家、ついて行ってイイですか?

家、ついて行ってイイですか?』(いえ、ついていっていいですか?)は、テレビ東京で放送されているバラエティ番組

家、ついて行ってイイですか?
ジャンル バラエティ番組
企画 高橋弘樹
演出 古東風太郎
出演者 ビビる大木
矢作兼おぎやはぎ
鷲見玲奈
製作
プロデューサー 重定菜子、朝比奈諒
越山進(CP
制作 テレビ東京
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2014年1月6日 - 1月27日
放送時間 月曜日 23:58 - 翌0:45
放送枠 ソコアゲ★ナイト
放送分 47分
回数 4
番組HP
レギュラー放送(第1期)
放送期間 2014年1月6日 - 1月27日
放送時間 月曜日 23:58 - 翌0:45
放送枠 ソコアゲ★ナイト
放送分 47分
回数 4
レギュラー放送(第2期)
放送期間 2015年10月3日 - 2016年3月26日
放送時間 土曜日 23:55 - 翌0:50
放送分 55分
回数 27
レギュラー放送(第3期)
放送期間 2016年4月16日 - 2017年3月18日
放送時間 土曜日 19:54 - 20:54
放送分 60分
レギュラー放送(第4期)
放送期間 2017年4月19日 - 2018年1月24日
放送時間 水曜日 21:00 - 22:48
放送分 108分
レギュラー放送(第5期)
放送期間 2018年2月7日 - 3月21日
放送時間 水曜日 21:00 - 21:54
放送分 54分
レギュラー放送(第6期)
放送期間 2018年4月4日 - 2020年9月23日
放送時間 水曜日 21:00 - 22:00
放送分 60分
レギュラー放送(第7期)
放送期間 2020年10月7日 -
放送時間 水曜日 21:00 - 22:54
放送分 114分

特記事項:
ゴールデン進出後も不定期で深夜に放送する場合がある。
テンプレートを表示

概要編集

2014年1月6日から1月27日まで『ソコアゲ★ナイト』月曜枠でレギュラー第1期が放送され、2015年10月3日から土曜23:55 - 翌0:50枠でレギュラー第2期が開始された[1]

2014年12月7日の放送回(特番)が、平成27年日本民間放送連盟賞・テレビエンターテインメント部門の最優秀賞を受賞[2]する。

2016年4月からゴールデンタイムに昇格し、土曜19:54 - 20:54へ移動[3]した。当該時間帯は全編ローカルセールス枠であるため枠移動後の系列局の放送は、同時ネット、遅れネット、3月を以て打ち切り、のいずれかになった。テレビ東京の土曜20時台で1時間のレギュラー番組が放送されるのは、1985年10月12日から1986年3月まで放送されていた『どっきりカメラUSA』以来30年ぶりである。

2016年6月25日から3週間と10月1日から2週間は『土曜スペシャル』が1時間拡大で放送されるため、土曜0:52 - 1:23(金曜深夜)へ臨時で枠を移動し放送時間を短縮して放送した。

2017年4月4日から、毎週火曜日4:00 - 4:15に「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」が開始された。

2017年4月15日から『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』が開始し、本番組は水曜21:00 - 22:48へ移動して放送時間を48分拡大し、2時間番組として編成された[4][5]

2018年2月7日から水曜21:54 - 22:48に『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』を編成するため当番組は水曜21:00 - 21:54に縮小された。これにより『水曜ミステリー9(第2期)』から続いてきた水曜21:00 - 22:48の2時間枠が廃止され、2011年9月以来6年5か月ぶりに1時間枠ずつの2番組へと分割されることになった。また、水曜21時台で1時間のバラエティ番組が編成されるのは、『料理の怪人』以来、約7年ぶりとなる。

2020年10月から放送時間を54分拡大し、水曜21:00 - 22:54の2時間番組として編成された[6]

内容編集

街頭で「家、ついて行ってイイですか?」と番組ディレクターが声をかけ、同意を得られた人の帰宅路に同行し、住居を訪問してインタビューする。番組出演の可否を確認する過程で『番組スタッフは腕章と身分証を提示しており、金銭を要求する事は無い』と字幕で表示される。帰宅先が遠距離でも距離を問わず同行する[注 1]

同行ビデオの終盤、CM前、エンドロール、にそれぞれビートルズの「レット・イット・ビー」が流される。本番組のプロデューサー・演出である高橋弘樹は、「ありのままの出演者の人生を番組側が肯定する」という意味からレット・イット・ビーを採用したと述べている。当番組は主にレット・イット・ビー、「悲しくてやりきれない」の2曲のみしか使用されておらず、出演者のありのままを放送するという演出から、一切ナレーションも使用していない。

