ARABAKI ROCK FEST.

アラバキロックフェスティバル
ARABAKI ROCK FEST.
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 荒吐
アラバキ
ARABAKI
バキフェス
正式名称 ARABAKI ROCK FEST.
開催時期 GW
初回開催 2001年平成13年)
会場 エコキャンプみちのく(国営みちのく杜の湖畔公園
主催 東北放送仙台放送Date fmGIP
後援 川崎町、みちのく公園管理センター、音楽と人SPACE SHOWER TV
協賛 (特別協賛)NTT docomo
(協賛)BudweiserLAWSON宮交観光サービス、レンタルのニッケンHarley-davidsonリポビタンDCHUMSColemanMFT
企画制作 ARABAKI PROJECT、GIP
協力 (環境対策協力)TOWER RECORDSTimberlandA SEED JAPAN
(協力)カナダ大使館TSUTAYA
プロデューサー 菅 真良
来場者数 5.0万人(2015年
エコキャンプみちのくへの交通アクセス
直通バス JR logo (east).svg仙台駅および大河原駅より臨時シャトルバス
駐車場 事前に駐車券の購入が必要(当日券がない場合も)、会場内・周辺に駐車場設置
公式サイト

ARABAKI ROCK FEST.(あらばきロックフェスティバル)とは、2001年平成13年)から毎年、仙台都市圏の郊外地域で行われているJ-POP系の有料野外ロック・フェスティバル。主催はGIP。2005年(平成17年)からはゴールデンウィーク中の開催となり、フェスの代表例となっている。東北地方では最大級の音楽フェス[1]
横書きの「ARABAKI ROCK FEST.」、および、縦書きの「荒吐」がロゴタイプとなっている。「荒吐」「ARABAKI」「アラバキ」「バキフェス」、「荒吐ロックフェス」など。

目次

アラバキについて編集

「アラバキ」は「アラハバキ」と同義で、漢字は当て字なので数種ある。
鹽竈神社の末社の、アラハバキをまつった荒脛巾明神(荒脛巾神社とも。多賀城市)が、第1回の開催地仙台港の近くにあることに由来する。

沿革編集

自治体 エリア 会場 観客動員
屋内 野外
2001年 8月 4日 4日 宮城野区
仙塩
仙台港 夢メッセみやぎ
accel
2002年 9月 14日
16日
宮城野区
(仙塩)
仙台港 accel
15日 青森市
青森県
青森港 青森Quarter
10月 17日 秋田市
秋田県
秋田港 寺内倉庫
2003年 9月 6日
7日
7日 多賀城市
(仙塩)
国府
多賀城駅
多賀城市民会館
東北歴史博物館
多賀城市中央公園
城南小学校裏市有地
2004年 10月 9日 宮城野区
(仙塩)
仙台港 accel
2005年 4月 28日 29日
30日
宮城野区
(仙塩)
仙台港 屋外特設ステージ
accel
2006年 4月 29日
30日
川崎町
仙南
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく
2万4000人[2]
2007年 4月 29日
30日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく
3万2000人
2008年 4月 26日
27日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく
3万3870人[3]
2009年 4月 25日
26日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
3万0510人[4]
2010年 5月 1日
2日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
4万2000人[5]
2011年 8月 27日
28日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
4万2500人[6]
2012年 4月 28日
29日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
3万8000人以上[7]
2013年 4月 27日
28日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
4万5730人[8]
2014年 4月 26日
27日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
4万8000人[9]
2015年 4月 25日
26日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
5万0000人[10]
2016年 4月 29日
30日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
5万2000人[11]
2017年 4月 29日
30日
川崎町
(仙南)
釜房湖 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区
エコキャンプみちのく(風の草原)
5万4000人[12]

ステージ・ブース編集

2005年(平成17年)から東北各地を元にしたステージ名が使われるようになった。下記の記載は現在の開催地であるエコキャンプみちのくで開催されるようになってからの名称。

  • MICHINOKU 陸奥 みちのく
現在の開催地エコキャンプみちのくで開催されるようになってから採用されている。
「陸奥」(みちのく)は東北の古称であるが、該当県は開催地である宮城県となる。
収容人数10,000人。(内スタンディングゾーン6,000人)他ステージに比べて広いステージとなっている。
2005年(平成17年)は代わって「TAGAJO 多賀城」が使われていた。
  • HATAHATA 鰰
収容人数4,000人。(内スタンディングゾーン2,000人)
秋田県の県魚である「鰰(ハタハタ)」より命名されている。
2014年(平成26年)まで収容人数が3,500人(内スタンディングゾーン1,800人)だった。[13]
  • TSUGARU 津軽
収容人数2,500人。
青森県北部の呼称「津軽」より命名されている。
2014年(平成26年)まで収容人数が1,000人だった。[14]
  • ARAHABAKI 荒吐
収容人数3,000人。
「荒吐族」から命名されている。
岩手県奥州市胆沢区を中心とした北東北に住んでいたという説からきている。該当県は岩手県
フェスの名称は「あらばき」であるが、ステージでの名称は「あらはばき」である事に注意。
2014年(平成26年)まで収容人数が1,500人だった。[15]
  • HANAGASA 花笠
収容人数2,000人。
山形県花笠祭り」から命名されている。
2008年(平成20年)から第5のステージとして登場。
唯一の屋内ステージとなっており、他ステージ同様の音楽ライブ以外にDate FMによるラジオ収録が行われている。
2009年(平成21年)まではMICHINOKU ステージまでのメインロードへ行く途中にあった。2007年(平成19年)は同じ場所にDate FMステージが存在していた。
2010年(平成22年)は場所が移され、BAN-ETSU ステージ および キャンプサイト がある 風の草原 と、HATAHATA ステージ の中間にできる事が発表されている。[16]
  • BAN-ETSU 磐越
収容人数10,000人。(内スタンディングゾーン6,000人)
福島県の路線「磐越西線」から命名されている。
2010年(平成22年)から第6のステージとして登場。当時の収容人数は3,000人だった。[17]場所はエコキャンプみちのくの手前にある 風の草原の奥にあり、手前はキャンプサイトとして使用される。[18]
2011年(平成23年)、収容人数が6,000人(内スタンディングゾーン3,000名)に拡大。[19]
2014年(平成26年)に、風の草原の手前に場所が移る。[20]
2015年(平成27年)、収容人数が8,000人(内スタンディングゾーン4,000名)に拡大。[21]
2017年(平成29年)、収容人数が10,000人(内スタンディングゾーン6,000名)に拡大。[22]

