メインメニューを開く

ポイントと賞金総額編集

ポイント配分編集

シニア編集

種目 W F SF QF 4回戦 3回戦 2回戦 1回戦 Q Q3 Q2 Q1
男子シングルス[1] 2000 1200 720 360 180 90 45 10 25 16 8 0
男子ダブルス[1] 0 N/A N/A N/A N/A N/A
女子シングルス[2] 1300 780 430 240 130 70 10 40 30 20 2
女子ダブルス[2] 10 N/A N/A N/A N/A N/A


ジュニア編集

種目 W F SF QF 2回戦 1回戦 Q Q3
男子シングルス 375 270 180 120 75 30 25 20
女子シングルス
男子ダブルス 270 180 120 75 45 N/A N/A N/A
女子ダブルス N/A N/A N/A

賞金総額編集

今大会の賞金総額は4630万ドルであり、シングルスの優勝者には350万ドルが授与される。

Event W F SF QF Round of 16 Round of 32 Round of 64 Round of 128 Q3 Q2 Q1
シングルス $3,500,000 $1,750,000 $875,000 $450,000 $235,000 $140,000 $77,188 $43,313 $16,350 $10,900 $5,606
男女ダブルス $625,000 $310,000 $150,000 $75,000 $40,000 $24,500 $15,141 N/A N/A N/A N/A
混合ダブルス $150,000 $70,000 $30,000 $15,000 $10,000 $5,000 N/A N/A N/A N/A N/A

またエミレーツ全米オープンシリーズの上位3名にはボーナスチャレンジの権利が与えられる。男子では1位の錦織圭が準決勝敗退により25万ドルを獲得。女子はアグニエシュカ・ラドワンスカが4回戦敗退で7万ドル獲得にとどまった。

種目編集

シニア編集

男子シングルス編集

ワウリンカは初優勝である。2014年全豪オープン2015年全仏オープンに続く4大大会3勝目を挙げた。

女子シングルス編集

ケルバーが全豪に続きグランドスラム2勝目を挙げ、大会終了後に初の世界ランキング1位になった。セリーナ・ウィリアムズは準決勝でプリスコバに敗れ2年連続で決勝進出を逃し、186週連続で在位した世界ランキング1位の座を明け渡した。

男子ダブルス編集

女子ダブルス編集

混合ダブルス編集

放送編集

アメリカでは2年連続でESPNで放送。一部ではESPN2や11のコートではESPN3で米国内のみでかつプロバイダ加入者限定で配信されている。

アメリカ以外では世界200カ国・地域にて放送。ヨーロッパではユーロスポーツ、日本ではWOWOWで放送された。

出典編集

脚注編集

  1. ^ a b Rankings explained”. atpworldtour.com. 2013年2月25日閲覧。
  2. ^ a b Rankings explained”. WTA. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク編集