メインメニューを開く

2017年千葉市長選挙(2017ねんちばしちょうせんきょ)とは、日本地方自治体である千葉市執行機関である千葉市長を選出するために執行された選挙で、2017年5月28日に投開票が行われた[1]

2017年千葉市長選挙
2013年 ←
2017年5月28日 (2017-05-28)
→ 2021年

投票率 29.07%
 
候補者 熊谷俊人 大野隆
政党 無所属 無所属
得票数 182,081 41,870
得票率 81.3% 18.7%

選挙前市長

熊谷俊人
無所属

選出市長

熊谷俊人
無所属

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

目次

概要編集

現職の熊谷俊人(現在3期目)の任期満了に伴う選挙[2]

届け出順に、無所属現職の熊谷俊人・無所属新人で日本共産党千葉県中部地区委員会准地区委員の大野隆、以上2名の一騎打ちとなった。

この選挙は、改正された公職選挙法において、選挙権が20歳から18歳に引き下げられてから、3例目の政令指定都市での市長選となる(初めての選挙は同年4月開催の名古屋市長選挙)。

選挙データ編集

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2017年5月14日

投票日編集

選挙の争点編集

[3]

  • 2期8年の熊谷市政への是非。
  • 借金である市債残高が1兆円を超える市の財政再建。
  • 子育て世代や高齢者などに対する福祉政策。

立候補者編集

[4]

  • 無所属で現職・熊谷俊人(39)
  • 無所属(共産推薦)で共産党県中部地区委員会職員・大野隆(48)

選挙結果編集

投開票の結果、現職・熊谷が新人・大野を破り3選[5]。熊谷は初回・前回の選挙で自身が記録した歴代最高得票数を2度更新し得票数182,081で、大野を圧倒。

なお、投票率は29.07%で、過去2番目に低い水準となった[6]

得票数編集

  • 熊谷俊人 無現 182,081票 
  • 大野隆 無新 41,870票

出典編集