メインメニューを開く

AFC U-19選手権2010

サッカーの国際大会

AFC U-19選手権2010: 2010 AFC U-19 Championship)は、2010年中国で開催された第36回目のAFC U-19選手権である。10月3日から10月17日にかけて開催され、上位4ヶ国に2011 FIFA U-20ワールドカップの出場権が与えられた。

目次

予選編集

出場国編集

本大会編集

試合開始はいずれも現地時間(UTC+8)である。

グループリーグ編集

グループA編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  中国 7 3 2 1 0 6 2 4
  サウジアラビア 6 3 2 0 1 3 3 0
  シリア 3 3 1 0 2 1 3 -2
  タイ 1 3 0 1 2 1 3 -2

中国   3 - 1   サウジアラビア

タイ   0 - 1   シリア

シリア   0 - 2   中国

サウジアラビア   1 - 0   タイ

中国   1 - 1   タイ

シリア   0 - 1   サウジアラビア

グループB編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  ウズベキスタン 9 3 3 0 0 4 0 4
  北朝鮮 6 3 2 0 1 5 1 4
  バーレーン 3 3 1 0 2 2 4 -2
  イラク 0 3 0 0 3 1 7 -6

ウズベキスタン   1 - 0   北朝鮮

イラク   1 - 2   バーレーン

北朝鮮   3 - 0   イラク

バーレーン   0 - 1   ウズベキスタン

ウズベキスタン   2 - 0   イラク

バーレーン   0 - 2   北朝鮮

グループC編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  日本 9 3 3 0 0 9 1 8
  アラブ首長国連邦 4 3 1 1 1 5 2 3
  ベトナム 3 3 1 0 2 2 9 -7
  ヨルダン 1 3 0 1 2 1 5 -4

アラブ首長国連邦   1 - 2   日本
ハーリル   90分 Rashid   53分 (o.g.)
指宿洋史   90+1分

ベトナム   2 - 1   ヨルダン
レ・コック・フォン   55分
Sariweh   72分 (o.g.)
ザアタラ   37分

日本   4 - 0   ベトナム
六平光成   8分
宇佐美貴史   45分77分90分


アラブ首長国連邦   4 - 0   ベトナム
ハーリル   6分23分27分
アブドゥッラフマーン   77分 (pen.)

ヨルダン   0 - 3   日本
永井龍   49分83分
指宿洋史   76分

グループD編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  オーストラリア 7 3 2 1 0 7 1 6
  韓国 7 3 2 1 0 3 0 3
  イラン 3 3 1 0 2 2 5 -3
  イエメン 0 3 0 0 3 1 7 -6

韓国   2 - 0   イラン


イラン   0 - 3   オーストラリア

イエメン   0 - 1   韓国

韓国   0 - 0   オーストラリア

イエメン   0 - 2   イラン
レザーイー   59分88分 (pen.)

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月11日 — 淄博スポーツセンター        
   中国 0
10月14日 — 淄博スポーツセンター
   北朝鮮 2  
   北朝鮮 2
10月11日 — 臨淄
     韓国 0  
   日本 2
10月17日 — 淄博スポーツセンター
   韓国 3  
   北朝鮮 3
10月11日 — 淄博スポーツセンター
     オーストラリア 2
   ウズベキスタン 1
10月14日 — 臨淄
   サウジアラビア 2  
   サウジアラビア 0
10月11日 — 臨淄
     オーストラリア 2  
   オーストラリア 4
   アラブ首長国連邦 2  

準々決勝編集

中国   0 - 2   北朝鮮

日本   2 - 3   韓国
指宿洋史   14分30分 (pen.)


準決勝編集

北朝鮮   2 - 0   韓国

決勝編集

北朝鮮   3 - 2   オーストラリア

最終結果編集

 AFCユース選手権2010優勝国 
 
北朝鮮
2大会ぶり3度目

2011 FIFA U-20ワールドカップ出場国編集

中国人による反日行為編集

  • 10月1日に、日本代表の選手が練習を始めたところ、中年の男がフェンス越しに水の入ったペットボトルをグラウンドに投げつけ、中国国旗を掲げながら、「日本人は昔、多くの中国人を殺したのに、今も我々の領土を占領し、漁民も捕まえた」などと叫び、約20分後、公安当局により排除された。その為、日本サッカー協会は、選手の安全確保、再発防止策をアジア連盟と大会運営者側に抗議文を出した。その後、中国サッカー協会からは状況報告と謝罪の文書が届き、アジア連盟と大会運営者側からは対応措置を取るとの連絡が入った。[1][2]
  • 10月4日日本UAE戦では、国歌演奏の際に、男が中国語で「国辱を忘れるな」と書いたトレーナーを着てグラウンド内に乱入し、日本の国旗を奪って逃げた。男は、グラウンド内を半分ほど走ったところで大会関係者に取り押さえられたが、一部の中国人観客からは歓声や拍手が上がった。 また、数は多くないが、日本側にボールが回るとブーイングを浴びせるなど、反日的な行為が続いた。[3]
  • バスで会場を出る際には、「日本人は中国領土から出て行け」との横断幕を持った一団に取り囲まれた事もあった。[4]

一連の行動は、2010年9月7日に発生した尖閣諸島中国漁船衝突事件の影響だとされ、AFCアジアカップ2004にも似たような事が起きている。

脚注編集

  1. ^ サッカーU―19代表、尖閣の抗議活動に遭う(読売新聞 YOMIURI ONLINE)
  2. ^ 小倉会長の「再発防止」要望に中国側謝罪(スポニチ)
  3. ^ 中国人男性 サッカー場で日の丸奪う「国辱を忘れるな」 [1]
  4. ^ 中国・広州アジア大会 横断幕ダメ![2]