メインメニューを開く

JNN報道特集』(ジェイエヌエヌほうどうとくしゅう)は、1980年10月4日から2008年3月30日までTBS (JNN) 系列で放送された報道ドキュメンタリー番組である。通称は、後継番組の『報道特集NEXT』から改題し、その番組名として2010年4月3日から用いられている「報道特集」。略称は「報特」。

JNN報道特集
ジャンル 報道ドキュメンタリー番組
出演者 料治直矢
田畑光永
小島康臣
小川邦雄
堀宏
蟹瀬誠一
阿川佐和子
田丸美寿々
岩城浩幸
池田裕行 ほか
(「メインキャスター」参照)
制作 TBSJNN
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
開始から1982年3月まで
放送期間 1980年10月4日 - 1982年3月27日
放送時間 土曜日22:00 - 22:55
放送分 55分
1982年4月から1985年4月14日まで
放送期間 1982年4月4日 - 1985年4月14日
放送時間 日曜日18:00 - 18:55
放送分 55分
1985年4月21日から2000年4月9日まで
放送期間 1985年4月21日 - 2000年4月9日
放送時間 日曜日18:00 - 18:54
放送分 54分
2000年4月16日から終了まで
放送期間 2000年4月16日 - 2008年3月30日
放送時間 日曜日17:30 - 18:24
放送分 54分
テンプレートを表示

概要編集

時事問題を様々な観点から分析。時に政治家経済評論家らをスタジオに呼び、より詳しくニュースを解説した。“報道のTBS”の原点を築いた番組としても位置づけされる。

芸能にもかかった時事的な話題もしばしば取り上げられることがあったが、芸能の話題がこの番組で取り上げられる事は少なかった。ただし、放送前日・当日に大きな事件が起こった場合には急遽放送内容を切り替え、通常のニュースショーと同じ形態での放送となる場合もあった。

番組専属のスタッフの取材以外にも、JNN系列局やTBSの記者や別番組(『JNNニュースの森』など)の取材も放送していた。

放送開始から2003年までは、番組テーマ曲にゲームミュージックのような、シンセサイザーを使ったテクノ調なサウンドが使用されていた。

オープニング映像編集

放送開始当初はアニメーションを用いていた。橙色の線が左から右へ伸長して上部からは紫色の線が注ぎ、「報道特集」が下部から出現して1度明滅後に文字タイトルの「JNN報道特集」が完成する。下部橙色の線は1度明滅後に画面奥へ収縮し上下から四角い世界地図が右斜めに広がり、タイトルは中央から左へ遷移する。映像が変わると丸い地球が変形した状態でゆっくりと広がり、中心にスタジオ映像が穴を埋めるように拡大する。

1990年代からはCGを採用していた。(前述のアニメーションをCG用に作り直したもの)黒い背景に左から右へ紫色のジグザク線が出現して上からは青い渦が降り注ぎ、下部からは「報道特集」に続き「JNN」が出現して文字タイトルの「JNN報道特集」が完成する。タイトルは拡大して左側へ縮小移動し、ジグザグ線は伸長して右側へ消滅するが、同時に上下から四角い世界地図が回転しながら紫色の棒が右から左へ伸長する。次にタイトルは中央から左側へ高速移動し、四角い世界地図は上下方向へ縮小消滅、紫色の棒は90度回転して中央から画面前面へ消滅する。同時にスタジオ映像が拡大される。

1994年10月からは色合いはほぼ以前のものと同じ感じで、「JAPAN NEWS NETWORK」の文字が流れ込み、地球をバックに「報道特集」の文字が形成され、その後に画面右から「JNN」の文字が滑り込むように出てくるCGに変わった。なお、このCGからテーマソングとオープニングが10秒に短縮された。(2003年9月まで使用)

2003年10月からは人のシルエットと英単語が表示され、「報道特集」のロゴと、その上に「JAPAN NEWS NETWORK」の文字が形成されるというものになった。

