メインメニューを開く

AFC U-16女子選手権2015: AFC U-16 Women's Championship 2015)は、2015年11月4日から15日にかけて中国武漢で開催された第6回目のAFC U-16女子選手権である[1]。この大会は2016 FIFA U-17女子ワールドカップのアジア予選を兼ねており、本大会の上位2チームに出場権が与えられた[2]

AFC U-16女子選手権2015
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2015年11月4日 - 15日
チーム数(1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (2回目)
準優勝  日本
3位  中国
4位  タイ
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 69点
(1試合平均 4.31点)
総入場者数 1,755人
(1試合平均 110人)
得点王 中華人民共和国の旗 王燕文(6点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 リ・ヘヨン
 < 20132017

出場資格編集

各チームの登録人数は23人(うち、ゴールキーパーは3人まで)。年齢制限は、誕生日が1999年1月1日以降の選手[3]

予選大会編集

本大会編集

出場国編集

出場国 出場条件 出場決定日
  日本 前回大会 優勝 2014年6月17日[4]
  北朝鮮 前回大会 2位 2014年6月17日
  中国 前回大会 3位 2014年6月17日
  タイ 前回大会 4位 2014年6月17日
  韓国 予選グループC1位 2014年10月8日
  チャイニーズタイペイ 予選グループD1位 2014年10月9日
  イラン 予選グループB1位 2014年10月23日
  ウズベキスタン[5] 予選グループA1位 2014年12月25日[6] 

グループリーグ編集

2015年5月13日にグループリーグの組み合わせが行われた。また開催都市は武漢で行われることもあわせて発表された[7]

日時は全て現地時間(UTC+8:00)。

グループ A編集

チーム
1   中国 3 2 1 0 12 3 +9 7
2   タイ 3 2 0 1 5 5 0 6
3   韓国 3 1 1 1 8 4 +4 4
4   イラン 3 0 0 3 0 13 −13 0


タイ   4 - 0   イラン
チェットハブトル   5分36分
ヤオワポン   8分90+2分
レポート

中国   3 - 3   韓国
謝啟穩   16分
張林岩   38分
王燕文   72分
レポート チェ・ ジョンミン   57分
クォン・ヒソン   68分
ムン・ウンジュ   90+4分
新華路体育中心武漢
観客数: 200人
主審:   ケイシー・レイベルト


韓国   0 - 1   タイ
レポート プラム=ナック   89分

イラン   0 - 4   中国
レポート 馬肖蘭   22分90+3分
陳圓夢   27分
王燕文   81分
新華路体育中心武漢
観客数: 150人
主審:   ティン・ティン・エイ


中国   5 - 0   タイ
馬肖蘭   3分
王燕文   11分33分
金坤   40分47分
レポート
新華路体育中心武漢
観客数: 200人
主審:   ティン・ティン・エイ

イラン   0 - 5   韓国
レポート チェ・ ジョンミン   14分30分
チョン・ミンヨン   25分 (PK)
ムン・ウンジュ   53分
ヤン・ヒョンジ   90+4分
漢口文化体育中心武漢
観客数: 40人
主審:   ケイシー・レイベルト


グループ B編集

チーム
1   日本 3 2 1 0 11 1 +10 7
2   北朝鮮 3 2 1 0 10 1 +9 7
3   ウズベキスタン 3 1 0 2 3 8 −5 3
4   チャイニーズタイペイ 3 0 0 3 0 14 −14 0


日本   4 - 0   ウズベキスタン
長野風花   54分
植木理子   60分
宮澤ひなた   78分
宝田沙織   81分
レポート
新華路体育中心武漢
観客数: 50人
主審:   シヴァ・ヤリ

北朝鮮   5 - 0   チャイニーズタイペイ
キム・ポンウィ   2分
ソン・ヒャンシム   8分33分
リ・ヘヨン   43分
リ・ウンジョン   90+3分
レポート


ウズベキスタン   0 - 4   北朝鮮
レポート キム・ポンウィ   45+3分55分78分
チェ・ウンチョン   71分
漢口文化体育中心武漢
観客数: 40人
主審:   シヴァ・ヤリ

チャイニーズタイペイ   0 - 6   日本
レポート 遠藤純   18分
金勝里央   24分 (PK)
宮澤ひなた   31分38分
高橋はな   40分
小嶋星良   88分
新華路体育中心武漢
観客数: 50人
主審:   パク・ジヨン


日本   1 - 1   北朝鮮
高橋はな   63分 レポート ソン・ヒャンシム   2分



決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
11月12日    
   日本 8
   タイ 0  
  11月15日
   日本 0
     北朝鮮 1
 
3位決定戦
11月12日 11月15日
   中国 1    タイ 0
   北朝鮮 2      中国 8

準決勝編集


日本   8 - 0   タイ
植木理子   5分68分
高橋はな   16分
遠藤純   36分75分
宮澤ひなた   55分56分
宝田沙織   84分
レポート
新華路体育中心武漢
観客数: 100人
主審:   ティン・ティン・エイ

中国   1 - 2   北朝鮮
張林岩   62分 レポート リ・ヘヨン   2分87分
新華路体育中心武漢
観客数: 280人
主審:   ケイシー・レイベルト

3位決定戦編集


中国   8 - 0   タイ
趙宇傑   14分
王燕文   19分89分 (PK)
謝啟穩   21分 (26)66分
金坤   32分
沉夢雨   90+1分
レポート
新華路体育中心武漢
観客数: 100人
主審:   梶山芙紗子

決勝編集


北朝鮮   1 - 0   日本
リ・ヘヨン   41分 レポート

優勝国編集

 AFC U-16女子選手権2015優勝国 
 
北朝鮮
4大会ぶり2回目

表彰編集

今大会の各種表彰は以下のように発表された[8]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
  リ・ヘヨン   王燕文(6得点)   日本

2016 FIFA U-17女子ワールドカップ出場国編集

出典編集

  1. ^ 「AFC Competitions Calendar 2015」 - 2014年7月24日 AFC
  2. ^ 「Decisions taken by the FIFA Executive Committee concerning women's competitions in 2016」 - 2014年6月23日 FIFA
  3. ^ Regulations AFC U-16 Women’s Championship 2015 - AFC
  4. ^ Twenty-one teams out for U-16 women's tickets - 2014年6月17日 AFC
  5. ^ [1]
  6. ^ グループAは当初、6チーム総当たりで2014年10月4日 - 13日にパレスチナで開催される予定だったが、中止・延期された。その後パレスチナ、キルギススリランカタジキスタンが出場辞退し、最終的にウズベキスタンバーレーンとの間でバーレーンで2014年12月22日と25日に2試合行った。
  7. ^ Japan U-16 women to renew acquaintances with DPR Korea - 2015年5月14日 AFC
  8. ^ RI HAE-YON NAMED AFC U-16 WOMEN'S C'SHIP MVP - 2015年11月16日 AFC

関連項目編集

外部リンク編集