河合誠一マイケル

日本のドラマー、パーカッショニスト、音楽プロデューサー

河合 誠一マイケル(かわい せいいちマイケル、1957年[1] - )は、日本ドラマーパーカッショニスト音楽プロデューサー

ソニー・ミュージックエンタテインメントSDグループ副本部長兼CPグループCPワークス・チーフプロデューサー。

本名同じ[2]

マイケル河合[注 1]河合マイケル[3]マイケル鼻血[注 2]ユンケル鼻血[要出典]などの表記もあり。

人物編集

アメリカ合衆国マサチューセッツ州生まれ[1]

両親ともに日本人だが、アメリカでの学生結婚で生まれたため、同国の国籍と「マイケル」の名を持つ[2]

1975年上智大学経済学部経済学科入学[3]

在学中にザ・スクェアなどのドラマーとしてバンド活動を行なう[4]

1979年[1]、大学卒業と同時に[5]CBS・ソニーへ入社[1][5]

1981年ジャズの制作[1]1983年から[1]大瀧詠一を担当[1][6]

その後、プリンセス・プリンセス[1][7]ユニコーン[1]ピチカート・ファイヴ[1][8] などのアーティストのプロデュースを手掛ける。

ユニコーン(アルバム『SPRINGMAN』ではレコーディング途中に脱退した川西幸一の代役も兼務)、過去在籍したT-SQUAREでは、周年単位の特別ライブに参加する(2004年以降)等、担当アーティストのサポートミュージシャンとして活動することもある[要出典]

ドラムの腕については、音楽プロデューサーの伊藤八十八(ザ・スクェアの初代プロデューサーでもあった)が「国内でも5本の指に入る」と高く評価していた[9]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ THE SQUARE(T-SQUARE)での表記。
  2. ^ ユニコーンでの表記。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j デビュー虎の巻 講師:マイケル河合”. ウタレン -歌練道場♪オンライン. 2019年2月2日閲覧。
  2. ^ a b ソフト研究会 1990, p.74。
  3. ^ a b ソフト研究会 1990, p.73。
  4. ^ ソフト研究会 1990, p.76。
  5. ^ a b ソフト研究会 1990, p.77。
  6. ^ ソフト研究会 1990, pp.79-80。
  7. ^ ソフト研究会 1990, pp.80-82。
  8. ^ ソフト研究会 1990, p.87。
  9. ^ (2007年 (2007)) NANIWA EXPRESS『NANIWA EXPRESS BOX 〜SONY MUSIC YEARS』のアルバム・ノーツ [Booklet]. SONY MUSIC DIRECT ⁄ GT music (MHCL-1070).

参考文献編集

  • ソフト研究会 編集「ディレクターを務めるいまでも現役ミュージシャン気分 河合マイケル氏」 『ディレクターの仕事がおもしろい レコード業界/第一線ディレクター15人に聞く。』ビクター音楽産業、1990年1月20日、73-87頁。ISBN 4893890174 

外部リンク編集