メインメニューを開く

anderlust(アンダーラスト)は、 日本音楽ユニット[1]。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズのgr8!recordsだった。

anderlust
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2016年 -
レーベル gr8!records(2016年 - 2017年)
共同作業者 小林武史
公式サイト anderlust official website
メンバー 越野アンナ(ボーカルギター
旧メンバー 西塚真吾(ベース
(2016年 - 2017年)

概要編集

シンガーソングライターの越野アンナとベーシストおよびアレンジャーの西塚真吾による男女2人組のユニット[1]。主に作詞作曲を担当する越野アンナの楽曲を、西塚が音楽的なアプローチでサポートする[2]

新時代のアーティストの発掘を目指して女性ファッション雑誌NYLON JAPANとソニーミュージックによって2014年に開催されたオーディション「JAM」のミュージック・パフォーマンス部門で、日本人離れしたメロディーセンスと歌唱力が評価されてNYLON賞を受賞[注 1]した越野アンナが、既に他のアーティストのサポートや編曲などを行っていたミュージシャン西塚真吾とライブを通じて知り合い、共に立ち上げたユニット[2]。またこのオーディションでの受賞がきっかけで音楽プロデューサー小林武史がプロデュースを手かける事になり、デビューに向けて楽曲制作にも全面協力する事になった[4]

ユニット名のanderlustは、「抑えきれない旅への衝動」を意味する“Wanderlust”(ワンダーラスト)という言葉から、頭文字のWを抜いてみようという遊び心で越野が命名した[3]。「今の時代を生きる二人の若者が自らの人生の旅路を歩む中で、各々が思い描く自由への渇望や欲求」といった意味が込められている[5]

音楽に限らず映像やアート、ファッションなど様々なクリエイティビティーを持つ新メンバーの加入も視野に入れながら活動の幅を広げる予定で、「ショートムービーコンペティション」を主催して、そこで映像やアートの才能を持つ新しいメンバーを探しているとする[2][6]

2017年12月31日をもって西塚真吾がメンバーを抜けて、越野アンナのソロプロジェクトとなる。[7]

メンバー編集

  • 越野アンナ(こしの アンナ)
    1996年7月30日生まれ。神奈川県川崎市生まれ。アメリカ合衆国イリノイ州育ち。
    ボーカルギター担当
    とっさの時に英語が出てくる癖が抜けないので、曲を書くときも最初は英語詞を付けている。日本語の歌詞も書こうと思えば書けるが、海外で幼少期を過ごしたときに聴いていた音楽の影響で、自分の中から自然に出てくるのは洋楽らしい表現である。音楽的ルーツはBlurJamiroquaiOasisThe Beatlesといった洋楽のバンドで、リスペクトするアーティストは椎名林檎。12、3歳の頃に既存の曲を自分なりに編曲したものを友人に聞かせたところ、感動してもらえたのをきっかけに音楽家を目指すようになった。[3]

旧メンバー編集

  • 西塚真吾(にしづか しんご)
    1990年12月10日生まれ。埼玉県出身。聖光学院中高卒。
    ベース担当
    幼少期はピアノを習っていて、ベースを始めたのはバンドをやっていた兄の影響。最初はRed Hot Chili Peppersのコピーをやる程度の遊び半分のバンド活動だったが、高校生の頃に斉藤和義大塚愛YUIなどの邦楽をどんどん好きになって行き、次第に音楽をやっている以外の自分の姿が想像できなくなったのでプロを志した。[3]

来歴編集

2016年3月30日にシングル「帰り道」でソニー・ミュージックレコーズよりメジャーデビュー。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 2016年3月30日 帰り道 CD+DVD SRCL-9013/4 84位
12cmCD SRCL-9015
2nd 2016年8月24日 いつかの自分 CD+DVD SRCL-9164/5 71位
CD+DVD SRCL-9166/7
12cmCD SRCL-9168

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ
2016年 帰り道 松竹系配給映画『あやしい彼女』主題歌
いつかの自分 フジテレビ系テレビアニメ『バッテリー』オープニングテーマ [8]
明日、春が来たら

若者のすべて

フジテレビ系テレビアニメ『バッテリー』エンディングテーマ[8]
Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜 So-netのサービス開始20周年記念タイアップ [9]

出演編集

映画編集

  • あやしい彼女(2016年、松竹) - 主人公の孫のバンドメンバー役 ※越野のみ

CM編集

  • ソニー「h.earシリーズ」(2016年) ※ Webムービー [10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ オーディションではオリジナルを1曲と、アヴリル・ラヴィーンのカバーを披露した[3]

出典編集

  1. ^ a b anderlustの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2016年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c プロフィール”. オフィシャルウェブサイト. 2016年3月30日閲覧。
  3. ^ a b c d Power Push (2016年3月28日). anderlust「帰り道」インタビュー (2/5). インタビュアー:三橋あずみ. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/anderlust/page/2 2016年3月29日閲覧。 
  4. ^ 小林武史プロデュース anderlust、デビュー曲が4月公開の映画『あやしい彼女』の主題歌に”. musicman-net (2016年2月12日). 2016年3月30日閲覧。
  5. ^ 小林武史プロデュースの新人ユニットanderlust、<Sony Music>よりメジャーデビュー決定”. Real Sound (2016年2月14日). 2016年3月29日閲覧。
  6. ^ anderlust、3人目のメンバー求めショートムービーコンペティション開催”. 音楽ナタリー (2016年3月29日). 2016年3月30日閲覧。
  7. ^ https://www.oricon.co.jp/news/2099326/full/
  8. ^ a b “anderlust、新アニメ「バッテリー」のOP&EDを担当”. 音楽ナタリー. (2016年6月16日). http://natalie.mu/music/news/191179 2016年6月17日閲覧。 
  9. ^ “「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」を小林武史氏が再アレンジし Sony Music所属の新人アーティスト“anderlust”がカバー ”. ORICON STYLE. (2016年7月12日). http://www.oricon.co.jp/pressrelease/41374/ 2016年7月12日閲覧。 
  10. ^ “ラルク、JUJU、マンウィズらソニーCM出演&新曲提供”. ORICON STYLE. (2016年10月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2080070/full/ 2016年10月17日閲覧。 

外部リンク編集