2019年1月1日の3時間半スペシャルでは、番組初の一部生放送を行った。

高橋弘樹は、「100年後の研究者が平成という時代を知ろうとしたとき、生活スタイルや生き様、人生観は記録に残らない。柳田国男が当時の農村の生活や風習、思考を脚色無く書いた遠野物語のように、当番組は平成版の遠野物語を目指したい」と述べ、脚色無く描くことに対しては「テラスハウスとは対極にある番組」、「地味で平凡な普通の人の人生譚を見る、リアリティに拘る」とも述べている。 そのため、街を行き交う人々や看板、出演者の家にある私物や画面の映り込みからも時代を感じるよう、ほぼ同行ビデオにはモザイク処理をしない演出である。但し、出演者が若い女性の場合のみ、住居の外観にはモザイク処理がされている。また、男性出演者がフルネームテロップなのに対し、女性出演者は下の名前のみで、主にひらがな表記のテロップで紹介される。ロケは月に400~500回、1日に10~15人のディレクターが行っている。取材は短い時で1時間、長くて5~6時間、平均2~3時間である。サブタイトルには「衝撃人生」、「衝撃事件」、「衝撃暴露」、「波乱万丈」などが多く、主に衝撃を受ける同行ビデオが放送される。

番組のコンセプトに合わせて、MC陣がVTRを視聴・撮影する場所もスタジオでは無く、同意を得られた一般人の自宅を使用している。自宅を提供してくれた人もMC陣とのトークに加わっており、番組中盤に入ってからゲストが怪訝な顔をして「この人誰なんですか?」などと尋ね、改めて紹介を行うというくだりが定番となっている。

画面上について行った取材者の特徴や台詞を長々と記載する2行の黄色と赤文字のテロップが特徴であったが、2019年6月頃から通常の番組のような当たり障りのないテロップへ変更、ワイプも上左右2画面だったものから右上1画面へ変更されている。

主な企画編集

  • 終電を逃した人
    番組当初からのメイン企画。自宅までのタクシー代を支払い、そのまま同行。
    レギュラー第2期からは対象者の家が近所の場合、コンビニ代を支払い、徒歩で同行。
    主に都内、近郊の駅周辺で収録。時々、地方都市、地方繁華街の駅でも収録。
  • 銭湯に来ている人
    銭湯利用券(10回分)を渡し、徒歩などで同行。
    主に高齢者への同行が多い。
  • 移動販売で買い物中の人
    全国各地の生活必需品移動販売車で買い物代を支払い、徒歩で同行。
    主に山中に住む高齢者への同行が多い。
  • 祭りに参加している人
    全国各地の火祭りや喧嘩祭りなどで屋台代を支払い、取材対象者の自家用車などで同行。
    番組スタッフ持参の一升瓶を渡す場合もある。
    ゴールデン進出後から多く見られ、主に家族への同行が多い。
  • 花見に来ている人
    番組スタッフ持参の一升瓶を渡し、電車などで同行。
    レギュラー第3期以降、毎年春に放送。
  • 海水浴場に来ている人
    海の家で飲食代を支払い、電車などで同行。
    レギュラー第3期以降、毎年夏に放送。主に若い女性への同行が多い。
  • 成人式に参加している人
    祝いの品代を支払い、取材対象者の自家用車などで同行。
    主に新成人への同行。茨城県、埼玉県など。[注 3]
  • フリーマーケットで買い物中の人
    買い物代を支払い、取材対象者の自家用車などで同行。
  • 一人カラオケに来ている人
    渋谷、新宿のワンカラでカラオケ代を支払い、電車などで同行。
    レギュラー第3期~第4期頃に多く見られた。
  • その他の企画
    都内近郊のイベント、骨董市などで対価を支払い同行するVTRが不定期に登場。
    焼肉店、ハードオフ、大洗マリンパークなどの観光地、孤島に住んでいる人、バスツアーに参加している人など、一度しか放送されていない企画も多い。
    海外で昼間に声をかけるVTRがレギュラー第6期以降、不定期に登場。言語はボイスフォローされている。
    たまたま遭遇したタレントの家について行く場合もある[注 5]。その他、世に出ていないほぼ素人のアイドルなども数回放送している。
    レギュラー第4期頃からは、ついて行くも取材対象者が泥酔し過ぎてロケを中断するVTRや、取材対象者が見つからずついて行けなかった短いVTRを流す場合がある。

