DARKNESS HEELS

日本のメディアミックス作品

DARKNESS HEELS』(ダークネスヒールズ)とは、円谷プロダクションによる歴代のウルトラシリーズに登場する“悪役”であるダークヒーローたち「DARKNESS HEELS」を主役としたプロジェクト[1]

概要編集

ウルトラシリーズには個性的なダークヒーローが多数存在するが、本プロジェクトは2018年時点で特に若い世代の男女を中心に高い人気を誇る「ウルトラマンベリアル」「ダークザギ」「イーヴィルティガ」「カミーラ」「ジャグラス ジャグラー」らDARKNESS HEELSがメインとなっている[1]。本格始動が告知されたのは2018年9月7日だが、『ウルトラマンフェスティバル 2018』会場内ステージで本プロジェクトより一足先に行われたトークイベント「ダークヒーロー スペシャルナイト」の終盤で、DARKNESS HEELSがステージに登場した[1]。その模様を収録したBDも、発売されている[2]

その後、2018年10月18日から10月31日まで本プロジェクトの初イベント「DARKNESS HEELS WORLD」が開催された[2]

また、2019年12月14日、15日に開催された円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION」内プログラムにて「DARKNESS HEELS Morning Sabbat ~夜明けのコーヒーとともに~」が開催された。[3]

ストーリー性のあるメディアミックスは舞台から行われた。2019年5月31日に初演が公演されることが決定されて[4]同年9月に行われ、同年9月25日にはその「深化版」の公演が決定して[5]12月に行われた。キャラクターショーではないため、着ぐるみは着用せず、俳優の本人の顔と身体で演じている。公演の模様は、どちらもDVD化された。

円谷プロダクション会長の塚越隆行は今後はアニメ化も検討していることをインタビューで述べている[6]

公式イベント編集

ダークヒーロー スペシャルナイト編集

東京編集

2018年9月7日『ウルトラマンフェスティバル 2018』内で開催されたスペシャルトークイベント(出演:青柳尊哉渡辺邦斗、鶴田幸伸、ダークネスヒールズ、マグマ星人)。初のダークヒーローをメインとしたイベントということもありチケットは即完売となった。プログラム内容は出演者によるトークショー、ダークネスヒールズによるライブステージ、キャラクター撮影会。

大阪編集

2018年12月25日『ウルトラマンフェスティバル in ひらかたパーク2018-2019』内で開催されたスペシャルトークイベント(出演:青柳尊哉、渡辺邦斗、ダークネスヒールズ、マグマ星人)。

DARKNESS HEELS~THE LIVE~ 記者発表&SPナイト編集

2019年8月15日『ウルトラマンフェスティバル2019』内で開催された「DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜」の記者発表を兼ねたステージイベント。(出演:校條拳太朗谷佳樹友常勇気古谷大和相楽伊織久保田唱、ダークネスヒールズ、マグマ星人)

DARKNESS HEELS WORLD編集

2018年版
2018年10月18日から10月31日まで、東京ソラマチ(R)5階 スペース634を会場として開催された。イメージ展示やフォトコーナーが設置され、このイベント用に会場でしか聞けないウルトラマンベリアル(声 - 小野友樹)による音声ナビが用意された。
2019年版
2019年10月19日から10月31日まで、東京ソラマチ(R)5階 スペース634を会場として開催された。土日祝には、日替わりで各キャラクターにフィーチャーした各回約20分のキャラクターショーが行われた。写真撮影会もあり、DARKNESS HEELSに加えてウルトラマントレギアやダークファウストなど、様々なダークヒーローも登場した。イメージ展示やフォトコーナーも前回から引き続き設置されており、期間中には舞台化記念のトークショー(出演:イーヴィルティガ、カミーラ、マグマ星人、友常勇気、相楽伊織)や、後藤正行のサイン会を実地した日もある。

DARKNESS HEELS Morning Sabbat ~夜明けのコーヒーとともに~編集

円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION」内プログラムとして東京ドームホテル B1階 大宴会場「天空」にて開催された。(出演:青柳尊哉、渡辺邦斗、七瀬公、ダークネスヒールズ、マグマ星人、他)[7]入場特典はダークネスヒールズのティーカップセット。

