メインメニューを開く

DYGL(デイグロー[3])は、日本ロック・バンドである[4]。メンバーは秋山信樹、下中洋介、加地洋太郎、嘉本康平の4名で構成されている[5]

DYGL
出身地 日本の旗 日本 東京都[1]
ジャンル ロック
活動期間 2012年 -
レーベル Hard Enough[2]
公式サイト dayglotheband.com
メンバー 秋山信樹
下中洋介
加地洋太郎
嘉本康平

概要編集

2012年、大学のサークル内で結成した[6]。秋山、加地、嘉本は同時並行して活動していたYkiki Beatのメンバーでもある[7]

2016年、DYGLとして初のEP『Don't Know Where It Is』をリリースした[8]。その後、2017年に渡米しザ・ストロークスアルバート・ハモンドJr.をプロデューサーに迎えアルバム『Say Goodbye to Memory Den』を発表した[9]。2019年にアルバム『Songs of Innocence & Experience』をリリースした[10]

バンド名の由来編集

バンド名の由来は、"Dayglo" (デイグロー)という"蛍光色"また"安っぽくて派手"という単語から付けられた[11]。現在のバンド名に到るまでデナーダやLeatherと名乗っており、最終的にDYGLというバンド名に落ち着いた[11]

年譜編集

  • 2012年、下中と嘉本が組んでいたバンドが解散したことをきっかけに、秋山を誘いDYGLを結成[12]。ドラムとボーカルを担当していた秋山とギター担当の嘉本が楽器を入れ替わり、程なくしてベースに加地が加入した[12]
  • 2015年、『EP #1』をカセットとBandcampで自主リリースした。
  • 2016年、『Don't Know Where It Is』をCD、アナログ、カセットでリリースした。
  • 2017年、アルバム『Say Goodbye to Memory Den』を発表した。アルバート・ハモンドJr.とガス・オバーグがプロデュースを手がけた。『Say Goodbye to Memory Den Release Tour』と題し、全国ツアーとアジアツアーを実施した。フジロックフェスティバルへも初出演した。
  • 2018年、ビーチ・フォッシルズ英語版とツーマンライブを開催した。大阪・東京公演どちらもソールドアウトとなった[13]サマーソニックライジング・サン・ロックフェスティバルにも出演した。
  • 2019年、アルバム『Songs of Innocence & Experience』[14]、そして2年ぶりとなる日本ツアーを発表した。フジロックフェスティバルのRED MARQUEEステージに出演した。

メンバー編集

  • 秋山信樹 - ヴォーカル、ギター
  • 下中洋介 - ギター
  • 加地洋太郎 - ベース
  • 嘉本康平 - ドラムス[5]

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

発売日 タイトル 収録曲 出典
2017年4月19日 Say Goodbye to Memory Den [15]
2019年7月3日 Songs of Innocence & Experience [16]

EP編集

  • EP #1(2015年6月1日)[17]
  • Don't Know Where It Is(2016年5月4日)[11][18]

シングル編集

  • Let's Get Into Your Car(2014年9月22日)[19]
  • Waste of Time(2016年12月21日)[20]
  • Let It Out(2017年11月21日)[21]
  • Bad Kicks(2018年2月28日)[22]
  • A Paper Dream(2019年3月6日)[23]

脚注編集

  1. ^ DYGL”. Bandcamp. 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ DYGLが1stEPのレコ発ツアーを開催! ミツメ、Seuss、Boys Age、Cemetery、Batman Winksらと共演!”. Spincoaster (2016年4月13日). 2019年7月18日閲覧。
  3. ^ INTERVIEW / DYGL”. Spincoaster (2017年4月27日). 2019年7月18日閲覧。
  4. ^ 【インタビュー】DYGLの車で聴きたい楽曲プレイリスト”. Qetic (2017年2月2日). 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ a b DYGL『Songs of Innocence & Experience』 誰よりもロマンチストな4人組の見る夢”. Mikiki (2019年7月11日). 2019年7月18日閲覧。
  6. ^ DYGLの4都市ツアーにミツメら、新作EPのレコ発イベント”. CINRA.NET (2016年4月13日). 2019年7月18日閲覧。
  7. ^ Ykiki Beatのメンバー3人を擁するロックバンドDYGL、ファーストEPをリリース!”. BELONG Media (2016年3月14日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ DYGL──格好いい男の子たち現る”. ele-king (2016年3月29日). 2019年7月18日閲覧。
  9. ^ DYGL、最新アルバムより「Let It Out」MV&「Come Together」音源公開”. 音楽ナタリー (2017年4月11日). 2019年7月18日閲覧。
  10. ^ ヨーロッパへと新たな一歩を踏み出したインディロックバンド、dygl”. i-D (2019年7月3日). 2019年7月18日閲覧。
  11. ^ a b c 【interview前半+おまけ】 アメリカ滞在中のDYGLが語るアナログ録音にこだわった最新作と現地から写真で現状をお届け!”. BELONG Media (2016年5月1日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ a b Interview with DYGL”. LIFT by STUDY. 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ 【ライブレポート】DYGLとBeach Fossils、夢の競演果たしたツーマン”. 音楽ナタリー. 2019年8月16日閲覧。
  14. ^ 世界基準で真っ向勝負するDYGLの「無邪気さ」と「経験」をセカンド・アルバムで追体験する”. Qetic (2019年7月5日). 2019年8月16日閲覧。
  15. ^ Say Goodbye to Memory Den by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  16. ^ Songs of Innocence & Experience by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  17. ^ EP #1 | DYGL”. Bandcamp. 2019年7月18日閲覧。
  18. ^ Don't Know Where It Is - EP by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  19. ^ Let's Get Into Your Car | DYGL”. Bandcamp. 2019年7月18日閲覧。
  20. ^ Waste of Time - Single by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  21. ^ Let It Out - Single by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  22. ^ Bad Kicks - Single by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。
  23. ^ A Paper Dream - Single by DYGL”. Apple Music. Apple Inc.. 2019年7月18日閲覧。

関連文献編集

外部リンク編集