出演アーティスト編集

以下、年に記載しているものは主な ARABAKI ROCK FEST. 関連イベントの名称(当時公式に公開された名称)

ARABAKI ROCK FEST.2001編集

この時サイトでは「ARABAKI ROCK FESTIVAL」と表記されている部分があり、現在のロゴタイプ「ARABAKI ROCK FEST.」が完全に確立されていなかった事がわかる。

開催日 会場 出演者
8月4日 夢メッセみやぎ
展示棟
accel
夢メッセみやぎ
会議棟
屋外ステージ

ARABAKI ROCK CIRCUIT 2002編集

この年は、サーキット形式で3都市で開催された。 現在のステージ名で用いられている名称「津軽」「鰰」がこの時に使われている。

開催日 イベント名 会場 出演者
9月14日 多賀城ブルース accel
9月15日 津軽ギター 青森Quarter
  • 斉藤和義
  • HARRY
9月16日 多賀城SUNSET accel
10月27日 鰰の叫ぶ声 日の出運輸企業(株)
寺内倉庫

ARABAKI ROCK FEST.09072003編集

開催日 会場 出演者
9月6日
荒吐宵祭
多賀城市民会館
小ホール
東北歴史博物館
9月7日 CENTRAL PARK STAGE
(多賀城市中央公園)
JOHNAN YARD
(城南小学校校舎裏市有地)
MUSEUM STAGE
(東北歴史博物館)

2004年 荒吐宵祭編集

ARABAKI ROCK FEST.04292005 への準備として2004年(平成16年)は荒吐宵祭が開催された。 荒吐宵祭そのものは秋の開催であるが、この時からデザインが桜が使われはじめており、春の開催を前提に進めていたと思われる。

開催日 仙台港 accel
10月9日

ARABAKI ROCK FEST.04292005編集

はじめてのゴールデンウィーク期間による開催。以後 ARABAKI ROCK FEST. の開催は4月 - 5月のゴールデンウィーク期間中となった。 ステージ名に「多賀城 TAGAJYO」「鰰 HATAHATA」「津軽 TSUGARU」「荒吐 ARAHABAKI」を採用。屋内の「accel」を含めて5ステージ構成で行われた。 このうち「鰰 HATAHATA」「津軽 TSUGARU」「荒吐 ARAHABAKI」は2006年以降も採用されている。

開催日 イベント名 会場 出演者
4月28日 荒吐宵祭/前夜
GOING TO ARABAKI ROCK FEST.04292005
仙台港・accel
開催日 エリア 出演者
4月29日 多賀城
津軽
荒吐
accel
開催日 イベント名 会場 出演者
4月30日 荒吐宵祭/後夜
ARABAKI ROCK FEST.04292005 AFTER
仙台港・accel

ARABAKI ROCK FEST.06編集

ステージ「TAGAJYO 多賀城」に代わって「MICHINOKU みちのく」ができる。 公式には開催地を 国営みちのく杜の湖畔公園 を含めず、「エコキャンプみちのく」のみで表記している。これは 国営みちのく杜の湖畔公園 の北地区と南地区が分離しており、当時 北地区 には「エコキャンプみちのく」ができたばかりであった。「国営みちのく杜の湖畔公園」と記載すると南地区と勘違いされてしまうため、その対処として「エコキャンプみちのく」とだけ記載されている。
2日間の開催となり、キャンプサイトが設けられるようになる。イベント名称から月日が削除され、年表記が2桁となった。ただし、当時の表記として「'」が付いているのは「ARABAKI ROCK FEST.06'」のみであり、次の年からは「ARABAKI ROCK FEST.07」等と「'」が外されるようになった。「荒吐」のロゴタイプが、左上に「荒」、右下に「吐」だった。
例年はサクラが散りかけている時期に開催となるが、この年は開花が遅れ、寒い日が続いた事もあって、ほぼ満開の状態で2日間が開催された。春開催としてサクラをイメージしていた運営者によって最高の2日間となった。しかし、終演には雨となり、これらのサクラはほぼ散ってしまった。
4月29日初日の入場でチケットとリストバンドとの交換作業に時間を要し、入場に数時間要してしまう状況となった。これに伴う参加者からのクレームが主催者に殺到する事になる。この対策として2007年(平成19年)からは一部の先行予約でリストバンドを送付、リストバンド交換所を駐車場に設ける等して、リストバンドを入場前に取り付けるよう対策が取られるようになった。


開催日 エリア 出演者
4月29日 みちのく
(MICHINOKU)
supported by NTTドコモ東北
荒吐
(ARAHABAKI)

(HATAHATA)
みちのくエンターテインメント presents 鰰ミッドナイトファイト
津軽
(TSUGARU)
キャンプファイヤーライブ
4月30日 みちのく
(MICHINOKU)
荒吐
(ARAHABAKI)

(HATAHATA)
津軽
(TSUGARU)

ARABAKI ROCK FEST.07編集

「Date FM」ステージができる。(ラジオ収録。下記では表記していない)
プロレスは夜間から昼間2日間に分けて行われるようになった。

開催日 エリア 出演者
4月28日 みちのく
(MICHINOKU)
  • カラーボトル
  • halos
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
  • Chara
  • MONGOL800
  • The Birthday
  • ELLEGARDEN
  • 川内太鼓
  • the pillows
荒吐
(ARAHABAKI)
  • sleepy.ab
  • DOES
  • MO'SOME TONEBENDER
  • ミドリ
  • フジファブリック
  • eastern youth
  • envy
  • the band apart
  • THEATRE BROOK

(HATAHATA)
  • eksperimentoj
  • 藤原美幸 - 秋田民謡
  • チャットモンチー
  • START FROM SCRATCH
  • GREAT ADVENTURE
  • センダイガールズプロレスリング - HATAHATA SATURDAY AFTERNOON FIGHT ※鰰サイト脇にて開催
  • THE HELLO WORKS(スチャダラパー&SLY MONGOOSE)
  • ホフディラン
  • TOKYO No.1 SOUL SET
  • ROVO
津軽
(TSUGARU)
  • THE CORONA
  • 長澤知之
  • UA
  • 夢弦会 - 津軽三味線
  • 坂本サトル with his acoustic band
  • HARRY
  • 安藤裕子
  • 吾妻光良&The Swinging Boppers
    (guest: 佐藤タイジ(THEATRE BROOK) / 堂島孝平)
  • ハナレグミ
  • 斉藤和義(弾き語り)
キャンプファイヤーライブ
  • 夢弦会 - 津軽三味線
  • DJ 阿部孝行
  • 荒吐presents 北のまほろばを行く
    (山口洋(HEATWAVE) / 古明地洋哉 / 竹内晃(CREEPS) / 石川コウ / おおはた雄一)
4月29日 みちのく
(MICHINOKU)
  • うきぐも
  • BEAT CRUSADERS
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • Dragon Ash
  • 浅井健一
  • UA
  • 多賀城東小学校BRIGHT KIDS
  • ウルフルズ
荒吐
(ARAHABAKI)
  • Superfly
  • フルカワミキ
  • 8otto
  • POLYSICS
  • 髭(HiGE)
  • THE BACK HORN
  • 10-FEET
  • KEMURI

