AGM-28 ハウンド・ドッグ

飛行中のAGM-28

飛行中のAGM-28

AGM-28 ハウンド・ドッグ(Hound Dog)は、アメリカ合衆国で開発された大型の空対地ミサイルである。

概要編集

有翼でジェットエンジン推進の巡航ミサイルである。W28核弾頭を搭載し、戦略爆撃部隊に配備された。開発開始は1956年、初飛行は1959年である。

アメリカ空軍B-52戦略爆撃機(G型以降)の主要な兵器システムとして、1960年代を通じて配備されていた。1976年に全基退役し、後継のSRAM ミサイルに取って代わられた。

AGM-28は大型のためB-52の爆弾倉に格納することができず、左右の内翼下のパイロンに一機ずつ搭載する。AGM-28のジェットエンジンは搭載状態でもB-52から始動・停止を任意に行うことができ、B-52離陸時にミサイルのジェットエンジン始動させ離陸推力を補助する事ができる。なお離陸に使用した分のミサイルの燃料はB-52から補充することができる。

ミサイルは細長い胴体、胴体の後部下に胴体よりも太く短いジェットエンジンを取り付けた形状をしており、主翼は胴体後部左右にある。尾翼は垂直尾翼のみを有している。

諸元編集

機体名 AGM-28A[3] AGM-28B[4]
全長 42.5 フィート (13.0 m)
全幅 12.2 フィート (3.7 m)
全高 9.4 フィート (2.9 m)
胴体直径 2.4 フィート (0.73 m)
翼面積 81.95 平方フィート (7.613 m2)
エンジン Pratt & Whitney J52-P-3 (推力:33.36 kN) ×1
弾頭 W28核弾頭 (核出力:70 kt - 1.45 Mt)[5]
誘導方式 INS[6]
ミッション Design Mission[要説明]
空虚重量 5,919 ポンド (2,685 kg) 6,077 ポンド (2,756 kg)
弾頭重量 1,675 ポンド (760 kg) 1,742 ポンド (790 kg)
総重量 9,716 ポンド (4,407 kg) 10,147 ポンド (4,603 kg)
燃料 308 米ガロン (1,170 l; 256 imp gal) 337 米ガロン (1,280 l; 281 imp gal)
速度 M0.85 ⇒ M2.01 ⇒ M1.11 (投下時 ⇒ ダイブ開始時 ⇒ 起爆時)
投下高度 45,000 フィート (14,000 m)
最高高度 56,800 フィート (17,300 m) 56,200 フィート (17,100 m)
射程距離 最大射程 633 海里 (1,172 km; 728 mi) 683 海里 (1,265 km; 786 mi)
実用射程 602 海里 (1,115 km; 693 mi) 652 海里 (1,208 km; 750 mi)
CEP
距離350 海里 (650 km; 400 mi)
6,500 フィート (2,000 m)
距離600 海里 (1,100 km; 690 mi)
3,500 フィート (1,100 m)
距離350 海里 (650 km; 400 mi)
3,600 フィート (1,100 m)
距離600 海里 (1,100 km; 690 mi)
5,800 フィート (1,800 m)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Missile.index” (日本語). Missile.index Project (2007年6月9日). 2007年7月29日閲覧。
  2. ^ AGM-28 Hound Dog Missile”. 2020年2月24日閲覧。
  3. ^ AGM-28A Hound Dog Specifications (pdf)”. 2019年10月11日閲覧。
  4. ^ AGM-28B Hound Dog Specifications (pdf)”. 2019年10月11日閲覧。
  5. ^ Robert S. Norris; Hans M. Kristensen. U.S. Nuclear Warheads, 1945-2009. doi:10.2968/065004008. 
  6. ^ NAA N5G

関連項目編集