60 Minutes』(シックスティー ミニッツ)は、アメリカCBSテレビが放送するドキュメンタリーテレビ番組

製作者 ドン・ヒューイット
アメリカ合衆国
シーズン数 43 (as of 2011)
製作総指揮 ジェフ・フェイガー
放送時間 42分 (CM含まず)
製作会社 CBS News Productions
CBSプロダクション
放送局 CBS
映像 480i (SDTV)
1080i (HDTV)
放送期間 1968年9月24日 (1968-09-24) – present
ウェブサイト

目次

概要編集

放送開始は1968年。放送40年を超える長寿番組である。アメリカでもっとも人気のあるテレビニュースショーであり、ニュースショーの中で唯一エーシーニールセン社の年間平均視聴率調査のトップに立った実績がある[1]日本においては後述の通りTBSニュースバード及びAFN-TVにおいて放映されている。

60分の中で3つのテーマを取り上げる「マガジン・スタイル(ニューズマガジン)」の番組で、それを意識してか画面いっぱいの「表紙」を背にしてスタジオコーナーは収録される。

出演者・スタッフ編集

  • マイク・ウォレス(Mike Wallace 、名誉記者 2012年4月7日死去[2]
  • モーリー・セイファー(Morley Safer 、記者・編集人)
  • エド・ブラッドリー(Ed Bradley 、記者・編集人 2006年11月死去)
  • スティーブ・クロフト(Steve Kroft 、記者・編集人)
  • ボブ・サイモン(Bob Simon 、記者)
  • レスリー・ストール(Lesley Stahl 、記者・48 Hoursアンカー)
  • アンディ・ルーニー(Andy Rooney 、記者・コラムニスト 2011年11月4日死去)
  • ジェフ・フェーガー(Jeff Fager 、プロデューサー)

マイク・ウォレスは番組開始当時から出演していたが、2006年に引退(以降は名誉記者となり、2012年に死去)。マイク・ウォレスとともに番組開始当時出演していたハリー・リーゾナー1991年に亡くなっている。かつてはダン・ラザーも出演していた(1975年 - 1981年)。また、彼が最後に出演した番組上では「グッドナイト・グッドラック」と代々続く言葉で締めくくったという。

『60 Minutes』の番組の創始者は、ドン・ヒューイット。ドン・ヒューイットは2004年6月をもって降板し、後任としてジェフリー・フェーガーが、『60 Minutes』のエグゼクティブ・プロデューサーになる。

60 Minutes II編集

1999年に『60 Minutes』の姉妹版となる『60 Minutes II』が放送開始(2005年に『60 Minutes Wednesday』に改称)。2003年に番組内でアメリカ軍による「イラク人虐待問題」をスクープ。

2005年9月に放送を終了した。終了の主たる理由はジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑報道であり、取材したダン・ラザーはCBSから去っている。出演者やスタッフは『60 Minutes』に合流している。

日本国内での放送編集

日本では1988年10月から2010年3月まで、TBSなどで『CBSドキュメント』の番組内で放送されていた。2009年の時点で水曜日の深夜(木曜日の未明)の時間帯に放送。司会はピーター・バラカン吉川美代子だった。
2010年4月以降は、CS・ケーブルテレビ局で放送されるニュース専門チャンネルTBSニュースバードで『CBS60ミニッツ』として放送が継続されたが、2014年3月をもって終了した。放送時間は毎週水曜日23:00 - 23:45。司会はピーター・バラカンが前番組から続投したほか、新たに黒木奈々が担当した。

また、AFN内総合チャンネルAFN|prime PACIFICでも毎週月曜日の19:00 - 20:00まで放送されている。

日本の放送業界への影響編集

『60 Minutes』は日本の報道番組にも影響を与えており、1974年4月1日に『ニュースセンター9時』(NHK)を深夜プライム枠にてワイドニュースショーとして開始。1980年代に入り、民放キー局が「報道元年」と位置付け報道ワイド番組を編成するようになり、1980年に『JNN報道特集』(TBSテレビ)、『TV・EYE』(日本テレビ)、が『BIG NEWS SHOW いま世界は』(テレビ朝日)等がスタートした。この下地は当番組を踏襲したとされている[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 4度、年間首位に立っている。1980・81年、83・84年、92・93年、93年・94年である。
  2. ^ “マイク・ウォーレス氏死去 「60ミニッツ」看板記者”. 朝日新聞. (2012年4月9日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0409/TKY201204080260.html 2012年4月25日閲覧。 
  3. ^ NHKアーカイブスカタログ1980-84

外部リンク編集