(HATAHATA)
  • ザ50回転ズ
  • 怒髪天
  • The ピーズ
  • 小谷美紗子 Trio
  • 斉藤和義(BAND)
  • みちのくプロレス - HATAHATA SUNDAY AFTERNOON FIGHT
    ※鰰サイト脇にて開催
  • HAWAIIAN6
  • ザ・クロマニヨンズ
  • エレファントカシマシ
津軽
(TSUGARU)
  • てるる...
  • 風味堂
  • HEATWAVE
  • Caravan
  • OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
  • 元ちとせ
  • SOUL FLOWER UNION

ARABAKI ROCK FEST.08編集

「Date FM」ステージに代わって「HANAGASA 花笠」ステージが登場。完全5ステージになった。
キャンプファイヤーライブはこの年から「HANAGASA 花笠」ステージで行われるようになった。

開催日 エリア 出演者
4月26日 みちのく
(MICHINOKU)
  • THE YOUTH
  • Northern19
  • MONGOL800
  • SUPER BUTTER DOG
  • ストレイテナー
  • BEAT CRUSADERS
  • チャットモンチー
  • アンジェラ・アキ
  • 川内太鼓
  • 斉藤和義 with ARABAKI MICHINOKU SESSION
荒吐
(ARAHABAKI)
  • SPIKE SHOES
  • サンボマスター
  • monobright
  • THE日本脳炎
  • Theピーズ
  • フラワーカンパニーズ
  • THE PRIVATES
  • マキシマム ザ ホルモン
  • 怒髪天
  • 銀杏BOYZ

(HATAHATA)
  • 石川コウ
  • 9mm Parabellum Bullet
  • ミドリ
  • センダイガールズプロレスリング - HATAHATA SATURDAY AFTERNOON FIGHT ※サイト脇にて開催
  • the band apart
  • 10-FEET
  • the pillows
  • BOOM BOOM SATELLITES
  • GRAPEVINE
津軽
(TSUGARU)
  • silver spoon eyeball
  • i-dep
  • tobaccojuice
  • つじあやの
  • BLACK BOTTOM BRASS BAND
  • THE HELLO WORKS
    (スチャダラパー+SLY MONGOOSE+ロボ宙)
  • うつみようこ & YOKOLOCO BAND
  • 木村充揮×近藤房之助
  • RYUKYUDISKO
  • 夢弦会
花笠
(HANAGASA)
  • 六畳人間
  • Farmers
  • he
  • lego big morl
  • オトナモード
  • タテタカコ
  • Date fm MEGA★ROCKS 公開録音
キャンプファイヤーライブ
  • Saigenji
  • HANAGASA SESSION 映像と音の祭 Produced by MAZRI
    (TWIN TAIL / 下北むつの子守歌 / THE SUN PAULO)
4月27日 みちのく
(MICHINOKU)
  • カラーボトル
  • 藤田悠冶
  • THE BACK HORN
  • 曽我部恵一BAND
  • 宮城蔵王支倉豊年踊り
  • ACIDMAN
  • ELLEGARDEN
  • エレファントカシマシ
  • BEGIN
  • 忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
荒吐
(ARAHABAKI)
  • under the yaku cedar
  • GO!GO!7188
  • NICO Touches the Walls
  • 勝手にしやがれ
  • 髭(HiGE)
  • DOES
  • 佐藤タイジ(Gt&Vo:佐藤タイジ / Ba:ウエノコウジ / Ds:恒岡章)
  • RIZE
  • eastern youth
  • JUN SKY WALKER(S)

(HATAHATA)
  • 藤原美幸 - 秋田民謡
  • SPECIAL OTHERS
  • toe
  • MONO
  • みちのくプロレス - HATAHATA SUNDAY AFTERNOON FIGHT
    ※サイト脇にて開催
  • DO MAKE SAY THINK
  • ゆらゆら帝国
  • ORIGINAL LOVE
  • FRICTION(ЯECK・中村達也)
  • SHERBETS
津軽
(TSUGARU)
  • GANGA ZUMBA
  • COMEBACK MY DAUGHTERS
  • KAN
  • FLYING KIDS
  • Double Famous
  • 原田知世
  • HEATWAVE
花笠
(HANAGASA)
  • PhilHarmoUniQue
  • たむらぱん
  • リトルキヨシトミニマム!gnk!
  • perfect piano lesson
  • MASS OF THE FERMENTING DREGS
  • the telephones
  • Date fm MEGA★ROCKS 公開録音
  • HANAGASA SESSION 映像と音の祭 Produced by MAZRI
    (番場秀一(映像)+松崎ナオ(音) / 迫田悠(映像)+勝井祐二(音))

ARABAKI ROCK FEST.09編集

増加する参加人数に伴うキャンプサイト対策として、会場近くに2008年(平成20年)公開された「風の草原」を新たなキャンプサイトの場所として開放した。
2日間共雨となり、気温も寒い中の開催となった。この天候に影響され、現在の会場になってからはじめて前年の入場者数を下回った。

開催日 エリア 出演者
4月25日 みちのく
(MICHINOKU)
  • EGNISH
  • ジッタリン・ジン
  • マキシマム ザ ホルモン
  • 10-FEET
  • ザ・クロマニヨンズ
  • 渋さ知らズオーケストラ
  • エレファントカシマシ
荒吐
(ARAHABAKI)
  • Sorrys!
  • ズクナシ
  • SPANK PAGE
  • 松崎ナオ
  • THE NEATBEATS
  • REDEMPTION 97(ex.KEMURI ex.POTSHOT)
  • SA
  • DOES
  • 遠藤賢司&カレーライス
  • 川内太鼓
  • フラワーカンパニーズ