出演者編集

MC編集

ゲスト編集

  • 番組初期のゲストはお笑い芸人が多かったが、第4期頃からは芸人以外のタレントが出演する事が多くなり、俳優及び女優は主に番組宣伝で出演している。

過去の出演者編集

MC編集

  • 植田萌子(当時テレビ東京アナウンサー) - レギュラー版(第1期)、逃したSPに出演
  • 鷲見玲奈(当時テレビ東京アナウンサー) - レギュラー版(第2期 - 第6期2020年3月)、人生の夢SP 2015・夏に出演
  • 相内優香(テレビ東京アナウンサー) - 人生の夢SPに出演、レギュラー版(第2期)鷲見玲奈の代役。
  • 片渕茜(テレビ東京アナウンサー)- レギュラー版(第3期、第6期)鷲見玲奈の代役。
  • 須黒清華(テレビ東京アナウンサー)- レギュラー版(第3期)鷲見玲奈の代役。
  • 森香澄(テレビ東京アナウンサー)- レギュラー版(第6期)鷲見玲奈の代役。

スタッフ(ゴールデン進出版、2020年10月7日以降)編集

  • 構成:大井洋一興津豪乃、羽柴拓、今田佑(今田→途中から)
  • 撮影:江藤恭真、川口宏樹、沼田善、行廣晋一(行廣→以前は音声)、竪岩功【週替り】/徳久裕、浦谷清顕、落合勝芳、鶴見昌彦、小田圭介(小田→音声の回あり)、中島大樹、阪本裕介、小野寺真晴、古本春樹、大塚孝輔、山下貴之
  • 音声:重松敦(以前はVE)【毎週】、箕浦耕平、白川征央【週替り】/吉本甲、石田崇、鶴見昌彦(鶴見→撮影の回あり)、大井剛、中道涼子(以前はVE)、岩瀬靖生
  • 編集:久島慎一・下澤健一郎(D☆D FACTORY)【毎週】/大関秀雄、上坂一史(共に以前は週替り→一時離脱)、加藤駿(D☆D FACTORY)【週替り】
  • 編集進行:山﨑貴史(ヌーベルアージュ→D☆D FACTORY)
  • MA:降籏直人(イカロス→D☆D FACTORY、イカロス→土曜ゴールデンまでは技術協力)
  • 音効:稲川壮
  • タイトル・CG:中田有見子
  • 技術協力:J-Crew、ジーリンクスタジオ、D☆D FACTORY【毎週】/ヌーベルアージュ(途中まではヌーベルバーグと表記、土曜ゴールデンと水曜ゴールデンの途中から、水曜ゴールデンの途中までは編集)【週替り】
  • 協力:ワンカラ第一興商
  • 宣伝:林拓真
  • デスク:後藤由枝
  • AD:玉村真紀、秋山美桜、清水雄登、三島芹菜、西本啓志、伊藤晃大、荒井佳記、竹内優星、宮下誠司、大塚柚珠巴、相内秀平(以前はCAD)、生田千晴、岩間瑞季、三鬼佑介、清水裕貴、本多彰真、平山有果、入山珠奈、川嵜海、斉宮功、石岡毅一、並木濯平、藤島なずな【週替り】/西宮沙織、古城戸雅菜
  • AP:稲葉愛沙、小嶋悠介(ホールマン)、松原めぐみ(BOマーズ)
  • ディレクター:西重雄、佐藤野枝、上野健(以前は毎週)、伊藤馨志朗、中田健士、大沢朗、中島諒二、南岡広紀、今井雄大、三浦信一、有馬基揮、加藤大輝、宮崎亨(以前はAD)、鈴木勇棋(鈴木勇→2019年1月30日のみ演出)、後藤岳陽、松尾卓磨、吉田豊志(以前はAD)、玉川晃【週替り】/杉浦裕樹、藤野智光、児玉アトム、前田夢有、林毅、橋本崇、島田夏希(島田→以前はAD)、石垣俊介(石垣→以前は毎週)、和田恭幸(以前は週替り)、松澤啓、高須賀奈月、鈴木亮平、中村麻衣、深澤直人、河野拓馬、日置義考、中村優一郎、渕聡、佐藤朗、棚橋実咲(棚橋→以前はAD)、村林恵美利
  • プロデューサー:重定菜子(テレビ東京、第2期レギュラーから)、朝比奈諒(テレビ東京、レギュラー放送(第6期)から、以前はディレクター→一時離脱)、高橋由佳(ホールマン)、近藤貴彦(BOマーズ)、湯澤孝弘(キャップストーン、第2期#16から)、鈴木隆浩(ロジック、土曜ゴールデン#1から)
  • 演出:古東風太郎(テレビ東京、2020年7月1日から以前はディレクター)
  • チーフプロデューサー:越山進(テレビ東京、2019年3月20日から)
  • 制作協力:ホールマンBOマーズ(土曜ゴールデン途中から)、キャップストーン(キャップ→第2期#16から)、LOGIC(土曜ゴールデン#1から)【毎週】、ハイボール【週替り】/UN-TRASH
  • 製作著作:TVTOKYO