放送時間帯の変遷編集

スタート当初は毎週土曜日の22:00 - 22:55(以下、全てJST)であったが、後に、1982年4月から毎週日曜日の18:00 - 18:55(1985年4月以降は1分縮小して18:00 - 18:54)に移行。2000年4月からは18:30にドキュメンタリー番組枠が設置されたことから30分繰り上がり、17:30 - 18:24の放送になった。

CS放送TBSニュースバードでも2日遅れの火曜日の21:00 - 22:00に放送(ただし『ザ・プロ野球』放送日は再放送なし)。

2007年4月16日からはBSデジタル放送BS-i (現:BS-TBS)でも1日遅れの月曜日の20:00 - 20:54に放送された(2008年3月10日終了)。

放送時間が毎週土曜日22:00 - 22:55であった時期は、1981年のポーランド民主化運動を放送した回は世界的なスクープであるにもかかわらず視聴率は2%前後であった。初代アンカーマンの北代淳二は自らの意見を述べないスタイルを貫いたが、料治直矢に替わった。以降キャスターが自身の意見を述べるという、日本の民間放送における報道の方向性が変化した。

後に放送時間が毎週日曜日18:00 - 18:55(→18:54)へ移行した。1982年8月毎週末の台風報道、1983年1月の中川一郎変死スクープ報道、さらにフィリピンのベニグノ・アキノ暗殺事件においては20%強の視聴率を得、内外からも注目されて一時は時代の寵児的報道番組とも評された。

1994年、田丸美寿々がテレビ朝日より移籍してメインキャスターを務め、料治直矢は休養に伴い降板する(後に逝去する)。

2000年4月、放送時間が30分繰り上がり17:30 - 18:24となる。

2003年秋季にタイトルロゴとテーマ音楽やスタジオセットを刷新、番組スタッフを大幅に入れ替え、岩城浩幸キャスターも降板して大きく改変する。時代にあったテーマを掘り下げて北朝鮮問題や国内の社会テーマを中心に他の報道番組では取り上げていないスクープを連発し、2004年には報道番組における数少ない視聴率10%超の番組となった。以降、いわゆるヒューマンドキュメンタリーの類はほとんど扱わず、逆に他の報道番組では取り挙げられないテーマに対しても果敢に挑み、系列局のエース記者やディレクターも多くを制作する。

2008年4月の改編で土・日の17時・18時台が枠再編されるのに伴い、同年3月30日放送分をもって同タイトルでの放送を終了。同年4月5日からは『報道特集NEXT』と題して毎週土曜 17:30 - 18:50に放送されるようになった。『報道特集NEXT』内では、それまで放送されてきた『JNNイブニング・ニュース』に替わる土曜日夕方のJNNニュース枠を挿入する形の編成となった。

立ち退いた跡の2008年4月6日以降は、17:00 - 17:30は毎日放送制作のアニメ番組枠に、17:30 - 17:55は『JNNイブニング・ニュース[1]』が30分繰り下がり枠移動、18:00 - 18:30は日曜23:30から放送されていた『世界遺産』が『THE世界遺産』と改題して移行されそれぞれ放送されている。

2010年4月3日からは、当番組開始から満30年を迎えるにあたり、番組名も『報道特集NEXT』から両番組の通称であった『報道特集』へと再改題した。放送時間・内容は『報道特集NEXT』と同じである。

期間 放送時間(日本時間
1980.10.04 1982.03.27 土曜日 22:00 - 22:55(55分)
1982.04.04 1985.04.14 日曜日 18:00 - 18:55(55分)
1985.04.21 2000.04.09 日曜日 18:00 - 18:54(54分)
2000.04.16 2008.03.30 日曜日 17:30 - 18:24(54分)

放送局編集

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 IBC岩手放送 1995年6月22日までの局名は『岩手放送』
宮城県 東北放送
山形県 テレビユー山形 1989年10月開局から
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列(当時)
放送開始から1982年3月まで[2]
テレビユー福島 TBS系列 1983年12月開局から[3]
新潟県 新潟放送
富山県 チューリップテレビ 1990年10月開局から
1992年9月までの局名は『テレビユー富山』
石川県 北陸放送 1982年10月3日から[4]
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送
島根県鳥取県 山陰放送
岡山県・香川県 山陽放送 現・RSK山陽放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1987年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
愛媛県 あいテレビ 1992年10月開局から
2002年9月までの局名は『伊予テレビ』
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