(HATAHATA)
  • 藤原美幸 - 秋田民謡
  • THE BACK HORN
  • MO'SOME TONEBENDER
  • LOW IQ & THE BEAT BREAKER
  • みちのくプロレス - HATAHATA SATURDAY AFTERNOON FIGHT ※鰰サイト脇にて開催
  • 9mm Parabellum Bullet
  • ASPARAGUS
  • 凛として時雨
  • BUCK-TICK
津軽
(TSUGARU)
  • nhhmbase
  • 曽我部恵一ランデヴーバンド
  • YOUR SONG IS GOOD
  • 二階堂和美
  • 夢弦会 - 津軽三味線 ※下記3アーティストの前にサブステージで演奏
  • 泉谷しげる
  • Timber Timbre(CANADA)
  • FRICTION(RECK+NAKAMURA TATSUYA)
キャンプファイヤーライブ
  • TRICERATOPS×関和亮(VJ)
  • HEATWAVE×mood.films(VJ)
  • SION with Bun Matsuda×諸沢利彦(VJ)
  • The SunPaulo
  • 浜辺シゲキ presents "NIGHT HOP"
    〜SOUND SKETCH of ジム・ジャームッシュ〜
花笠
(HANAGASA)
  • dinner
  • キセル
  • te'
  • aie
  • 8otto
  • Date fm MEGA★ROCKS 公開収録
  • 佐藤タイジバンド
    〈Gt&Vo:佐藤タイジ / Ba:ウエノコウジ(from Radio Caroline) / Ds:阿部耕作(from THE COLLECTORS)〉
  • sgt. with VJ:迫田悠
  • 渡邊琢磨 aka COMBOPIANO with sighboat
    〈内田也哉子 / 鈴木正人(from LITTLE CREATURES) / 千住宗臣(ex.BOREDOMS) / 七尾旅人 / 渡邊琢磨〉
4月26日 みちのく
(MICHINOKU)
  • LOCAL SOUND STYLE
  • チャットモンチー
  • 髭(HiGE)
  • the pillows
  • ACIDMAN
  • ハナレグミ
  • LOVE PSYCHEDELICO
  • 曽我部恵一BAND with 荒吐 MICHINOKU PEACE SESSION!!
    (GUESTS: 泉谷しげる / 遠藤賢司 / 加藤雄一郎(from NATSUMEN) / 中納良恵(from EGO-WRAPPIN') / 向井秀徳(from ZAZEN BOYS) / やついいちろう(from エレキコミック) / LOVE PSYCHEDELICO (KUMI & NAOKI) & 西馬音内盆踊り(from 秋田県羽後町))
荒吐
(ARAHABAKI)
  • spike shoes
  • UNCHAIN
  • たむらぱん
  • noodles
  • MASS OF THE FERMENTING DREGS
  • AS MEIAS
  • ニューロティカ
  • 武藤昭平withウエノコウジ
  • NICO Touches the Walls
  • 多賀城東小学校BRIGHT KIDS
  • Theピーズ

(HATAHATA)
  • LAZYgunsBRISKY
  • SOIL&"PIMP"SESSIONS
  • GRAPEVINE with 長田進(from Dr.StrangeLove)
  • VOLA & THE ORIENTAL MACHINE
  • the telephones
  • AUDREY(SWEDEN)
  • センダイガールズプロレスリング - HATAHATA SUNDAY AFTERNOON FIGHT ※鰰サイト脇にて開催
  • TOKYO No.1 SOUL SET
  • 浅井健一
    (Vo,Gt:浅井健一 / Gt,Cho:深沼元昭 / Ba:中條卓 / Ds:椎野恭一)
  • POLYSICS
津軽
(TSUGARU)
  • プリングミン
  • 土岐麻子
  • 風味堂
  • Sotte Bosse
  • 夢弦会 - 津軽三味線 ※下記3アーティスト前にサブステージで演奏
  • スガ シカオ
  • Port of Notes
  • 堂島孝平×HICKSVILLE+大貫妙子
  • Panorama Steel Orchestra
花笠
(HANAGASA)
  • Date fm MEGA★ROCKS 公開収録
  • susquatch
  • OGRE YOU ASSHOLE
  • iLL(中村弘二 with 沼澤尚+ナスノミツル)
  • トクマルシューゴ
  • NATSUMEN
  • ZAZEN BOYS
  • THA BLUE HERB
  • EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
  • ROVO

ARABAKI ROCK FEST.10編集

2009年(平成21年)11月1日、公式ホームページで「ARABAKI ROCK FEST.10」が2010年(平成22年)5月1日2日に開催される事が公開された。 これに合わせて荒吐宵祭(に該当するイベント)も行われる。 2010年(平成22年)1月1日、公式ホームページがリニューアルされ、「ARABAKI ROCK FEST.10」の概要が発表された。 会場は従来と同じ エコキャンプみちのく であるが、風の草原 が公開され、 「国営みちのく杜の湖畔公園 北地区」の記載が行われるようになったことから 記載が「国営みちのく杜の湖畔公園 北地区 エコキャンプみちのく」と公開されている。
従来 エコキャンプみちのく にも設けられていたキャンプサイトが 風の草原 のみに設けられることになった。 ステージとして「BAN-ETSU 磐越」ステージが追加され、6ステージとなることが公開されている。 「HANAGASA 花笠」ステージが合わせて移設され、事実上 国営みちのく杜の湖畔公園 北地区 のほぼ全域を使用する形になった。

開催日 イベント名 出演者
2009年
11月23日
荒吐宵祭 "HANAGASA" SHOWCASE COMBOPIANO
presents LIVE IN THE BAKUON THEATRE !
  • 石橋英子
  • sgt.
  • 相対性理論
  • COMBOPIANO
  • 菊地成孔
2月17日 荒吐宵祭 "HATAHATA"
presents DO MAKE SAY THINK Japan Tour Special Showcase
  • DO MAKE SAY THINK
  • clammbon
  • 高木正勝
  • NATSUMEN
  • ハイスイノナサ
開催日 エリア 出演者
5月1日 みちのく
(MICHINOKU)
  • あぶらすまし
  • サニーデイ・サービス
  • 9mm Parabellum Bullet
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • TOKYO No.1 SOUL SET
  • エレファントカシマシ
  • THE BOOM
  • UA special guest:浅井健一 / 中納良恵(EGO-WRAPPIN')