過去のスタッフ(2019年1月1日のみ担当した者)編集

  • TD:小谷文人
  • CAM:加藤誠一、岡田航
  • CA:柴田竜太郎
  • VE:持塚誠司
  • 音声:岩瀬靖生
  • VTR:永井貴也
  • MIX:松本直人
  • LD:三浦弘

【中継】

  • TD:岩橋伸禎
  • CAM:大八木滋、山田大介
  • MIX:長岡圭佑、三浦光太郎
  • LD:宮田和
  • VE:田中健二、細井和宏、中林和也、黒髪克也

過去のスタッフ編集

  • VE/音声:千秋瑠沙、塙健志
  • 編集:七五三吉洋、堀琢哉、古橋満希夫、大庭幸弘、中西雅照、蒲澤悠太、阿部祥三、宮島洋介、本間貢、松嵜憲男、照沼健太、乾未佑、丸山寿和、小原大希、新保公英、山門晃(中西以降→週替り)/スタジオナオ、イエローデザイン(ナオ・イエロー→水曜ゴールデンから)
  • MA:志村武浩、安河内隆文、森祥一、杉山正、井坂拓人、大江拓也(杉山以降→週替り)、中野由梨(ヌーベルアージュ、●)、下田由紀、橋本圭祐、浅野晴紀(下田以降→●)
  • メイク:山田かつら(●)
  • 技術協力:アートプラザ、テクノマックステレビ東京アート(テクノ・テレ東→●)
  • 番宣:大関明彦、宮本聖子、堀川久美、大石淳子、根津礼美
  • AP:富田晶子、中嶋日登美(中嶋→第2期#16から)、綾田舞(綾田→土曜ゴールデン#1から水曜ゴールデン#2まで)、山本桂子、大城裕子、川村里美(川村→水曜ゴールデン#3【2017年5月17日】から?)、岡田康行(岡田→金曜深夜特別版#1【2016年6月24日】から、他回ではディレクター)、本山ひかる(岡田・本山→大型SPのみ担当)、森下絢香(ホールマン)、三ツ木沙織(BOマーズ)
  • CAD:芝﨑真寿美、福本豊(以前はCAD/ディレクター)、津田絢子(津田→●)
  • AD:中澤祐樹、若林勇樹、武田航、横田栞、坂巻裕太、加藤潤紀、井水奈奈、坂井航海、行田圭佑、井川慎也、馬場千智、平田健四郎、佐藤太一、馬唐火韋、小林花乃子、日高健佑、外山眞貴子、中村光、福島未希、大瀧裕基子、和田千帆、山田紘史、酒寄彩子、星威史、鈴木友治、今村雪乃、藤江達也、田口隼、比山拓海、鈴木小晴、杉目七瀬、野島萌子、石田護(石田→以前は週替り)、深川活水(深川→以前は毎週)、井上勇輝(井上→以前は毎週)、前原拓幸、大多和桂輔、安藤大起(藤江以降→●)
  • ディレクター:米山聡、大保大輔、山越由貴、青山敏雄、植田俊平、新井若菜、太田大介、鈴木大二郎、高橋久直、岩波純、川村大介、西山英雄、岡山薫、近藤貴彦、箕臼高志、安部聖之、飯田亮太、雨宮正岳、江村英紀、黒原竜二、鈴木賢一、日向健太、櫛田健太郎、石川亮介、工藤真大、間篠高行、岩上武司、平林淳、増田タカヤ、小倉大輔、鈴木百合夫、早坂渉、中島賢一、川岸昌嗣、曽我和隆、仁茂田哲郎、鷹中亮介、綾部梨花、武井陽介、渡邊麗(渡邊→テレビ東京)、池田修大(太)、宮内佑弥、松本健人、西岡奈美、岡崎昇平、大平純一、岡本勝司、伊藤健司、中間拓郎、財津猛、金澤英憲、鈴木慶昭、村松敬祐、廣瀬一貴(廣瀬→以前はAD►CAD)、安田幸平(テレビ東京)、柳橋祥太、松井徹、藤原ケンタ、岡野彰男、藤田豊平、木坂優介、神戸謙太郎、木村哲郎、片寄晴輝、濱口賢治、西尾智仁、加藤翔輝、花園カレン、石本ちひろ、勝田邦裕、正野鉄也(矢)、宍戸透、鈴木博久、鈴木彦太郎、五十嵐健太(五十嵐→以前は週替り)、程塚彩、古田嶋洋平(古田嶋→以前は週替り)、伊藤喜孝、本田秀次(伊藤・本田→以前は週替り)、徳差亮、濱野圭佑、豊川康成、永島糧、新田祐士、荻野憲之、黒原英憲、村田弘子(村田→以前は週替り)、青野竜也、木田慎也、川名良和(川名→ロジック、以前は週替り)、佐野浩巳、石津雄馬、園畑将基、永井信二郎、流石英昭、宮澤豊孝
  • プロデューサー:岡田英吉(テレビ東京)、小野元照(ホールマン、2015年7月3日までディレクター→2016年3月26日までプロデューサー)、橋本元康(ホールマン)、青田和大(ホールマン、土曜ゴールデン#1から2018年9月26日までプロデューサー)、渡邊良(日経映像、レギュラー放送(第6期)から)
  • プロデューサー・演出:高橋弘樹(テレビ東京、2020年6月まで)
  • チーフプロデューサー:斎藤勇(テレビ東京、番組開始から金曜深夜特別版#1【2016年6月24日】まで)、澤井伸之(テレビ東京、金曜深夜特別版#2【2016年7月1日】から2019年3月13日まで、土曜ゴールデン版#1から金曜深夜特別版【2016年6月24日】までプロデューサー)
  • 制作協力:PANDA21(土曜ゴールデン#1から)、日経映像(レギュラー放送(第6期)から)