開演時間が午前の09:50だったことから「モーニングサバト」「夜明けのコーヒー」というイベントタイトルになっている。

プログラム内容はダークネスヒールズによるオープニングアクト、ジャグラス ジャグラー、伏井出ケイ、霧崎によるクロスオーバー朗読劇「闇の喫茶店お三人様」、トークショー、プレゼントタイム、写真撮影タイム、ダークネスヒールズとキャスト陣によるお見送り。

「闇の喫茶店お三人様」編集

中野貴雄脚本による5章からなる朗読劇。朗読劇のタイトルではあるが、実際にはキャストは舞台上で台本を持たずに演技を行い、コーヒーや携帯電話の小道具を駆使して演じる舞台劇であった。ウルトラマントレギアも霧崎の「心の声」として出演している。

舞台編集

DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜編集

2019年9月18日から23日まで、東京・シアター1010にて全10公演が行われた[8]。それに先駆け、プレビュー公演が同年9月13日に新座市民会館にて公演されている[8]

スタッフ
キャスト

DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜SHINKA編集

あるいは「深化版」とも称される[5]。2019年12月5日から15日まで、東京・CBGKシブゲキ!!にて全15公演が行われた[9]

初演を基盤とした全キャストが出演するメインストーリーと合わせ、初演では描かれなかったDARKNESS HEELSの各々に焦点を当てた5つのサイドストーリーを、日替わりで演じる[5]

当初、ダークザギ役は初演からの続投で古谷大和が予定されていた[5]が、怪我のために降板している[10]

スタッフ
  • 脚本・演出:久保田唱
キャスト
  • ウルトラマンベリアル - 石渡真修
  • ジャグラス ジャグラー - 上仁樹
  • イーヴィルティガ - 友常勇気
  • ダークザギ - 神里優希
  • カミーラ - 相楽伊織
  • 惑星アバン
    • ノーム・ジェイ - 影山達也
    • ワード・ロレッテ - 田中しげ美
    • レジーナ・ロレッテ - 諸塚香奈実
    • ダッシュ・ロレッテ - 岩崎良祐
    • クレスト・ハーロイ - 松田将希
    • エメリ・アメリ - 富田麻帆
  • O-50
    • パルビナ・ルイ - 宮崎理奈
    • ルーク・バセン - 白柏寿大
    • ロンメル - 近藤雄介
    • セシル・ソリア - 田中崇士
    • ボダイ - 香音有希
  • 無所属
  • 惑星テリオからの刺客
    • シャルム・フィーラー - 杉江優篤
    • ギア・メイ - 春原優子
    • ファルコス・ミザイ - 早乙女じょうじ
    • シュシュ - 高橋紗妃
    • グレゴ - 岩田栄慶
    • モリア - 丸山貢治
    • コア - 力丸佳大
    • ヤスカ - 天音みほ
    • ハルカ - 堀越せな
    • ヒュース・アーディ - 佐川大樹
  • アクションアンサンブル - 浅葱春人岡野一平、坂元恭平、高田紋吉、橋本直也渡辺誠也

DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜2022編集

2022年9月15日から20日まで、東京・シアター1010にて公演が行われた[11]

スタッフ
  • 脚本・演出:久保田唱
キャスト

リアル謎解きゲーム編集

2019年11月23日から12月22日まで、なぞともカフェ渋谷店シアタースペースにて公演型のリアル謎解きゲームDARKNESS HEELS(仮名表記でダークネスヒールズとも) 大宇宙牢獄からの脱獄』が催された[12]。制作団体はなぞともカフェの運営もしているバンダイナムコアミューズメント

漫画編集

綱島志朗による漫画版が『DARKNESS HEELS -Lili-』のタイトルで『ComicWalker』(KADOKAWA)にて連載していた[13]。現在は、第1話のみ掲載中。

時系列は『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜』のその後となっている。また、本作の怪獣はバトルナイザーを使い呼び出す設定になっており登場怪獣も平成三部作(ウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラマンガイア)の怪獣達が登場する。