(HATAHATA)
  • Jeepta
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • REDEMPTION 97
  • Nothing's Carved In Stone
  • Ohbijou(CA)
  • カヒミ・カリィ
  • 難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
  • THE PREDATORS
  • ザ・クロマニヨンズ
  • BOOM BOOM SATELLITES
津軽
(TSUGARU)
  • グッドラックヘイワ
  • sleepy.ab
  • Dachambo
  • Contemporary Noise Sextet(PL)
  • 小谷美紗子
  • KING&PRINCE(YO-KING&堂島孝平)
  • 夢弦会(津軽三味線)
    ※下記3アーティストの開始前にサブステージで演奏
  • The Silver Hearts(CA)
  • 向井秀徳アコースティック&エレクトリック
  • パスカルズ
荒吐
(ARAHABAKI)
  • SCOOBIE DO
  • People In The Box
  • 小林太郎
  • the blondie plastic wagon
  • OKAMOTO'S
  • monobright
  • PE'Z
  • locofrank
  • HiGE
  • わん☆こいんBIGBAND
    (BRIGHT☆KIDS OB/OG)
  • 10-FEET
花笠
(HANAGASA)
  • ko-rioni
  • SuiseiNoboAz
  • The Mirraz
  • センダイガールズプロレスリング ※ステージ脇特設リングにて
  • KAN
  • 仲井戸"CHABO"麗市 with 早川岳晴
  • Buffalo Daughter
  • WRENCH
  • LOSALIOS×沖 崇信
  • GRAPEVINE×掛川康典
  • HARRY×柿本ケンサク
  • DAD MOM GOD×大沢昌史
  • みちのくプロレス ※ステージ脇特設リングにて 
  • 菊地成孔ダブ・セクステット×冨永昌敬
  • COMBOPIANO×五木田智央
磐越
(BAN-ETSU)
  • monokuro
  • TRICERATOPS
  • SISTER JET
  • QUATTRO
  • ザ・ビートモーターズ
  • MAGUMI & THE BREATHLESS
  • うつみようこ & YOKOLOCO BAND
  • SION with THE MOGAMI
  • ROCK'N'ROLL GYPSIES
  • 西馬音内盆踊り ※ステージ付近にて
  • The Birthday
  • 北のまほろばを行く produced by 山口洋(HEATWAVE)
    [うつみようこ+花田裕之+浜崎貴司&山口洋]
5月2日 みちのく
(MICHINOKU)
  • 坂本サトル
  • フラワーカンパニーズ
  • BEAT CRUSADERS
  • ストレイテナー
  • 山崎まさよし
  • 吉井和哉
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
  • THE GREAT PEACE 10 SONGS "RESPECT FOR 忌野清志郎"

(HATAHATA)
  • moools
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • ZAZEN BOYS
  • ミドリ
  • THIS TOWN NEEDS GUNS(UK)
  • RIZE
  • HAWAIIAN6
  • LÄ-PPISCH
  • MONGOL800
津軽
(TSUGARU)
  • S.P.N POWER
  • おおはた雄一
  • 清竜人
  • バンバンバザール
  • 夢弦会(津軽三味線) ※下記3アーティスト前にサブステージで演奏
  • HEATWAVE
  • つじあやの
  • 曽我部恵一BAND
  • BEGIN
荒吐
(ARAHABAKI)
  • BLUE III
  • ザ50回転ズ
  • 神聖かまってちゃん
  • つしまみれ
  • 毛皮のマリーズ
  • 黒猫チェルシー
  • 杉本恭一 & The Dominators
  • GO!GO!7188
  • Theピーズ
  • 泉谷しげる
  • 川内太鼓
  • THE BACK HORN
花笠
(HANAGASA)
  • みちのくプロレス ※ステージ脇特設リングにて
  • avengers in sci-fi
  • [Champagne]
  • THE BEACHES
  • DOES
  • FoZZtone
  • the band apart
  • THROW ME THE STATUE(US)
  • SPECIAL OTHERS
  • 「はるめぐ祭」-VJ迫田悠+MEG feat. 勝井祐二+沼澤尚+益子樹+森俊之 mix by Kamiyannmatsuri
  • CINEMA dub MONKS
磐越
(BAN-ETSU)
  • THEATRE BROOK
  • andymori
  • Cocco
  • THE BAWDIES
  • LOVE PSYCHEDELICO
  • 勝手にしやがれ
  • eastern youth
  • the pillows

ARABAKI ROCK FEST.11編集

以下は2011年3月10日時点での発表アーティストで、3月14日に第三弾アーティストが発表される予定であった。東日本大震災発生につき「開催延期」。後ほど「ARABAKI ROCK FEST.11 08」の開催が公表された。

4月29日 4月30日
  • 阿部芙蓉美
  • ARABAKI BLUES
  • eastern youth
  • uhnellys
  • EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
  • envy
  • OGRE YOU ASSHOLE
  • Caravan
  • group_inou
  • THE COLLECTORS
  • 斉藤和義
  • salyu x salyu
  • サンボマスター
  • Signals
  • 女王蜂
  • 白A
  • スチャダラパー
  • 世界の終わり
  • SOUL FLOWER UNION
  • 曽我部恵一
  • Dezille Brothers(椎名純平、竹内朋康、鈴木渉、白根佳尚、SWING-O a.k.a.45)
  • トクマルシューゴ
  • 怒髪天
  • 七尾旅人
  • Nedry(UK)
  • noodles
  • ねごと
  • The Birthday
  • THE BACK HORN
  • ハナレグミ
  • he
  • Theピーズ
  • ザ・ビートモーターズ
  • B.B.クィーンズ
  • PONTIACS
  • 真心ブラザーズ
  • Maps & Atlases(US)
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • THEラブ人間
  • LITTLE CREATURES
  • THE ROOSTERZ
  • 渡 watary
  • センダイガールズプロレスリング
  • andymori
  • 泉谷しげる
  • オワリカラ
  • 川内太鼓
  • 9mm Parabellum Bullet
  • 黒猫チェルシー
  • 毛皮のマリーズ
  • Ken Yokoyama
  • 子供ばんど
  • SAKEROCK
  • SANDRO PERRI & FRIENDS(CA)
  • GTGGTR祭
  • 真空ホロウ
  • 高木正勝
  • つしまみれ
  • the telephones
  • 10-FEET
  • Nothing's Carved In Stone
  • NATSUMEN
  • the HIATUS
  • 元ちとせ
  • HiGE
  • the pillows
  • a flood of circle
  • Heavenstamp
  • POLYSICS
  • マキシマム ザ ホルモン
  • 雅-MIYAVI-
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • MONOBRIGHT
  • yanokami(矢野顕子×レイ・ハラカミ)
  • 山本隆太
  • LITE
  • レキシ
  • みちのくプロレス

