メインメニューを開く
Boichi - Lucca Comics & Games 2014

Boichi (ぼういち、1973年1月29日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の漫画家。本名、朴 武直(パク・ムジク、박무직)。

経歴編集

漫画に活かすため大学(培材大学校)では物理学を専攻、演出技術を学ぶため秋溪芸術大学校大学院では映像を専攻。

1993年、韓国の少女漫画雑誌である「ミール(미르)」誌に掲載の『アンニョン!キャプテン(안녕! 캡틴)』でデビュー。少女漫画誌「ウインク(ko:윙크 (잡지))」誌(ソウル文化社)に1994年より連載された『無一文漫画教室(무일푼 만화교실)』のヒットで人気作家となる。女性漫画誌で活躍する男性漫画家と言う当時の韓国では異色の経歴で、当時は韓国女性漫画家協議会に加盟していた。少女漫画家時代においては、「ウインク」誌に連載された『TOON』や、「ビジュー(비쥬)」誌(時空社(시공사))に連載され、歌手のキム・ヒョンジョンが原作を担当したことでも話題となった『T.R.Y』(作画)などが代表作。

2000年より成年漫画を描き始め、韓国のウェブトゥーンのサイトである「コミックストゥデイ(ko:코믹스투데이)」にフルカラーの成年漫画『Feeling』を連載。2004年に日本の成年漫画誌「コミック阿吽」に掲載の『La Parisienne』で日本デビュー。

2006年より日本の「ヤングキング」誌(少年画報社)に連載の『サンケンロック』が長期連載となる。日本では主に少年漫画青年漫画で活動している。

作風編集

アクション作品に限らず、ラブロマンスやSF作品も描く。作品の内容に随所にパロディや社会問題を織り交ぜることも多い。主に劇画調の濃い絵柄が特徴であるが、児童向け漫画作品や『Dr.STONE』では少年漫画ということもあってかやや抑え気味でコメディ色が強い絵柄となっている。

代表作のひとつである『サンケンロック』では主に体術の駆使と、その結果を絡ませた章から始め、韓国に於ける暴力組織である「ゴンダル」と言う所謂、任侠の世界に迫り、そして、主人公は「何を正義に闘うのか?」を徐々に見い出していく。

2006年に「モーニング」に掲載されたSF読み切り作品『Hotel』では作者自身が培った豊富な知識と画力を活かした。また2008年に同誌に掲載された『全てはマグロのためだった』は翌年の創元SF文庫版《年刊日本SF傑作選》に収録された。

韓国では、一部作品を除き、日本で使用されている『Boichi』名義ではなく本名の『朴武直』名義で単行本を出している。

『Dr.STONE』で第64回小学館漫画賞少年向け部門を、『ORIGIN』で第22回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

作品リスト編集

連載作品編集

読み切り作品編集

  • WINTERS (『コミック阿吽』 2005年掲載)
  • Hotel(『モーニング』 2006年掲載)
  • Present(『モーニング』 2006年掲載)
  • 全てはマグロのためだった(『モーニング』 2008年掲載)
  • トライガン(『ヤングキング』 2010年掲載)- 内藤泰弘作の同名漫画のスピンオフ作品

単行本編集

以下、韓国国内のみで発売された作品

  • TOON (全5巻)
  • T.R.Y Take off Rush Youth (全3巻) - キム・ヒョンジョン原作
  • Feeling (全2巻)
  • 大韓民国憲法第1条 - 映画とのメディアミックス作品
  • スリスリ マッソグム
  • 映画を信じないで下さい
  • まんがサイエンス 物理編

以下、日本で発売された作品

  • サンケンロック(全25巻)
  • ユミンにご飯を食べさせたい
  • 究極宇宙味帝シーザー (後に「スペースシェフシーザー」と改題され少年画報社より刊行)
  • Lovers in Winters
  • Boichi作品集Hotel
  • ラキア(全5巻)
  • H・E The HUNT for ENERGY(全3巻)
  • Wallman-ウォールマン-(全3巻)
  • テラフォーマーズ外伝 アシモフ(全2巻)
  • ORIGIN(全10巻)
  • Dr.STONE(既刊13巻)

漫画教則本編集

以下、韓国国内のみで発売された書籍

  • 朴武直 漫画工作所 基礎編
  • 朴武直 漫画工作所 中級編
  • 朴武直 無一文デッサン教室
  • 朴武直 無一文漫画教室
  • Photoshopを使ったカラーイラストレーション秘法
  • 頭がよくなる創意力スクスク漫画描き - 児童を対象とした漫画教則本

書籍編集

  • 朴某氏物語 「私は漫画人だ」

外部リンク編集