放送リスト編集

レギュラー第1期編集

特番編集

レギュラー第2期編集

レギュラー第3期編集

レギュラー第4期編集

レギュラー第5期編集

レギュラー第6期編集

レギュラー第7期編集

ネット局と放送時間編集

ソコアゲ★ナイト時代編集

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 放送期間 ネット状況 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 月曜 23:58 - 翌0:45 2014年1月6日 - 1月27日 制作局
北海道 テレビ北海道(TVh) 同時ネット
愛知県 テレビ愛知(TVA)
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
滋賀県 びわ湖放送(BBC) JAITS
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 木曜 1:03 - 1:48(水曜深夜) 2014年2月20日 - 3月13日 遅れネット
広島県 テレビ新広島(TSS) フジテレビ系列 月曜 1:10 - 2:00(日曜深夜) 2014年2月24日 - 3月17日
大阪府 テレビ大阪(TVO) テレビ東京系列 月曜 0:35 - 1:35(日曜深夜) 2014年3月10日 - 3月31日
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 水曜 0:54 - 1:44(火曜深夜) 2014年3月19日 - 4月9日 [注 6]
福島県 福島テレビ(FTV) フジテレビ系列 月曜 1:10 - 1:55(日曜深夜) 2014年4月14日 - 5月5日
大分県 大分朝日放送(OAB) テレビ朝日系列 木曜 1:50 - 2:35(水曜深夜) 2014年4月17日 - 5月8日
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列 金曜 1:34 - 2:21(木曜深夜) 2014年4月18日 - 5月23日
単発・不定期放送

土曜深夜時代編集

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 放送期間 ネット状況 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 土曜 23:55 - 翌0:50 2015年10月3日 - 2016年3月26日 制作局
北海道 テレビ北海道(TVh) 同時ネット
愛知県 テレビ愛知(TVA)
大阪府 テレビ大阪(TVO)
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) テレビ朝日系列 土曜 12:00 - 13:00 2015年10月17日 - 2016年4月23日 遅れネット
富山県 富山テレビ(BBT) フジテレビ系列 金曜 0:35 - 1:35(木曜深夜) 2015年10月21日 - 2016年7月29日 [注 7][注 8]
宮城県 仙台放送(OX) 水曜 0:55 - 1:50(火曜深夜) 2015年10月21日 - 2016年5月4日
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 水曜 23:53 - 翌0:48 2015年10月21日 - 2016年5月4日
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 金曜 2:05 - 3:00(木曜深夜) 2015年10月30日 - 2016年5月20日
新潟県 新潟放送(BSN) TBS系列 日曜 14:00 - 14:54 2015年11月1日 - 2016年4月24日
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) フジテレビ系列 日曜 13:00 - 14:00 2015年11月15日 - 2016年8月21日
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列 日曜 1:15 - 2:10(土曜深夜) 2015年11月22日 - 2016年5月29日
長崎県 長崎放送(NBC) TBS系列 木曜 23:53 - 翌0:48 2016年3月17日 - 5月19日 [注 9]
長野県 信越放送(SBC) 月曜 23:55 - 翌0:52 2016年3月28日 - 4月18日 [注 10][注 6]
石川県 テレビ金沢(KTK) 日本テレビ系列 土曜 13:30 - 14:30 2016年4月2日 - 9月17日
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日曜 1:00 - 1:55(土曜深夜) 2016年4月10日 - 9月25日 [注 11][注 10]
大分県 大分放送(OBS) TBS系列 木曜 23:55 - 翌0:55 2016年4月14日 - 9月1日 [注 10]
福島県 福島テレビ(FTV) フジテレビ系列 土曜 1:15 - 2:10(金曜深夜) 2016年4月16日 - 7月16日 [注 12]

