を犯した場合、違反の重さにより1ポイントから3ポイントのペナルティポイントが科せられる。累積12ポイント以上に達した場合、次のレースが出場停止となる。ペナルティポイントの有効期間は1年間。
    • 軽微な違反行為に対し、新たに5秒ペナルティを導入する。
  • 予選方式とタイヤルール
    • 決勝レース用に新品タイヤを温存するため、フリー走行や予選の走行を控える戦略が採られることに対し、セッションの活性化策が導入される。
      • 金曜フリー走行1回目を1時間30分から2時間に延長し、セッション開始後30分間だけ使用できるプライムタイヤ(ハード側)1セットが追加される[11]
      • 予選Q3進出者にはオプションタイヤ(ソフト側)1セットが追加される。このタイヤはQ3のタイムアタック後に返却する[12]
      • 予選Q1・Q2敗退者には決勝レース用のオプションタイヤ1セットが追加される[12]
      • 予選Q3進出者はQ2で自己ベストを記録したタイヤで決勝をスタートする(従来はQ3で自己ベストを記録したタイヤ)[12]。Q1・Q2敗退者は従来と変わらず、タイヤを自由に選んで決勝をスタートできる。
      • 予選スケジュールはQ1が18分、Q2が15分、Q3が12分となる(従来はQ1が20分、Q2が15分、Q3が10分)[12]
  • 開発・テスト
    • 風洞やCFDでのマシン開発が大幅に制限される。また2チームでひとつの風洞を共有することが許される。
    • プレシーズンテストは2014年1月から開催できる。
    • シーズン中のテストが解禁され、2日間のテストを4度行うことができる。ヨーロッパのサーキットで、レース後の火曜日と水曜日に実施される。代わりに、年間8回まで認められていた1日のプロモーション撮影走行と3日間の若手合同テストが廃止される。
  • 使用制限
    • パワーユニット(エンジン)の年間使用数制限が強化される。各ドライバーは1シーズンに5基のエンジンを使用できる。6基目以上のエンジンを使用する場合はピットスタートとなる。エンジン本体以外のエンジン関連部品を交換した場合には10グリッド降格ペナルティが科される。
    • ギアボックスは6戦連続で使用しなければならない。
    • エンジンのホモロゲーションは2014年から2020年までとなる。この期間中に新規にホモロゲーションを得ることはできない。またエンジンメーカーは複数のホモロゲーションを得ることはできず、供給契約を結んだ各コンストラクターには同一のエンジンを供給しなければならない。ユニットの変更も、信頼性の向上やコスト削減のためなどを除きできない。
    • 決勝レースのスタート時からレースの終了時までの間に使用できる燃料は100kg未満とする。
  • その他
    • ポイントシステムは2013年までと変わらないが、最終戦のみ得られるドライバーズポイントとコンストラクターズポイントを倍増させる。
    • ドライバーの固定ナンバー制度の導入。各ドライバーはナンバーを「2」から「99」までの間で自由に選ぶことができ(この年は各ドライバーに第3候補までの自身の希望カーナンバーをFIAに提出させ、複数のドライバーで重複した番号があった場合は、前年のドライバーズランキング上位のドライバーに優先権が与えられた)、自身が選択した番号は原則F1キャリアを通して使用することになるが(選択時に使用希望のカーナンバーが空いておらず、その後そのナンバーが使用可能になった場合は、FIAが承認すれば途中でのカーナンバー変更は可能)、例外として前年のチャンピオンにはカーナンバー「1」をつける権利が与えられる(但し、あくまでも「権利」であり、それまでつけていた番号のまま(ルイス・ハミルトンは前年(2014年)チャンピオンになったが、翌年2015年も引き続き自身が選んだカーナンバー「44」を使用)参戦することも可能)。FP1のみ出走するドライバーは、各チームがFIAから割り当てられたカーナンバーで走行する(30番台から50番台の空き番号が各チームに原則連番で割り当てられている)。レギュラードライバーが怪我や病気などで出走ができなくなった場合は、リザーブドライバーはそのカーナンバーで走ることになる(後に事前に正式出走が決まった場合には、1戦のみのスポット参戦でも、自分でカーナンバーを選べるようになった)。そのドライバーがレギュラードライバーに昇格した場合は、改めてそのドライバーは自身のカーナンバーを選択する(ストフェル・バンドーンはスポット参戦時はFP1出走時に着けていた「47」で出走したが、レギュラードライバーに昇格した時は「2」を選択した)。カーナンバーの掲示は従来からある車体前方向に加え、ドライバーのヘルメットにも着けなくてならない(識別できれば、使う書体は問わない。ヘルメットの頭頂部にカーナンバーを記載しているドライバーが多い。但しキミ・ライコネンのように(カーナンバー「7」)、ヘルメットのデザインの一部に取り入れる形で着けることは可能)。
    • ピットストップ作業に従事するスタッフは、ヘルメットなどで頭部を保護することが義務付けられる。
    • (シンガポールGPより)無線またはピットボードを用いて、ドライバーのパフォーマンス改善につながる情報を伝えることが禁止される[13]

