メインメニューを開く

ACE(エース、1990年3月17日[1] - )は、日本で活動するヒップホップMC。所属レーベルは戦極CAICA。芸能事務所「プラチナムプロダクション」とマネージメント提携している[1]

ACE
生誕 (1990-03-17) 1990年3月17日(29歳)
出身地 ブラジル
ジャンル ヒップホップ
活動期間 2009年 -
レーベル 戦極CAICA
事務所 プラチナムプロダクション[1]
公式サイト Ace Official Blog

クラーク記念国際高等学校パフォーマンスコース卒業。

来歴編集

ブラジルに生まれ、3歳の時に父親が仕事をしていた日本移住し、その後東京都新宿区で育つ。日本育ちのブラジル人である。

高校生の時に現在のSound LuckのメンバーのHIDEと出会う。HIDEがきっかけでMCバトルの存在を知り、18歳頃からクラブに出入りするようになり、MCバトルやライブの活動を始める。その後HIDEとSound Luckを結成。MCバトルにおいてはB-BOY PARK MC BATTLE U-20、UMB2013 REVENGE、戦極 MCBATTLE等の大会、優勝も果たしている。2015年では年間11大会優勝という快挙を成し遂げている。

渋谷金曜日に自主的に行っている渋谷サイファーの主催者でもある。2015年9月23日、ソロデビューアルバムとなる『STRAIGHT』を発売。

2016年ではリオのオリンピックのCMソングで抜擢され主演ネイマール、ラップACEというオフィシャルCMが公開された。

フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)では隠れモンスターで出演。ライブ出演に加え審査員をステージにあげさせラップバトルを仕掛けるなど視聴者が喜ぶ展開を巻き起こした「山下新治」と同一人物と言われているが、本人は否定している。モンスター総入れ替えが行われた4th seasonから正式にモンスターとして出演。

人物編集

日本のアニメに子供の頃から影響を受けており、アニメがなかったら今の自分のラップはほぼないようなものと述べている[2]。小学生時代に『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(テレビ東京)のオープニング曲である下町兄弟の「WAR WAR! STOP IT」が学校内で流行った際はラップパートを歌えたACEがラップパートを担当したことがラップを始めたきっかけだったとも述べている。『学校へ行こう!』のコーナー「B-RAPハイスクール」で本格的にラップに興味を持ち、その後KICK THE CAN CREWRIP SLYMEを聴いてヒップホップと出会う[2]。小学生の頃から一人でずっとフリースタイルラップをしていたという。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONにも非常に影響を受けたと語っており、1枚目のソロ・アルバム『STRAIGHT』ではASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル、後藤正文を客演に迎えている。ASIAN KUNG-FU GENERATIONに対する想いとラップでカバーした音源をメンバー達に送ったことがきっかけになったという[3]

ポルトガル語も話すことができる[4]

2017年10月14日放送のフジテレビ系ドラマ「世にも奇妙な物語’17秋の特別編」の"フリースタイル母ちゃん"に出演した中山美穂にラップの指導をしている[5]

作品編集

アルバム編集

枚数 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2015年9月23日 STRAIGHT -位 CD -
2 2016年12月7日 LIGHT DOWN -位 CD -

EP編集

枚数 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2016年3月16日 #カワイイ子 -位 CD -

DVD編集

枚数 発売日 タイトル 販売形態 規格品番
1 2016年3月16日 ACEのフリースタイルMAP! Vol.1 東京イベント潜入編! DVD -

メディア出演編集

  番組内のコーナーである「The 美食遺産」のナ      ビゲーターを度々務めている。

脚注編集

外部リンク編集