ゴールデン進出後(土曜時代)編集

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 放送期間 ネット状況 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 土曜 19:54 - 20:54 2016年4月16日 - 2017年3月18日 制作局
愛知県 テレビ愛知(TVA) 同時ネット [注 13]
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC) [注 14]
奈良県 奈良テレビ(TVN) 独立局 [注 15]
和歌山県 テレビ和歌山(WTV) [注 16]
滋賀県 びわ湖放送(BBC) 2016年4月23日 - 2017年3月18日 [注 17]
岐阜県 岐阜放送(GBS) 2016年5月7日 - 2017年3月18日 [注 18]
新潟県 新潟放送(BSN) TBS系列 日曜 14:00 - 14:54 2016年5月1日 - 2017年6月4日 遅れネット
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) テレビ朝日系列 土曜 12:00 - 13:00 2016年5月7日 -
長野県 信越放送(SBC) TBS系列 土曜 12:10 - 13:05 2016年5月7日 -
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列 土曜 0:55 - 1:50(金曜深夜) 2016年5月11日 -
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 木曜 0:10 - 1:05(水曜深夜) 2016年5月12日 -
宮崎県 宮崎放送(mrt) 金曜 14:00 - 14:55 2016年5月20日 - [注 19]
長崎県 長崎放送(NBC) 木曜 23:55 - 翌0:50 2016年5月26日 -
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 金曜 2:05 - 3:00(木曜深夜) 2016年5月27日 -
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日曜 1:25 - 2:20(土曜深夜) 2016年6月5日 -
秋田県 秋田テレビ(AKT) フジテレビ系列 水曜 14:50 - 15:50 2016年6月8日 - 9月14日 [注 20]
福島県 福島テレビ(FTV) 土曜 1:15 - 2:10(金曜深夜) 2016年7月23日 -
富山県 富山テレビ(BBT) 金曜 0:35 - 1:35(木曜深夜) 2016年8月5日 -
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) 日曜 13:00 - 14:00 2016年8月28日 - [注 21]
大分県 大分放送(OBS) TBS系列 木曜 23:55 - 翌0:55 2016年9月8日 - [注 21]
石川県 テレビ金沢(KTK) 日本テレビ系列 土曜 13:30 - 14:30 2016年9月24日 -
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日曜 1:00 - 1:55(土曜深夜) 2016年10月2日 -
福岡県 TVQ九州放送(TVQ) テレビ東京系列 土曜 12:30 - 13:25 2016年10月8日 - [注 22]
単発・不定期放送
  • テレビ北海道(テレビ東京系列)
  • テレビ大阪(同上)

※あくまで全編ローカルセールス枠の番組につき、ネット局においては当該局の編成の都合により臨時非ネットとすることがあった。
※2017年3月22日の『水曜エンタ・最終回』で放送された本番組の2時間スペシャルはテレビ東京系列全6局で同時ネットされた。

ゴールデン進出後(水曜時代)編集

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 放送期間 ネット状況 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 水曜 21:00 - 21:54

水曜 21:00 - 22:00

水曜 21:00 - 22:54
2017年4月19日 - 制作局 [注 23]
北海道 テレビ北海道(TVh) 同時ネット
愛知県 テレビ愛知(TVA)
大阪府 テレビ大阪(TVO)
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
岐阜県 岐阜放送(GBS) 独立局 [注 24]
滋賀県 びわ湖放送(BBC) [注 23]
奈良県 奈良テレビ(TVN)
和歌山県 テレビ和歌山(WTV)
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 日曜 0:55 - 1:55(土曜深夜) - 遅れネット
長野県 信越放送(SBC) TBS系列 土曜 13:05 - 14:00 2017年5月13日 - [注 25]
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列 土曜 12:54 - 13:49 2017年6月3日 - [注 26]
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) テレビ朝日系列 土曜 12:00 - 13:00 - [注 26]
福島県 福島テレビ(FTV) フジテレビ系列 日曜 14:00 - 14:55 -
新潟県 新潟放送(BSN) TBS系列 日曜 14:00 - 14:54 2017年6月11日 -
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 不定期放送 2017年6月16日 - [注 27]
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 土曜 14:00 - 15:50 2019年8月10日 - [注 28]

※名阪地区の独立局4局については、同時ネットとはいえあくまで番販ネットであり、自主編成(県議会ダイジェスト、高校野球ハイライトなど)のために臨時非ネットまたは遅れネットとすることがある。

※2017年6月7日放送分は当初は通常の2時間版の予定だったが、22:00 - 翌0:46に全仏オープンテニスの生中継が実施される兼ね合いで、22:00までの短縮版として放送される。またこれに伴い全仏テニスをネットしていない岐阜放送については、短縮版への差し替えをせず完全休止となり、別番組差し替えとなった。