参戦チーム・ドライバー編集

エントリーリスト編集

FIAから発表された内容[14]および各チームがメディアを通し発表し報道された内容に基づく。

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ カーナンバー ドライバー テストドライバー
リザーブドライバー
開発ドライバー
 インフィニティ・レッドブル・レーシング レッドブル RB10 ルノー[15] P 01[16]  セバスチャン・ベッテル

 セバスチャン・ブエミ
 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

03  ダニエル・リチャルド
 メルセデスAMG F1・ペトロナス・フォーミュラワンGP メルセデス F1 W05 Hybrid メルセデス P 44  ルイス・ハミルトン  パスカル・ウェーレイン
06  ニコ・ロズベルグ[17]
 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ F14 T フェラーリ P 14  フェルナンド・アロンソ (28) ペドロ・デ・ラ・ロサ
 マルク・ジェネ
 ダビデ・リゴン
07  キミ・ライコネン
 ロータスF1チーム ロータス E22 ルノー P 08  ロマン・グロージャン (30) シャルル・ピック
 マルコ・ソレンセン
 ニコラ・プロスト
(31) エステバン・オコン[18]
13  パストール・マルドナド
 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-29 メルセデス[19] P 22  ジェンソン・バトン[20]  ゲイリー・パフェット[21]
 オリバー・ターベイ[22]
(32) ストフェル・バンドーン
20  ケビン・マグヌッセン
 サハラ・フォース・インディア・F1チーム フォース・インディア VJM07 メルセデス P 27  ニコ・ヒュルケンベルグ (34) ダニエル・ジュンカデラ[23]
11  セルジオ・ペレス
 ザウバーF1チーム ザウバー C33 フェラーリ P 99  エイドリアン・スーティル

(36) ギド・ヴァン・デル・ガルデ
(37) セルゲイ・シロトキン[24]
(37) 方駿宇(アダリー・フォング)[25]
 シモーナ・デ・シルベストロ[26]

21  エステバン・グティエレス[24]
 スクーデリア・トロ・ロッソ トロ・ロッソ STR9 ルノー P 25  ジャン=エリック・ベルニュ (38) マックス・フェルスタッペン[27]
26  ダニール・クビアト
 ウィリアムズ・マルティーニ・レーシング ウィリアムズ FW36 メルセデス P 19  フェリペ・マッサ

(40) フェリペ・ナスル
(41) スージー・ヴォルフ[28]

77  バルテリ・ボッタス
 マルシャF1チーム マルシャ MR03 フェラーリ P 17  ジュール・ビアンキ (42) アレクサンダー・ロッシ[29]
 ウィル・スティーブンス[30]
04  マックス・チルトン
 ケータハムF1チーム ケータハム CT05 [31] ルノー P 10  小林可夢偉 [32]