歴代出演者編集

歴代キャスター編集

期間 メイン格 メイン格以外
1980.10.4 1982.9 北代淳二
※アンカーマン
料治直矢田畑光永小島康臣
※キャスターリポーター
1982.10 1986.9 田畑光永 小川邦雄、料治直矢
1986.10 1987.9 堀宏 小川邦雄1
1987.10 1991.9 料治直矢 堀宏、小川邦雄
1991.10 1992.9 蟹瀬誠一
1992.10 1994.10.30 阿川佐和子
1994.11.6 1997.2 田丸美寿々吉岡攻2
1997.3 1998.9 田丸美寿々3 吉岡攻2
1998.10 2003.9 岩城浩幸池田裕行、吉岡攻2
2003.10 2008.3.30 (不在)

  • 1 料治の『ネットワーク』担当に伴う変更。
  • 2 不定期に出演。
  • 3 後継番組『報道特集NEXT』→『報道特集』も続投。

備考

  • 開始当初は、北代をアンカーマンに、料治・田畑・小島のキャスターリポーター体制だった。
  • 料治は、同局平日深夜のニュースを担当したため一時降板。小川も1988年10月から1年間、平日深夜の『JNNニュースデスク'88・'89』を担当していたが、当番組を降板することなく1991年10月まで出演した。

ナレーター編集

スクープとなった報道編集

問題となった報道内容編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年4月4日からは『Nスタ』として放送。
  2. ^ 『福島民報』1980年10月4日 - 1982年3月27日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『福島民報』1983年12月4日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『北國新聞』1982年10月3日付朝刊テレビ欄。
  5. ^ 三好和昭「報道特集『アキノ白昼の暗殺』 特ダネは一日にして成らず」日本民放クラブ『民放くらぶ』第101号 pp.15-18
  6. ^ 鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編『放送法を読みとく』p.84 2009年 商事法務
  7. ^ Chelation trial for heart disease under fire - health - 11 July 2008 - New Scientist
  8. ^ 自閉症と水銀中毒について―キレート療法は有効か

参考文献編集

  • 「武骨の人料治直矢」 滝井宏臣/著(講談社)
  • 「テレビ報道 『報道特集』の現場から」/ 堀宏/著(サイマル出版会)
  • 「テレビ ヒット番組のひみつ 「ジェスチャー」から「おしん」まで」(志賀信夫/著)、日本放送出版協会(1984年の書籍のため、初期についてのみ。台風が番組の視聴率アップの一因となった等記載)

関連項目編集

外部リンク編集

TBS系列 土曜22時台
前番組 番組名 次番組
雪姫隠密道中記
【ここまでMBS制作枠】
JNN報道特集
(1980年10月 - 1982年3月)
【ここからTBS制作枠】
ザ・サスペンス
※21:02 - 22:55
TBS系列 日曜18時台
ヤングおー!おー!
※17:30 - 18:25
(日曜13時台に移動して継続)
【ここまでMBS制作枠】
ミニ番組
※18:25 - 18:30
JNNニュースコープ
※18:30 - 18:50
(60分繰り上げて継続)
ミニ番組
※18:50 - 18:55
JNN報道特集
(1982年4月 - 2000年4月)
JNN報道特集
※17:30 - 18:24
いのちの響
※18:24 - 18:30
(31分繰り上げ)
ニッセイワールドドキュメント未来の瞳
※18:30 - 19:00
TBS系列 日曜17:30 - 18:24枠
JNNニュースの森
(30分繰り上げて継続)
※17:30 - 17:55
ミニ番組
※17:55 - 18:00
JNN報道特集
※18:00 - 18:54
JNN報道特集
(2000年4月 - 2008年3月)
JNNイブニング・ニュース
※17:30 - 17:55
(30分繰り下げ)
あすのそら色
※17:55 - 18:00
(30分繰り上げ)
THE世界遺産
※18:00 - 18:30
(日曜23時台後半枠から移動)