登場人物
リリ・アーカイヴ
惑星フースに住む少女で、内戦を鎮圧する暴徒鎮圧部隊の戦闘員。
アーリ・アーカイヴ
リリの母。現在は行方不明になっている。
サイロ
リリの上官にあたる鎮圧部隊の隊長。しかし、裏では不可解な行動を見せる。そして終盤、意外な正体が明らかとなる。
登場怪獣
ホーリーデモンズ
ヒュース・アーディが作り出した怪獣。

書誌情報編集

  • 漫画:綱島志朗 / 原作:円谷プロダクション 『DARKNESS HEELS -Lili-』 KADOKAWA、全2巻
  1. 2022年3月2日発売[14]ISBN 978-4-04-811174-4
  2. 2022年7月27日発売[15]ISBN 978-4-04-811180-5

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 歴代のウルトラマンシリーズに登場するダークヒーローが主役!ダークヒーロープロジェクト『DARKNESS HEELS』本格始動!!  (PDF)”. 株式会社 円谷プロダクション プレスリリース (2018年9月7日). 2020年11月9日閲覧。
  2. ^ a b 「DARKNESS HEELS WORLD」10/18(木)より開幕!会場限定のグッズやベリアルの会場音声ナビゲーション登場!ウルフェス2018で大好評を博した「ダークヒーロースペシャルナイト」のBlu-ray発売決定!”. 円谷ステーション (2018年10月17日). 2020年11月9日閲覧。
  3. ^ DARKNESS HEELS Morning Sabbat ~夜明けのコーヒーとともに~ | PROGRAM” (日本語). 「TSUBURAYA CONVENTION 2019」公式サイト (円谷コンベンション). 2021年8月19日閲覧。
  4. ^ ウルトラマンシリーズ史上初、舞台俳優が演じる“ダークヒーローが主役”の舞台舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』公演決定!”. PR TIMES (2019年5月31日). 2020年11月9日閲覧。
  5. ^ a b c d 舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』“深化版”、舞台『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜SHINKA』早くも上演決定!”. PR TIMES (2019年9月25日). 2020年11月9日閲覧。
  6. ^ 【インタビュー】円谷プロダクション塚越隆行代表取締役会長兼CEO”. 文化通信オンラインストア (2019年10月3日). 2019年10月3日閲覧。
  7. ^ DARKNESS HEELS Morning Sabbat ~夜明けのコーヒーとともに~ | PROGRAM” (日本語). 「TSUBURAYA CONVENTION 2019」公式サイト (円谷コンベンション). 2021年8月19日閲覧。
  8. ^ a b 舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』開幕”. PR TIMES (2019年9月15日). 2020年11月9日閲覧。
  9. ^ 舞台『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜SHINKA』いよいよ開幕!”. PR TIMES (2019年12月5日). 2020年11月9日閲覧。
  10. ^ @TimelyOffice (2019年11月6日). "【お知らせ】古谷大和が、怪我療養の為「DARKNESS HEELS 〜THE LIVE〜SHINKA」を降板させて頂くことになりました。" (ツイート). Twitterより2020年11月9日閲覧
  11. ^ “主役はダークヒーロー「DARKNESS HEELS」2022年版、八木将康がウルトラマンベリアルに”. ステージナタリー. (2022年8月3日). https://natalie.mu/stage/news/488054 2022年8月3日閲覧。 
  12. ^ ダークネスヒールズ×なぞともカフェ”. なぞともカフェ. 2021年2月2日閲覧。
  13. ^ “「ウルトラ」シリーズのダークヒーローにスポット当てた新連載、ComicWalkerで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年4月19日). https://natalie.mu/comic/news/425017 2021年4月19日閲覧。 
  14. ^ 「DARKNESS HEELS -Lili- 1」 綱島志朗[コミックス(その他)]”. KADOKAWA. 2022年3月2日閲覧。
  15. ^ 「DARKNESS HEELS -Lili- 2」 綱島志朗[コミックス(その他)]”. KADOKAWA. 2022年7月27日閲覧。

外部リンク編集