(46) ロビン・フラインス[32]
(45) アレクサンダー・ロッシ[32][33]
(45) ロベルト・メルヒ

45  アンドレ・ロッテラー[34]
09  マーカス・エリクソン[32][35]
46  ウィル・スティーブンス[36]

参戦チーム変更編集

  • マルシャは第17戦アメリカGPから第19戦アブダビGPに不参加
  • ケータハムは第17戦アメリカGPと第18戦ブラジルGPに不参加

ドライバー変更編集

開催地編集

2013年12月4日に正式カレンダーがFIAから発表された[37]。暫定カレンダー[38]では過去最多の22戦が予定されていたが、そこから3戦が外され、全19戦で行なわれる。

前年からの変更

  • 序盤戦アジアラウンドの中国GPとバーレーンGPの順序が入れ替わった。また、ブラジルGPに代わりアブダビGPが最終戦として開催される。
  • レッドブルが所有するレッドブル・リンク(旧A1リンク)にて2003年以来のオーストリアGPが復活することになった[39]。FIAから発表のあった時点ではサーキットのあるシュタイアーマルク州から開催に必要となる申請書の承認が得られておらずグランプリ開催に制限が付く可能性もあったが[40]、その後承認を得ることが出来た[41]
  • ロシアソチ冬季オリンピック会場敷地にてロシアGPが初開催される。
  • インドGPが2014年はカレンダーから外れ、2015年より再開される予定。2015年より3月開催となるため、2014年10月に開催すると日程が近すぎるという理由から[42]
  • 暫定カレンダーに載っていた韓国GPが正式カレンダーから外れた。

開催予定の延期

Round レース名称[45] GP名 開催サーキット 都市 決勝開催日 決勝スタート時刻 周回数
現地時間 協定世界時
1   Rolex Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 03月16日 17:00 06:00 58
2   Petronas Malaysia Grand Prix マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット セパン 03月30日 16:00 08:00 56
3   Gulf Air Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サクヒール 04月06日 18:00 15:00 57
4   UBS Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 04月20日 15:00 07:00 56
5   Gran Premio de España Pirelli スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 05月11日 14:00 12:00 66
6   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 05月25日 14:00 12:00 78
7   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 06月08日 14:00 18:00 70
8   Grosser Preis von Österreich オーストリアGP レッドブル・リンク シュピールベルク 06月22日 14:00 12:00 71
9   Santander British Grand Prix イギリスGP シルバーストーン・サーキット ノーサンプトンシャー 07月06日 13:00 12:00 52
10   Grosser Preis Santander von Deutschland ドイツGP ホッケンハイムリンク ホッケンハイム 07月20日 14:00 12:00 67
11   Pirelli Magyar Nagydíj ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 07月27日 14:00 12:00 70
12   Shell Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 08月24日 14:00 12:00 44
13   Gran Premio d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 09月07日 14:00 12:00 53
14   Singapore Grand Prix シンガポールGP シンガポール市街地コース シンガポール 09月21日 20:00 12:00 61
15   Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 10月05日 15:00 06:00 53
16   Russian Grand Prix ロシアGP ソチ・オリンピックパーク・サーキット ソチ 10月12日 15:00 11:00 53
17   United States Grand Prix アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ オースティン 11月02日 14:00 20:00 56
18   Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 11月09日 14:00 16:00 71
19   Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット アブダビ 11月23日 17:00 13:00 55

