メインメニューを開く

AFC U-16選手権: AFC Under-16 Championship)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、16歳以下のナショナルチームによる大陸選手権大会である。2年に1度、偶数年に行われている。翌年に行われるFIFA U-17ワールドカップのアジア予選を兼ねており、上位数チームが同大会への出場権を得る。

AFC U-16選手権
AFC U16 logo.svg
開始年 1985年
主催 AFC
地域 アジア
参加チーム数 16
前回優勝  日本(3回目)
最多優勝  日本(3回)
テンプレートを表示

概要編集

この大会は、「アジアにおける若手プレーヤーの育成と強化を図るための国際大会の場を提供する」[1]ため、1985年AFC U-17選手権として創設された。

しかし、次の年に開催されるFIFA U-17世界選手権の予選を兼ねていたため、実際には16歳以下の選手が集う大会となっており、大会名とズレが生じていた。また国際サッカー連盟(FIFA)による大会の名称協定も反映させるため[1]ウズベキスタンで開催された2008年大会から現在のAFC U-16選手権に改称された。

ちなみに、2018年大会までの18回において、開催国が優勝したことは1回もない。

年齢詐称問題編集

この大会では、出場選手の年齢詐称疑惑がたびたび問題になる。アジアでは個人の生年月日が正確に登録されていない国も多く、体格や技術的に16歳の域を超えているように見える選手の存在がたびたび取り上げられた。そうした選手が、その後年齢制限のないA代表などに出てこないこと、A代表では好成績を上げていない国がたびたびこの大会では上位に進出することなども、そうした疑惑を補強することになった。現在AFCはMRIで骨年齢を測定するなどの方法で選手の実際の年齢を確認し、明らかな違反があった国には国際大会長期出場停止などの処分を科している。

一例として、AFC U-16選手権2008では、予選大会を突破した国のうちイラク北朝鮮タジキスタンの三国が選手の年齢詐称行為によって失格、本大会出場停止処分となった[2]。失格国には4000ドル罰金が科された。また、本大会開催中にもイエメンが年齢制限を越えた選手を起用した事が発覚。イエメンのグループリーグ2試合は0-3での敗退扱いとなった。また、グループリーグ最終戦は無効試合となった[3]

結果編集

開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1985年   カタール   サウジアラビア 0 - 0 aet
(PK 4 - 3)
  カタール   イラク 1 - 0   タイ 7
2 1986年   カタール   韓国 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
  カタール   サウジアラビア 2 - 0   北朝鮮 8
3 1988年   タイ   サウジアラビア 2 - 0   バーレーン   中国 1 - 1 aet
(PK 4 - 3)
  イラク 10
4 1990年   アラブ首長国連邦   カタール 2 - 0   アラブ首長国連邦   中国 5 - 0   インドネシア 7
5 1992年   サウジアラビア   中国 2 - 2 aet
(PK 8 - 7)
  カタール   サウジアラビア 2 - 1   北朝鮮 8
6 1994年   カタール   日本 1 - 0 aet   カタール   オマーン 3 - 2   バーレーン 10
7 1996年   タイ   オマーン 1 - 0   タイ   バーレーン 0 - 0 aet
(PK 4 - 1)
  日本 10
8 1998年   カタール   タイ 1 - 1 aet
(PK 3 - 2)
  カタール   バーレーン 5 - 1   韓国 10
9 2000年   ベトナム   オマーン 1 - 0   イラン   日本 4 - 2   ベトナム 10
10 2002年   アラブ首長国連邦   韓国 1 - 1 aet
(PK 5 - 3)
  イエメン   中国 1 - 0   ウズベキスタン 10
11 2004年   日本   中国 1 - 0   北朝鮮   カタール 2 - 1   イラン 16
12 2006年   シンガポール   日本 4 - 2 aet   北朝鮮   タジキスタン 3 - 3 aet
(PK 5 - 4)
  シリア 16
13 2008年   ウズベキスタン   イラン 2 - 1   韓国   アラブ首長国連邦 /   日本 16
14 2010年   ウズベキスタン   北朝鮮 2 - 0   ウズベキスタン   日本 /   オーストラリア 16
15 2012年   イラン   ウズベキスタン 1 - 1 aet
(PK 3 - 1)
  日本   イラン /   イラク 16
16 2014年   タイ   北朝鮮 2 - 1   韓国   オーストラリア /   シリア 16
17 2016年   インド   イラク 0 - 0 aet
(PK 4 - 3)
  イラン   日本 /   北朝鮮 16
18 2018年   マレーシア   日本 1 - 0   タジキスタン   オーストラリア /   韓国 16

統計・記録編集

代表別通算成績編集

国・地域名
1   日本 3 1 5 9
2   北朝鮮 2 2 3 7
3   韓国 2 2 2 6
4   中国 2 0 3 5
5   サウジアラビア 2 0 2 4
6   オマーン 2 0 1 3
7   カタール 1 5 1 7
8   イラン 1 2 2 5
9   タイ 1 1 1 3
9   ウズベキスタン 1 1 1 3
11   イラク 1 0 3 4
12   バーレーン 0 1 3 4
13   アラブ首長国連邦 0 1 1 2
13   タジキスタン 0 1 1 2
15   イエメン 0 1 0 1
16   オーストラリア 0 0 3 3
17   シリア 0 0 2 2
18   インドネシア 0 0 1 1
18   ベトナム 0 0 1 1
  • データは2018年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 国・地域名は現在の名称で統一した

優勝回数編集

回数 国名
3回   日本 1994,2006,2018
  北朝鮮 2010,2014,2017
2回   サウジアラビア 1985,1988
  韓国 1986,2002
  中国 1992,2004
  オマーン 1996,2000
1回   カタール 1990
  タイ 1998
  イラン 2008
  ウズベキスタン 2012
  イラク 2016

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集