メインメニューを開く

30』(さんじゅう)は、日本のミュージシャン奥田民生の2枚目のアルバムである。1995年12月1日発売。発売元はソニーレコーズ

30
奥田民生スタジオ・アルバム
リリース
録音 -
Green Bird Suginami Studio
ソニーミュージック信濃町スタジオ
サウンドインスタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル Sony Records
プロデュース 奥田民生
アンディ・スターマー
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 登場回数9回(オリコン)
奥田民生 アルバム 年表
29
1995年
30
1995年
FAILBOX
1997年
『30』収録のシングル
  1. コーヒー
    リリース: 1995年5月21日
  2. 悩んで学んで
    リリース: 1995年10月1日
テンプレートを表示

概要編集

前作『29』からわずか9ヵ月後にリリースされたソロ2作目。タイトルの由来は自身が当時30歳であったことから。本来ならばシングル「悩んで学んで」と同じ1995年10月1日に発売される予定だったが、ジャケットの映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョン・トラボルタのパロディにクレームがつき、発売延期になってしまった。替わりのジャケット撮影(『29』のセルフ・パロディ)も行ったが、結局は最初の案を写真ではなくイラストにすることで解決し、2ヵ月後に発売された。

収録曲は『29』のそれと同時期に制作されており、レコーディングも『29』のニューヨークでの作業が終わってすぐツアーメンバーとともに日本で行われ、アルバム発売前のライブツアー「tour“29-30”」において既に何曲かは披露されていた。奥田曰く「前作が暗かったのでライブでのバランスをとるため明るい曲が多くなった」とのこと。

ジャケットには11曲しか記載されていないが、12曲目にシークレット・トラックとしてボビー・ヘブの代表曲、「Sunny」のカバーが収録されており、歌詞カードにもこっそりと曲名と歌詞が記載されている。しかしCDのレーベル面には普通に「12. Sunny(作詞・作曲:ボビーヘブ)」と記載されている。

2007年12月19日に完全生産限定盤、紙ジャケット仕様で再発。

収録曲編集

  1. 人間2 (4:03)
    (作詞・作曲:奥田民生)
    『29』収録の「人間」とは曲調も歌詞もまったく異なる。「tour“29-30”」のオープニングナンバー。
  2. 103 (3:12)
    (作詞・作曲:奥田民生)
    タイトルの由来は前作の「674(むなしい)」のように「とーさん」と読むわけではなく、歌詞の「ピ」の数を数えたら103個だったことから。
    NHKポップジャム」エンディングテーマ曲。
  3. トリコになりました (3:04)
    (作詞・作曲:奥田民生)
    ライブで先行披露されたときは「ハニー」というタイトルだったらしく、映像作品『tamio okuda TOUR“29-30”』のVHS版の表記は「ハニー」になっている(DVD版では修正されている)。アーティストの意向により変更された旨の注意書きが封入されていた。
  4. コーヒー (5:11)
    (作詞・作曲:奥田民生、アンディ・スターマー)
    先行シングル。
  5. たばこのみ (3:52)
    (作詞・作曲:奥田民生)
  6. Hey! Mountain (3:48)
    (作詞・作曲:奥田民生、アンディ・スターマー)
  7. つくば山 (4:04)
    (作詞・作曲:奥田民生)
  8. 人の息子 (3:58)
    (作詞・作曲:奥田民生)
    シングル「コーヒー」のカップリング。
  9. MADONNA de R. (3:37)
    (作詞・作曲:奥田民生)
  10. 悩んで学んで (5:49)
    (作詞・作曲:奥田民生、アンディ・スターマー)
    先行シングル。
  11. 厳しいので有る (5:15)
    (作詞・作曲:奥田民生、アンディ・スターマー)
  12. SUNNY (13:30)
    (作詞・作曲:ボビー・ヘブ)
    9分55秒の無音の後に曲が始まる。ジャケットには表記がないが、CD盤面にタイトル等が書かれている。

参加ミュージシャン編集