結果編集

レース編集

Rd. GP名 ポールポジション ファステストラップ 勝者 コンストラクター 詳細
1   オーストラリアグランプリ   ルイス・ハミルトン  ニコ・ロズベルグ  ニコ・ロズベルグ  メルセデス 詳細
2   マレーシアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン  メルセデス 詳細
3   バーレーングランプリ  ニコ・ロズベルグ  ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン  メルセデス 詳細
4   中国グランプリ   ルイス・ハミルトン  ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン  メルセデス 詳細
5   スペイングランプリ   ルイス・ハミルトン   セバスチャン・ベッテル   ルイス・ハミルトン  メルセデス 詳細
6   モナコグランプリ  ニコ・ロズベルグ  キミ・ライコネン  ニコ・ロズベルグ  メルセデス 詳細
7   カナダグランプリ  ニコ・ロズベルグ  フェリペ・マッサ  ダニエル・リチャルド   レッドブル 詳細
8   オーストリアグランプリ  フェリペ・マッサ  セルジオ・ペレス  ニコ・ロズベルグ  メルセデス 詳細
9   イギリスグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
10   ドイツグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
11   ハンガリーグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ  ダニエル・リチャルド   レッドブル 詳細
12   ベルギーグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ニコ・ロズベルグ  ダニエル・リチャルド   レッドブル 詳細
13   イタリアグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
14   シンガポールグランプリ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
15   日本グランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
16   ロシアグランプリ   ルイス・ハミルトン  バルテリ・ボッタス   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
17   アメリカグランプリ   ニコ・ロズベルグ   セバスチャン・ベッテル   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
18   ブラジルグランプリ   ニコ・ロズベルグ   ルイス・ハミルトン   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
19   アブダビグランプリ   ニコ・ロズベルグ  ダニエル・リチャルド   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細

ドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(選手部門)編集

上位10台には以下のポイントが加算される。(最終戦のみ通常の倍のポイントが与えられる)

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位 
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1
最終戦ポイント 50 36 30 24 20 16 12 8 4 2

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
Pts
1  ルイス・ハミルトン Ret 1 1 1 1 2 Ret 2 1 3 3 Ret 1 1 1 1 1 2 1 384
2  ニコ・ロズベルグ 1 2 2 2 2 1 2 1 Ret 1 4 2 2 Ret 2 2 2 1 14 317
3  ダニエル・リチャルド DSQ Ret 4 4 3 3 1 8 3 6 1 1 5 3 4 7 3 Ret 4 238
4  バルテリ・ボッタス 5 8 8 7 5 Ret 7 3 2 2 8 3 4 11 6 3 5 10 3 186
5  セバスチャン・ベッテル Ret 3 6 5 4 Ret 3 Ret 5 4 7 5 6 2 3 8 7 5 8 167
6  フェルナンド・アロンソ 4 4 9 3 6 4 6 5 6 5 2 7 Ret 4 Ret 6 6 6 9 161
7  フェリペ・マッサ Ret 7 7 15 13 7 12† 4 Ret Ret 5 13 3 5 7 11 4 3 2 134
8  ジェンソン・バトン 3 6 17† 11 11 6 4 11 4 8 10 6 8 Ret 5 4 12 4 5 126
9  ニコ・ヒュルケンベルグ 6 5 5 6 10 5 5 9 8 7 Ret 10 12 9 8 12 Ret 8 6 96
10  セルジオ・ペレス 10 DNS 3 9 9 Ret 11† 6 11 10 Ret 8 7 7 10 10 Ret 15 7 59
11  ケビン・マグヌッセン 2 9 Ret 13 12 10 9 7 7 9 12 12 10 10 14 5 8 9 11 55
12  キミ・ライコネン 7 12 10 8 7 12 10 10 Ret 11 6 4 9 8 12 9 13 7 10 55
13  ジャン=エリック・ベルニュ 8 Ret Ret 12 Ret Ret 8 Ret 10 13 9 11 13 6 9 13 10 13 12 22
14  ロマン・グロージャン Ret 11 12 Ret 8 8 Ret 14 12 Ret Ret Ret 16 13 15 17 11 17† 13 8
15  ダニール・クビアト 9 10 11 10 14 Ret Ret Ret 9 Ret 14 9 11 14 11 14 15 11 Ret 8
16  パストール・マルドナド Ret Ret 14 14 15 Ret Ret 12 17† 12 13 Ret 14 12 16 18 9 12 Ret 2
17  ジュール・ビアンキ NC Ret 16 17 18 9 Ret 15 14 15 15 18† 18 16 20† 2
18  エイドリアン・スーティル 11 Ret Ret Ret 17 Ret 13 13 13 Ret 11 14 15 Ret 21† 16 Ret 16 16 0
19  マーカス・エリクソン Ret 14 Ret 20 20 11 Ret 18 Ret 18 Ret 17 19 15 17 19 0
20  エステバン・グティエレス 12 Ret Ret 16 16 Ret 14† 17 Ret 14 Ret 15 20 Ret 13 15 14 14 15 0
21  マックス・チルトン 13 15 13 19 19 14 Ret 19 16 17 16 16 Ret 17 18 Ret 0
22  小林可夢偉 Ret 13 15 18 Ret 13 Ret 16 15 16 Ret 17 DNS 19 Ret Ret 0
23  ウィル・スティーブンス 17 0
24  アンドレ・ロッテラー Ret 0
順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
Pts