ARABAKI ROCK FEST.11 08編集

開催日 エリア 出演者
8月27日 みちのく
(MICHINOKU)
  • 川崎中学校ブラスバンド部
  • 坂本サトル
  • サンボマスター
  • くるり
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
  • Cocco
  • 斉藤和義
  • ハナレグミ GUEST:熊谷和徳+原田郁子 from クラムボン+Bose from スチャダラパー
アラバキラヂオ公開録音
  • LOVE PHYCHEDELICO
  • 斉藤和義
  • THE BACK HORN
  • 怒髪天

(HATAHATA)
  • The Jikens
  • SEKAI NO OWARI
  • Dezille Brothers
    (椎名純平、竹内朋康、鈴木渉、白根佳尚、SWING-O a.k.a.45)
  • MONGOL800
  • クラムボン
  • スチャダラパー
  • EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
  • PONTIACS
津軽
(TSUGARU)
  • Fuguri
  • 畠山美由紀「我が美しき故郷よ」
  • トクマルシューゴ
  • 七尾旅人
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • eastern youth
  • SOUL FLOWER UNION
  • タテタカコ
  • ラビッツ(山口洋+おおはた雄一)
荒吐
(ARABAKI)
  • THEラブ人間
  • 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ
  • ザ・ビートモーターズ
  • 渡 watary
  • 真空ホロウ
  • ねごと
  • noodles
  • 毛皮のマリーズ
  • THE COLLECTORS
  • 川内太鼓
  • 泉谷しげる
  • 西馬音内盆踊り
花笠
(HANAGASA)
  • To overflow evidence
  • OGRE YOU ASSHOLE
  • 8otto
  • group_inou
  • uhnellys
  • spike shoes
  • envy
  • COMBOPIANO-1
  • KIMONOS
  • みちのくプロレス
  • THE BACK HORN × 掛川康典+永戸鉄也
  • 女王蜂 × 斎藤渉
  • Caravan × 番場秀一+CHIHIRO
  • 阿部芙蓉美 × 柿本ケンサク
  • Signals × 荒井俊哉
  • 武藤昭平 with ウエノコウジ
  • インディーズ電力
    (佐藤タイジ×うつみようこ×高野哲)
磐越
(BAN-ETSU)
  • EL SKUNK DI YAWDIE
  • SAKEROCK
  • LOVE PSYCHEDELICO
  • つじあやの
  • 曽我部恵一
  • 真心ブラザーズ
  • yanokami(矢野顕子×レイ・ハラカミ) GUEST:U-zhaan
  • JUN SKY WALKER(S)
  • Theピーズ
  • the pillows
8月28日 みちのく
(MICHINOKU)
  • KUDANZ
  • 子供ばんど
  • 10-FEET
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • Ken Yokoyama
  • 吉井和哉
  • エレファントカシマシ
  • GTGGTR祭
    [GRAPEVINE × THEATRE BROOK GREAT GUITAR FESTIVAL]
アラバキラヂオ公開録音
  • 10-FEET
  • HINATABOCCO
  • Leyona
  • 堂島friends

(HATAHATA)
  • 齊藤ジョニー&Shoestrings
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • 雅-MIYAVI-
  • POLYSICS
  • the telephones
  • Nothing's Carved In Stone
  • マキシマム ザ ホルモン
  • BOWWOW
  • 9mm Parabellum Bullet
津軽
(TSUGARU)
  • yumbo
  • 前野健太とDAVID BOWIEたち
  • 山本隆太トリオ
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • 仲井戸麗市「津軽のまほろばSESSION」
  • 堂島孝平HARD CORE POP GROUP「ARABAKI SONG」feat.つじあやの
  • MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)
  • EOR(entity of rude)
荒吐
(ARABAKI)
  • オワリカラ
  • MASH
  • 長澤知之
  • Heavenstamp
  • he
  • a flood of circle
  • つしまみれ GUEST:ウルフルケイスケ
  • 黒猫チェルシー
  • 小林太郎とYE$MAN
  • 怒髪天
花笠
(HANAGASA)
  • みちのくプロレス
  • ソンソン弁当箱
  • MONOBRIGHT
  • andymori
  • LITE
  • NATSUMEN
  • レキシ
  • salyu x salyu
  • LITTLE CREATURES
  • センダイガールズプロレスリング
  • Eric Chenaux (CA)
  • 高木正勝
磐越
(BAN-ETSU)
  • おひつじ座流星群
  • MO'SOME TONEBENDER
  • 元ちとせ
  • The Birthday
  • SION with THE MOGAMI
  • ARABAKI BLUES produced by JUNZI IKEHATA
  • the HIATUS