放送時間の変遷編集

期間 放送時間(日本時間
2014.01.06 2014.01.27 月曜日 23:58 - 翌0:45(47分)
2015.10.03 2016.03.26 土曜日 23:55 - 翌0:50(55分)
2016.04.16 2017.03.18 土曜日 19:54 - 20:54(60分)[注 29]
2017.04.19 2018.01.24 水曜日 21:00 - 22:48(108分)
2018.02.07 2018.03.21 水曜日 21:00 - 21:54(54分)
2018.04.04 2020.09.30(予定) 水曜日 21:00 - 22:00(60分)
2020.10.07 (予定) 水曜日 21:00 - 22:54(114分)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ #9の上野駅から山形県山形市までがタクシー移動での最遠距離である。また、#128では居酒屋代金を立て替えてニューヨークに同行している。
  2. ^ 三ちゃん食堂は#139、いくどんは#178でMC陣の収録場所としても使用されている。
  3. ^ #143では成人式SPを放送。
  4. ^ 生鮮スーパーゼンエーは#204でMC陣の収録場所としても使用されている。
  5. ^ 有名なタレントではこれまで、白井鉄也チーモンチョーチュウ)(#89)、西野亮廣キングコング)(#124)、森田哲矢さらば青春の光)(#175)の自宅を放送。カシューナッツ(ゆんぼだんぷ)(#18)、鈴木もぐら空気階段)(#85)のように、出演時はほぼ無名だったがその後頭角を現したという例もある。
  6. ^ a b 放送順が制作局とは異なる。
  7. ^ 2016年4月からの放送時間。2015年10月21日から12月23日までは水曜 0:35 - 1:35(火曜深夜)で放送。
  8. ^ 2016年1月から3月までは放送休止。
  9. ^ 2016年1月23日放送分からの放送。
  10. ^ a b c 2015年10月17日放送分からの放送。
  11. ^ ただし、レギュラー放送開始前に2016年2月17日放送分を2016年4月3日15:00 - 16:50に放送(46日遅れ)
  12. ^ 2016年1月9日放送分からの放送。
  13. ^ 編成上の都合で稀に放送されないことがあった。
  14. ^ 自社制作番組や岡山県・香川県が取り上げられたBSジャパンの番組や岡山県・香川県が取り上げられたテレビ大阪制作の旅番組を放送する時でこれらの番組が2時間放送される場合は19時開始で放送する為に放送を休止する(その際に他日振替を行うことがまれにある)。
  15. ^ テレビ大阪の『ナマ虎スタジアム』ネット時・『全国高校サッカー』放送日は休止になる他、自社制作番組放送のため不定期で休止となり、振り替え放送も行わなかった。
  16. ^ テレビ大阪の『ナマ虎スタジアム』ネット時・『全国高校サッカー』放送日は休止となり、振り替え放送も行わなかった。
  17. ^ ジャパネットたかた生放送テレビショッピング』放送日・テレビ大阪の『ナマ虎スタジアム』ネット時・『全国高校サッカー』放送日は休止になる他、自社制作番組放送のため不定期で休止となり、振り替え放送も行わなかった。このため、他の独立局と比べて放送されていない回が多数ある。
  18. ^ 『ジャパネットたかた生放送テレビショッピング』放送日・『全国高校サッカー』放送日は休止になる他、自社制作番組放送のため不定期で休止となり、振り替え放送も行わなかった。
  19. ^ ただし、レギュラー放送開始前に4月8日から5月13日まで「水曜エンタ」枠で放送された特番2回分を4週に渡って放送。
  20. ^ ただし、レギュラー放送開始前に4月13日から5月11日まで水曜エンタ枠で放送された特番2回分を4週に渡って放送。途中で打ち切り。
  21. ^ a b 2016年4月23日放送分からの放送。
  22. ^ レギュラー降格後は空き時間帯に不定期放送を行い、土曜(金曜深夜)0:52 - 1:23放送時の際は同時ネットで放送している。放送期日に記載している曜日はレギュラー放送復帰日。
  23. ^ a b 2018年1月24日までは22:48まで放送していた。
  24. ^ 2018年1月24日までは22:48まで放送していた。2018年1月24日をもって打ち切り後、2018年4月4日から同時ネットで放送再開。
  25. ^ 初回は12:10 - 14:00に放送。
  26. ^ a b 1時間バージョンで放送。
  27. ^ とんねるずのみなさんのおかげでした』〈フジテレビ制作〉の放送がRAB放送分で2018年4月で終了。5月以降、毎週木曜15:55 - 16:50で約4ヶ月遅れで放送している。ただ、青森放送の基本番組表には、「木曜スペシャル」としか記載がないため、放送日時は不定期放送のままとする。
  28. ^ 番組開始から2020年3月14日までは、土曜 10:30 - 11:25に放送。2020年4月10日から同年6月27日までは土曜 14:55 - 15:50に放送。同年7月4日以降は、原則2時間枠での放送。
  29. ^ 2016.06.25 - 07.09は土曜日 0:52 - 1:23(金曜日深夜、31分)に臨時枠移動・縮小。