太字 - ポールポジション斜体 - ファステストラップ
† 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(製造者部門)編集

ポイントシステムおよび以下の書式はドライバー部門と同一である。

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
Pts
1   メルセデス 44 Ret 1 1 1 1 2 Ret 2 1 3 3 Ret 1 1 1 1 1 2 1 701
6 1 2 2 2 2 1 2 1 Ret 1 4 2 2 Ret 2 2 2 1 14
2   レッドブル-ルノー 1 Ret 3 6 5 4 Ret 3 Ret 5 4 7 5 6 2 3 8 7 5 8 405
3 DSQ Ret 4 4 3 3 1 8 3 6 1 1 5 3 4 7 3 Ret 4
3   ウィリアムズ-メルセデス 19 Ret 7 7 15 13 7 12† 4 Ret Ret 5 13 3 5 7 11 4 3 2 320
77 5 8 8 7 5 Ret 7 3 2 2 8 3 4 11 6 3 5 10 3
4   フェラーリ 14 4 4 9 3 6 4 6 5 6 5 2 7 Ret 4 Ret 6 6 6 9 216
7 7 12 10 8 7 12 10 10 Ret 11 6 4 9 8 12 9 13 7 10
5  マクラーレン-メルセデス 22 3 6 19† 11 11 6 4 11 4 8 10 6 8 Ret 5 4 12 4 5 181
20 2 9 Ret 13 12 10 9 7 7 9 12 12 10 10 14 5 8 9 11
6   フォース・インディア-メルセデス 27 6 5 5 6 10 5 5 9 8 7 Ret 10 12 9 8 12 Ret 8 6 155
11 10 DNS 3 9 9 Ret 11† 6 11 10 Ret 8 7 7 10 10 Ret 15 7
7   トロ・ロッソ-ルノー 25 8 Ret Ret 12 Ret Ret 8 Ret 10 13 9 11 13 6 9 13 10 13 12 30
26 9 10 11 10 14 Ret Ret Ret 9 Ret 14 9 11 14 11 14 15 11 Ret
8   ロータス-ルノー 8 Ret 11 12 Ret 8 8 Ret 14 12 Ret Ret Ret 16 13 15 17 11 17 13 10
13 Ret Ret 14 14 15 Ret Ret 12 17† 12 13 Ret 14 12 16 18 9 12 Ret
9   マルシャ-フェラーリ 17 NC Ret 16 17 18 9 Ret 15 14 15 15 18† 18 16 20† 2
4 13 15 13 19 19 14 Ret 17 16 17 16 16 Ret 17 18 Ret
10   ザウバー-フェラーリ 99 11 Ret Ret Ret 17 Ret 13 13 13 Ret 11 14 15 Ret 21† 16 Ret 16 16 0
21 12 Ret Ret 16 16 Ret 14† 19 Ret 14 Ret 15 19 Ret 13 15 14 14 15
11   ケータハム-ルノー 10 Ret 13 15 18 Ret 13 Ret 16 15 16 Ret 17 DNS 19 Ret Ret 0
45 Ret
9 Ret 14 Ret 20 20 11 Ret 18 Ret 18 Ret 17 20 15 17 19
46 17
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
Pts

