メインメニューを開く

Be Cool/ビー・クール』(Be Cool )は、2005年に公開されたアメリカ合衆国の映画。原作はエルモア・レナードが1990年に出した小説『ゲット・ショーティ』の続編。1999年に出版されたこの小説は、ギャングであるチリ・パーマーが映画業界に入っていくという内容になっている。

Be Cool/ビー・クール
Be Cool
監督 F・ゲイリー・グレイ
脚本 ピーター・スタインフェルド
原作 エルモア・レナード
製作 ダニー・デヴィート
デヴィッド・ニックセイ
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
製作総指揮 F・ゲイリー・グレイ
エルモア・レナード
マイケル・シーゲル
音楽 ジョン・パウエル
撮影 ジェフリー・L・キンボール
編集 シェルドン・カーン
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年3月4日
日本の旗 2005年9月3日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $53,000,000[1]
興行収入 $95,226,116[1]
前作 ゲット・ショーティ
テンプレートを表示

この作品の映画化は2003年から始まり、監督はF・ゲイリー・グレイ、『ゲット・ショーティ』の劇場版でプロデュース・出演を行ったダニー・デヴィートがプロデュースを行った。また、主演は『ゲット・ショーティ』に出演したジョン・トラヴォルタ

2005年に公開された際、この映画は不評だった[2]。2005年7月にビデオとDVDがリリースされた。

目次

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b Be Cool”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年6月28日閲覧。
  2. ^ Be Cool Movie Reviews, Pictures - Rotten Tomatoes
  3. ^ 前作では勝田久が担当していた。

外部リンク編集