二十一世紀歌舞伎組(にじゅういっせいきかぶきぐみ)は、三代目市川右團次を座長とする歌舞伎集団である。21世紀歌舞伎組とも表記する。

概要編集

当集団は1988年(昭和63年)、三代目市川猿之助を主宰、猿之助一門の若手を構成員として結成された。

結成する時に三代目猿之助が念頭に置いたのは、バレエダンサーモーリス・ベジャールのつくった二十世紀バレエ団である。ベジャールは、自分がダンサーを引退した後に、自分の腕を自由にふるえる場として、このバレエ団をつくった。猿之助は、ベジャールにならって、自分の手足となる一座をもとうと組んだのだった。1989年にパルコ劇場で「伊吹山のヤマトタケル」を再演する際、劇場側の要請で猿之助が団より小さい「組」として名付けた[1]

1988年に、梅原猛原作を構成した『伊吹山のヤマトタケル』を初演し、好評ののちの再演した時に、猿之助から「二十一世紀歌舞伎組」と名づけられた。『ヤマトタケル』や二作目にあたる三上於菟吉原作、横内謙介台本の『雪之丞変化2001年』などスーパー歌舞伎的な演目から出発したが、それに留まらず古典演目まで幅広く活動している。毎年公演する東京渋谷PARCO劇場だけでなく全国公演も行っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」

外部リンク編集