ペナルティポイント編集

ペナルティポイントが12ポイントになると1戦出場停止

ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
有効ペナルティPts
 マーカス・エリクソン 2[46] 3[47] 5
 パストール・マルドナド 3[48] 1[49] 1[50] 5
 ジュール・ビアンキ 2[51] 2[52] 4
 ケビン・マグヌッセン 2[53] 2[54] 4
 ジャン=エリック・ベルニュ 1[55] 1[56]
1[57]
3
 バルテリ・ボッタス 2[58] 2
 エイドリアン・スーティル 2[59] 2
 ロマン・グロージャン 2[60] 2
 セルジオ・ペレス 2[61] 2
 エステバン・グティエレス 1[62] 1
ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
CHN
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
RUS
 
USA
 
BRA
 
ABU
 
有効ペナルティPts

テレビ放送編集

日本編集

2014年の放送は、

  • フジテレビNEXTスカパー!CATV等 / 有料 / 全セッション完全生中継、再放送あり)
  • フジテレビNEXTsmart(インターネット / 有料 / 全セッション完全生中継、予選・決勝を一定期間見逃し配信)
  • フジテレビONE(スカパー!・CATV等 / 有料 / 決勝翌日に全セッション連続一括放送)
  • BSフジBS / 無料 / 予選・決勝を録画放送)