ARABAKI ROCK FEST.12編集

4月28日 4月29日
  • 浅草ジンタ
  • あらかじめ決められた恋人たちへ
  • eastern youth
  • 泉谷しげる with LOSER<下山淳(G) 村上“ポンタ”秀一(Dr) 仲井戸麗市(G) 吉田建(B)>
  • オレスカバンド
  • Curly Giraffe Guest:Hirohisa Horie
  • KUMI&NAOKI (LOVE PSYCHEDELICO)
  • かりゆし58
  • 9mm Parabellum Bullet × VJ AUX!!!
  • QUATTRO
  • クリープハイプ
  • GRAPEVINE
  • 撃鉄
  • 斉藤和義
  • 在日ファンク
  • Signals × 名取哲&SHOHEI TAKASAKI
  • SHERBETS × 岩佐篤樹
  • [Champagne]
  • 杉作J太郎 × 吉田豪
  • ストレイテナー
  • 3G(吉田建 仲井戸麗市 村上秀一)
  • 相馬市復興支援プロジェクト 山口洋 presents "MY LIFE IS MY MESSAGE"
  • 曽我部恵一BAND
  • タテタカコ & element of the moment
  • 10-FEET
  • 22 (from Norway)
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
  • 堂島孝平
  • トータス松本
  • DOBERMAN
  • 怒髪天&THE JOE-NETS アラバキラヂオ特薦 みちのくに響く日本の名曲達
  • TOMOVSKY
  • 西馬音内盆踊り
  • The NO PROBLEM's
  • The Birthday
  • the HIATUS
  • 初恋の嵐
  • Theピーズ
  • 髭 × 長添雅嗣
  • the pillows
  • フジファブリック
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • FRYING DUTCHMAN
  • フラワーカンパニーズ
  • Mountain Mocha Kilimanjaro
  • MAN WITH A MISSION
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • 山崎まさよし
  • Laika Came Back
  • Ryo Hamamoto & The Wetland
  • LÄ-PPISCH
  • 川崎中学校ブラスバンド部
  • 東京カランコロン
  • brute in forest
  • THE BOHEMIANS
  • ザ・マスミサイル
  • みちのくプロレス
  • センダイガールズプロレスリング
  • 西馬音内盆踊り
  • ent
  • HAPPY BIRTHDAY
  • 山崎まさよし
  • 阿部芙蓉美
  • HEATWAVE & アラバキラヂオ produce THE ARABAKI RADIO SHOW!! ROCK AND ROLL WILL NEVER DIE!!!
  • Alex Lukashevsky (from Canada)
  • 石橋凌 Guest:仲井戸麗市
  • ECHOES
  • EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
  • エレファントカシマシ
  • ガガガSP
  • 川内太鼓
  • ザ・キングトーンズ featuring ジミー入枝 Special Guest:上田正樹
  • KUDANZ
  • THE GROOVERS×佐藤タイジ
  • group_inou
  • THE GREAT PEACE 10 SONGS"RESPECT FOR 忌野清志郎"FROM ARABAKI ROCK FEST.12
  • 子供ばんど
  • サンボマスター
  • CINEMA dub MONKS with 欧州楽団
  • JUN SKY WALKER(S)
  • 神聖かまってちゃん vs B.B.クィーンズ
  • SCOOBIE DO
  • SPARKS GO GO
  • TAIJI at THE BONNET
  • チャットモンチー
  • チョビ渋×渋さ知らズオーケストラ
  • TOKYO No.1 SOUL SET
  • DOES
  • tricot
  • Permanents(田中和将&高野勲)×齊藤ジョニー
  • 元ちとせ
  • Pascals
  • THE BACK HORN
  • People In The Box
  • BIGMAMA
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • FLYING KIDS×Bose(スチャダラパー)×山田将司(THE BACK HORN)
  • BRAHMAN
  • THE BAWDIES
  • 星野源
  • hotspring
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • MONGOL800
  • RHYMESTER
  • ランテルナムジカ
  • レキシ
  • ROCK'N'ROLL GYPSIES
  • aoki laska
  • 雨ニモ負ケズ
  • アンテナ
  • 日食なつこ
  • みちのくプロレス
  • 黒猫チェルシー
  • ermanents(田中和将&高野勲)×齊藤ジョニー
  • THE BACK HORN

ARABAKI ROCK FEST.13編集

4月27日 4月28日
  • 浅井健一
  • アルカラ
  • eastern youth
  • インディーズ電力 × MAZRI/オキ・チバ・etc キャンプファイヤーライブ
  • The Weather Station (from CA)
  • EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
  • envy
  • oono yuuki(band set)
  • OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
  • 大橋トリオ
  • オワリカラ feat. あがた森魚 / 原マスミ + 蜜 × 掛川康典
  • Curly Giraffe
  • 勝手にしやがれ
  • THE冠
  • くるり
  • KEMURI
  • Ken Yokoyama
  • 子供ばんど
  • SAKANAMON
  • ZAZEN BOYS
  • サニーデイ・サービス
  • GTR祭2013
  • SION & The Cat Scratch Combo
  • cinema staff
  • SiM
  • JUN SKY WALKER(S)
  • 須藤寿 ARABAKI SESSIONS[須藤寿(髭)/gomes(FAB)/長岡亮介(ペトロールズ)/佐々木健太郎(アナログフィッシュ)]
  • SLANG
  • DAD MOM GOD
  • タテタカコ × オトエホン
  • the day<仲井戸麗市(G), 中村達也(D), 蔦谷好位置(Key), KenKen(B)>
  • ドレスコーズ
  • 人間椅子
  • THE NOVEMBERS
  • The Birthday
  • パスピエ
  • BIG BEAT CARNIVAL A GO GO produced by JUNZI IKEHATA
    • MEMBER:池畑潤二(THE ROOSTERS,ROCK'N'ROLL GYPSIES)/大江慎也(THE ROOSTERS)/花田裕之(THE ROOSTERS,ROCK'N'ROLL GYPSIES)/下山淳(THE ROOSTERZ,ROCK'N'ROLL GYPSIES)/市川勝也(ROCK'N'ROLL GYPSIES)/浅井健一/チバユウスケ(The Birthday)/クハラカズユキ(The Birthday)/ウエノコウジ/渡辺圭一(HEATWAVE)/百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)/ヤマジカズヒデ(dip)/Keicot(DeeDeeFever)/イノクチタカヒロ(hotspring)/MC:スマイリー原島
  • 風とロック荒吐 LIVE福島 CARAVAN日本
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • フラワーカンパニーズ トリビュートセッション F.C.w.F<Flower Companyz with Friends>
  • HEY-SMITH
  • MAN WITH A MISSION
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • 百々和宏とテープエコーズ
  • RIZE
  • LOSTAGE
  • 忘れらんねえよ
  • 爆弾ジョニー
  • ひとりぼっち秀吉BAND
  • FAKE FACE
  • 魅起法則
  • ウツミ音楽教室〜school of punk〜ボーカルレッスン科 生徒:TOSHI-LOW
  • 渡辺俊美
  • 富澤タク
  • 永野亮
  • 南壽あさ子
  • 武藤昭平 with ウエノコウジ
  • Ryo Hamamoto
  • 西馬音内盆踊り
  • みちのくプロレス
  • 井上崇(Date fm)/堂島孝平(荒吐親善大使)/鈴木圭介(フラワーカンパニーズ、荒吐親善大使)
  • JUN SKY WALKER(S)
  • ひとりぼっち秀吉BAND
  • フラワーカンパニーズ
  • 明星/Akeboshi
  • アナログフィッシュ
  • andymori
  • M.J.Q【遠藤ミチロウ(vo.g),山本久土(g),クハラカズユキ(dr)】
  • 岡村靖幸
  • 奥田民生
  • ORANGE RANGE
  • 加山雄三 & ARABAKI YOUNG KING BAND<Key高野勲,Key山本健太,Gt佐藤タイジ,Gt名越由貴夫,Baウエノコウジ,Dr武藤昭平>
  • 9mm Parabellum Bullet
  • クラムボン
  • THE GREAT PEACE YOUNG SPIRITS“RESPECT FOR 忌野清志郎”
  • ザ・クロマニヨンズ
  • THE COLLECTORS
  • さめざめ
  • SALU
  • サンボマスター
  • GTR祭2013
  • ZIG ZAG
  • SPECIAL OTHERS
  • セカイイチ
  • 曽我部恵一BAND × 中村佳代
  • 堂島孝平×A.C.E. 春のDREAM JUMBO SESSION feat. 大澤誉志幸×山下久美子
    • 堂島孝平×A.C.E.[堂島孝平/小松シゲル/鹿島達也/奥田健介/田澤麻美]+住岡梨奈
    • ゲストボーカル:大澤誉志幸×山下久美子
  • 怒髪天
  • Nothing's Carved In Stone
  • 七尾旅人
  • the HIATUS
  • THE BACK HORN
  • ハナレグミ
  • the band apart
  • Theピーズ
  • HEATWAVE
  • ザ・ビートモーターズ
  • BEGIN
  • 藤原美幸(秋田民謡)
  • THA BLUE HERB
  • POLYSICS
  • WHITE ASH
  • MIYAVI
  • 夢弦会(津軽三味線)
  • MONGOL800 & ARABAKI PROJECT ga presents
  • What a Wonderful World 陸奥with琉球
  • yanokami【Guest:U-zhaan】
  • 山中さわお
  • 0.8秒と衝撃。
  • 川崎中学校ブラスバンド部
  • EA
  • STOROBOY
  • たんこぶちん
  • 緊急バンド(古市コータロー、鈴木淳、クハラカズユキ)
  • HINATABOCCO
  • aoki laska
  • The Weather Station (from CA)
  • 奇妙礼太郎
  • 奈良美智
  • みちのくプロレス
  • 井上崇(Date fm)/堂島孝平(荒吐親善大使)/鈴木圭介(フラワーカンパニーズ、荒吐親善大使)
  • THE BACK HORN
  • the band apart
  • MONGOL800