出典編集

  1. ^ テレ東紺野アナと毎朝お勉強! ゴールデンは苦戦の火・水曜中心に10月改編マイナビニュース 2015年8月31日
  2. ^ 「家、ついて行ってイイですか?」が日本民間放送連盟賞を受賞”. お笑いナタリー (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  3. ^ テレ東改編で内村がネタ番組レギュラーに、若林の文学バラエティはBSで始動 お笑いナタリー 2016年3月2日発行、同日閲覧。
  4. ^ “出川哲朗 ゴールデンで初の冠番組「タモリさんをぶっ倒します」”. スポーツニッポン. (2017年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/24/kiji/20170224s00041000168000c.html 2017年2月24日閲覧。 
  5. ^ “「家、ついて行ってイイですか?」2時間枠に拡大 出川はゴールデン初冠番組…テレ東4月改編”. (2017年3月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170303-OHT1T50100.html 2017年3月3日閲覧。 
  6. ^ "テレ東「家、ついて行ってイイですか?」10月から2時間枠に拡大 16日は3時間半SP". Sponich Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 September 2020. 2020年9月15日閲覧
  7. ^ “ディーン・フジオカ:「家、ついて行ってイイですか?」出演でテレビ東京初登場 「ついにテレビ東京にも…」”. MANTANWEB(まんたんウェブ). (2020年10月27日). https://mantan-web.jp/article/20201027dog00m200038000c.html 2020年10月29日閲覧。 

パロディー編集

  • 『家まで、送ってイイですか?』というアダルトビデオプレステージよりテレビ東京非公認で発売されている。ビデオの存在はテレビ東京も認識しており、実際にビデオに出演した女優をたまたま取材したり(2018年1月9日放送)、画面上の紹介テロップに「家まで、送ってイイですか?」と記載、逆輸入したりしている。(2019年4月29日放送)また、たまたま取材した弁護士に「パロディーは著作権法に違反するのか?」と触れた事もある。しかし、そのVTRは行列のできる法律相談所をパロディーしている。(2019年3月13日放送)
  • 水曜日のダウンタウンのドッキリにて、あらぽんANZEN漫才)の家についていくパロディーを、テレビ東京の許可を得て放送。異例の当番組と同時刻に裏で放送された。(2017年6月14日放送)

外部リンク編集

テレビ東京 ソコアゲ★ナイト月曜枠
前番組 番組名 次番組
家、ついて行ってイイですか?
(第1期)
テレビ東京 土曜23:55 - 翌0:50枠
家、ついて行ってイイですか?
(第2期)
じわじわチャップリン
※23:55 - 翌0:20
昼のセント酒
※翌0:20 - 0:50
【ここから土曜ドラマ24枠】
テレビ東京 土曜19:54 - 20:54枠
土曜スペシャル
※18:30 - 20:54
【1時間縮小して継続】
家、ついて行ってイイですか?
(第3期)
テレビ東京系列 水曜21:00 - 21:54枠
水曜エンタ
※21:00 - 22:48
家、ついて行ってイイですか?
(第4・5・6・7期)
(2017.4.19 - )
-
テレビ東京系列 水曜21:54 - 22:00枠
水曜エンタ
※21:00 - 22:48
家、ついて行ってイイですか?
(第4期)
(2017.4.19 - 2018.1.24)
【当番組のみバラエティ枠】
バイプレイヤーズ
~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~
※21:54 - 22:48
【この番組のみ連続ドラマ枠】
家、ついて行ってイイですか?
(第6・7期)
(2018.4.4 - )
【当番組よりバラエティ枠】
-
テレビ東京系列 水曜22:00 - 22:48枠
水曜エンタ
※21:00 - 22:48
家、ついて行ってイイですか?
(第4期)
(2017.4.19 - 2018.1.24)
【当番組のみバラエティ枠】
バイプレイヤーズ
~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~
※21:54 - 22:48
【この番組のみ連続ドラマ枠】
家、ついて行ってイイですか?
(第7期)
(2020.10.7 - )
-
テレビ東京 水曜22:48 - 22:54枠
ソクラテスのため息
〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜
※22:00 - 22:54
(2019.10.16 - 2020.9.23)
家、ついて行ってイイですか?
(第7期)
(2020.10.7 - )
-