で放送される。

なお、日本グランプリは3年ぶりに地上波およびワンセグ[63]でも放送される。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ "【GP直送】レースディレクター、赤旗中止も考慮". オートスポーツweb.(2014年3月13日) 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ "エクレストン、静かなF1エンジン音はメーカーの責任". Topnews.(2014年3月20日)2016年1月12日閲覧。
  3. ^ 予選Q3で先にアタックしたロズベルグがミラボーでオーバーランしたため黄旗が提示され、逆転PPを狙ったハミルトンのアタックが不発に終わった一件。
  4. ^ "ルノーの代替はあるとマテシッツ". ESPN F1.(2014年6月19日)2016年1月12日閲覧。
  5. ^ "STRボス「こんな醜いノーズはF1にふさわしくない」". オートスポーツweb.(2014年1月28日)2016年1月12日閲覧。
  6. ^ “Press Release FIA Formula One World Championship Power Unit Regulations”. FIA Press Release. (2011年6月29日). http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/f1releases/2011/Pages/f1-2014-engine1.aspx 2011年12月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d “2014年F1ルール(レギュレーション)”. F1トップニュース. http://www.topnews.jp/f1regulation2014 2012年1月14日閲覧。 
  8. ^ a b 尾張正博 (2014年2月1日). “かつての美しさはどこへ行った!? F1のイメージを覆す新車に唖然。(page2/2)”. Number web. 2014年2月4日閲覧。
  9. ^ “World Motor Sport Council 2014 - Geneva An extraordinary meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (23 January) in Geneva, Switzerland.”. FIA. (2013年1月23日). http://www.fia.com/news/world-motor-sport-council-2014-geneva 2013年1月26日閲覧。 
  10. ^ “マシン最低重量、691kgに改正か”. ESPN F1. (2013年1月23日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/142535.html 2013年1月26日閲覧。 
  11. ^ “白熱するQ3に期待。F1予選システム変更が発表 1/2”. オートスポーツweb. (2014年3月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=55012 2014年4月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d “白熱するQ3に期待。F1予選システム変更が発表 2/2”. オートスポーツweb. (2014年3月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=55012#page2 2014年4月2日閲覧。 
  13. ^ "FIA、無線の禁止事項を修正". STINGER.(2014年9月19日)2015年11月30日閲覧。
  14. ^ “2014 FIA F1 World Championship - Entry List”. FIA. (2014年1月14日). http://www.fia.com/2014-fia-f1-world-championship-entry-list 2014年1月14日閲覧。 
  15. ^ “レッドブル、ルノーとのエンジン契約を5年延長”. AUTO SPORT Web. (2011年9月10日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=36066 2013年12月21日閲覧。 
  16. ^ ベッテルは自身のナンバーとしては「5」を選択したが、前年チャンピオンになっており、この年はチャンピオンナンバー「1」を選択した。但し、2021年現在、現行制度上でカーナンバー「1」を使用したのはこの年のベッテルのみである。
  17. ^ “ロズベルグ、メルセデスGPと契約延長”. ESPN F1. (2011年11月10日). http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/63746.html 2013年12月6日閲覧。 
  18. ^ “オコンが金曜フリー走行デビュー”. ESPN F1. (2014年11月20日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/184561.html 2014年11月20日閲覧。 
  19. ^ “マクラーレンは来季もメルセデスエンジン”. ESPN F1. (2013年3月11日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/102631.html 2013年12月21日閲覧。 
  20. ^ “Whitmarsh thanks Perez after exit, confirms Button”. F1ZONE.net. (2013年11月13日). http://www.f1zone.net/news/whitmarsh-thanks-perez-after-exit-confirms-button/21083/ 2013年12月6日閲覧。 
  21. ^ “パフェット、マクラーレンに別れ”. ESPN F1. (2014年11月17日). http://ja.espnf1.com/mclaren/motorsport/story/184217.html 2014年11月17日閲覧。 
  22. ^ “ホンダPU搭載のマクラーレンMP4-29Hが初走行!”. AUTO SPORT web. (2014年11月15日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=61454 2014年11月15日閲覧。 
  23. ^ “Fインディア、ジュンカデラをリザーブに起用”. AUTOSPORT web. (2014年1月24日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=54049 2014年1月24日閲覧。 
  24. ^ a b “スーティルの相棒はグティエレス”. ESPN F1. (2013年12月21日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/140119.html 2013年12月21日閲覧。 
  25. ^ “ザウバーは中国人ドライバーのフォングを起用”. ESPN F1. (2014年11月20日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/184567.html 2014年11月20日閲覧。 
  26. ^ “ザウバー、女性ドライバーのシルベストロと提携”. オートスポーツweb. (2014年2月4日). http://as-web.jp/news/info_smart.php?c_id=1&no=54475 2014年2月4日閲覧。 
  27. ^ “フェルスタッペン、鈴鹿で公式セッションデビュー”. ESPN F1. (2014年9月29日). http://ja.espnf1.com/tororosso/motorsport/story/176999.html 2014年9月29日閲覧。 
  28. ^ “スージー、イギリスGPでFP1デビューが決定”. AUTO SPORT web. (2014年2月24日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=54671 2014年2月24日閲覧。 
  29. ^ “ケータハムの元リザーブ、ロッシがマルシャに移籍”. AUTO SPORT web. (2014年7月25日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=58656 2014年7月26日閲覧。 
  30. ^ “マルシャ、スティーブンスとリザーブ契約”. ESPN F1. (2014年10月3日). http://ja.espnf1.com/marussia/motorsport/story/177467.html 2014年10月3日閲覧。 
  31. ^ “So, CT05 (yes, it is CT05, not CT04) is up and running....”. Caterham F1 Team twitter. (2014年1月28日). https://twitter.com/CaterhamF1/status/428173868118073344 2014年1月28日閲覧。 
  32. ^ a b c d Caterham F1 Team and Caterham Racing Announce 2014 F1 and GP2 Driver Line-Ups”. Caterham F1 team (2014年1月21日). 2014年1月21日閲覧。
  33. ^ “ロッシ、ケータハムF1からの離脱を発表。GP2も”. AUTO SPORT web. (2014年7月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=58379 2014年7月16日閲覧。 
  34. ^ a b “ケータハム、可夢偉に代えロッテラー起用を発表”. AUTO SPORT web. (2014年8月20日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=59232 2014年8月21日閲覧。 
  35. ^ a b “エリクソン、ケータハムとの契約を解消”. ESPN F1. (2014年11月13日). http://ja.espnf1.com/caterham/motorsport/story/183821.html 2014年11月13日閲覧。 
  36. ^ a b “ケータハムの2人目はスティーブンスに決定”. ESPN F1. (2014年11月20日). http://ja.espnf1.com/caterham/motorsport/story/184619.html 2014年11月20日閲覧。 
  37. ^ World Motor Sport Council The final 2013 meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (4 December) in Paris, France.”. 国際自動車連盟 (2013年12月4日). 2013年12月5日閲覧。
  38. ^ World Motor Sport Council A meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (27 September) in Dubrovnik, Croatia.”. 国際自動車連盟 (2013年9月27日). 2013年10月2日閲覧。
  39. ^ オーストリアGPがF1カレンダーに復帰”. AUTOSPORT web (2013年7月23日). 2013年7月25日閲覧。
  40. ^ F1オーストリアGP開催実現に向けて課題山積”. TOPNEWS (2013年7月25日). 2014年1月4日閲覧。
  41. ^ グランプリ開催の認可を受けたオーストリア”. AUTOSPORT web (2014年1月3日). 2014年1月4日閲覧。
  42. ^ インドGP、来季開催はなし。2015年に復活へ”. AUTOSPORT web (2013年7月31日). 2013年7月31日閲覧。
  43. ^ エクレストン氏、2015年タイGP開催を明言”. FMotorsports F1 (2012年12月20日). 2014年1月4日閲覧。
  44. ^ タイ当局も『2015年タイGP』開催を明言”. FMotorsports F1 (2013年3月31日). 2014年1月4日閲覧。
  45. ^ 2014 FIA Formula One World Championship® Race Calendar”. Formuara1.com. 2014年6月6日閲覧。
  46. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 29”. FIA. (2014年5月24日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-06/Formula%20One%20Monaco%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2029.pdf 2014年5月25日閲覧。 
  47. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 24”. FIA. (2014年9月6日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/document24_0.pdf 2014年9月8日閲覧。 
  48. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 40”. FIA. (2014年4月6日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-03/Formula%20One%20Bahrain%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2040.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  49. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 38”. FIA. (2014年5月11日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-05/Formula%20One%20Spanish%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2038.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  50. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 42”. FIA. (2014年11月2日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141102/Formula%20One%20United%20States%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2042.pdf 2014年11月3日閲覧。 
  51. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 44”. FIA. (2014年3月30日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-02/Formula%20One%20Malaysian%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2044.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  52. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 37”. FIA. (2014年4月6日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-03/Formula%20One%20Bahrain%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2037.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  53. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 45”. FIA. (2014年3月30日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-02/Formula%20One%20Malaysian%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2045.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  54. ^ “FIA Stewards Decision - Document No.37”. FIA. (2014年8月24日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/Document37.pdf 2014年8月26日閲覧。 
  55. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 36”. FIA. (2014年7月20日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-10/Formula%20One%20German%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2036.pdf 2014年7月25日閲覧。 
  56. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 40”. FIA. (2014年11月2日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141102/Formula%20One%20United%20States%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2040.pdf 2014年11月3日閲覧。 
  57. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 51”. FIA. (2014年11月2日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141103/Formula%20One%20United%20States%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2051_0.pdf 2014年11月3日閲覧。 
  58. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 34”. FIA. (2014年3月29日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-02/Formula%20One%20Malaysian%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2034.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  59. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 26”. FIA. (2014年4月5日). http://184.106.145.74/f1-championship/f1-2014/f1-2014-03/Formula%20One%20Bahrain%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2026.pdf 2014年5月13日閲覧。 
  60. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 43”. FIA. (2014年10月12日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141012/Formula%20One%20Russian%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2043.pdf 2014年10月13日閲覧。 
  61. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 50”. FIA. (2014年11月2日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141103/Formula%20One%20United%20States%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2050.pdf 2014年11月3日閲覧。 
  62. ^ “FIA Stewards Decision - Document No. 41”. FIA. (2014年11月2日). http://www.fia.com/sites/default/files/championship/documents/20141102/Formula%20One%20United%20States%20Grand%20Prix%202014%20Document%20-%2041.pdf 2014年11月3日閲覧。 
  63. ^ [1]