ARABAKI ROCK FEST.14編集

出演者編集

開催日 エリア 出演者
4月26日 陸奥
津軽
荒吐
花笠
MAZRI produce 映像と音の祭
  • ROMEO's blood×沖崇信
  • Night With LOU REED -Wild Side of ARABAKI-
  • カーネーション×大森靖子×田辺秀伸
  • DJみそしるとMCごはん
磐越
HASEKURA Revolution
x
東北ライブハウス大作戦STAGE
4月27日 陸奥
津軽
荒吐
花笠
MAZRI produce 映像と音の祭
磐越
HASEKURA Revolution
x
東北ライブハウス大作戦STAGE
  • 細美武士
  • 宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
  • 岩崎愛
  • キヨサク(MONGOL800)
  • MONSTER大陸

ARABAKI ROCK FEST.15編集

出演者編集

開催日 エリア 出演者
4月25日 陸奥
津軽
荒吐
  • うつみようこ GO! GO! 50バンド(うつみようこ・クハラカズユキ・奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)・グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)・竹安堅一(フラワーカンパニーズ)
    Guest:中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)・伊丹英子(ソウル・フラワー・ユニオン)・奥田民生・鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)・イマイアキノブ(THE GOLDEN WET FINGERS)・TOSHI-LOW(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)・真城めぐみ(ヒックスヴィル/ましまろ)・オカモトショウ(OKAMOTO'S)・RYOJI(POTSHOT)・CHUCKY(POTSHOT)・MITCHY(POTSHOT)・田中和(勝手にしやがれ)・田浦健(勝手にしやがれ))
  • SCOOBIE DO
  • フラワーカンパニーズ with 泉谷しげる
  • JUN SKY WALKER(S)
  • KEYTALK
  • SPARKS GO GO
  • フレデリック
  • The Cheserasera
  • ROTTENGRAFFTY
花笠
MAZRI produce 映像と音の祭
  • 第一興商 presents スナック定禅寺ブギー(堂島孝平/大宮エリー/ミスター小西(フラワーカンパニーズ)/オカモト “MOBY” タクヤ(SCOOBIE DO)/コムアイ(水曜日のカンパネラ)/中村マサトシ(THE YOUTH)/司会進行 さとうまお)
  • 水曜日のカンパネラ
  • 黒木渚×掛川康典
  • 花田裕之 55 BLUES 「流れ -花笠 ARABAKI SPECIAL-」(ROCK'N'ROLL GYPSIES・SION・ウエノコウジ(the HIATUS)・山口洋(HEATWAVE)・リクオ・keme with花田裕之・〈Visualist〉諸沢利彦)
  • 原始神母


磐越
HASEKURA Revolution
x
東北ライブハウス大作戦STAGE
4月26日 陸奥
  • [[THE COLLECTORS SUPER TRIBUTE -愛ある世界- produced by 山中さわお(the pillows)]]
    (〈SUPPORT MUSICIAN〉高野勲・山本健太・真城めぐみ(ヒックスヴィル/ましまろ)・畠山美由紀)
    (〈GUEST〉奥田民生・加山雄三・草野マサムネ&田村明浩(Spitz)・TOSHI-LOW(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)・山中さわお(the pillows)・吉井和哉)
    (〈Opening Act〉crazy apple(山中さわお(the pillows)・ビートりょう(THE BOHEMIANS)・ウエノコウジ(the HIATUS)・クハラカズユキ))
  • ザ・クロマニョンズ
  • ウルフルズ
  • Spitz
  • ゲスの極み乙女。
  • KEMURI
  • 川崎中学校吹奏楽部
津軽
荒吐
  • 堂島孝平 20+15 感謝祭
    (堂島孝平・會田茂一・奥田健介(ノーナ・リーヴス)・隅倉弘至(初恋の嵐)・小松シゲル(ノーナ・リーヴス)・山本健太・湯浅佳代子(WUJA BIN BIN)・尾崎あゆみ・加藤順子
    (〈GUEST〉TOMOVSKY・茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)・レキシ)
  • TheピーズTOMOVSKY
  • the pillows
  • noodles
  • SHISHAMO
  • THE BOHEMIANS
  • a flood of circle
花笠
MAZRI produce 映像と音の祭


磐越
HASEKURA Revolution
x
東北ライブハウス大作戦STAGE
  • 柴田隆浩(忘れらんねえよ)×金田康平(THEラブ人間)
  • RONZI(BRAHMAN/OVERGROUND ACOSTIC UNDERGROUND)
  • 武藤昭平 with ウエノコウジ
  • 佐々木亮介(a flood of circle)×イマイアキノブ
  • 山口隆(サンボマスター)
  • 坂詰克彦(怒髪天)

交通アクセス編集

会場の エコキャンプみちのく 近くに電車は通っていないため、車両によって会場へ行く事になる。

電車→シャトルバス編集

仙台駅および大河原駅より会場行きのシャトルバスが随時行き来している。 バス券は前もって購入する必要がある。当日券が存在する場合もあるが、前売りより高値となる。

編集

会場入口と会場周辺に用意されている。前もって駐車券を購入する必要がある。 会場周辺の駐車場を用いた場合、会場へは無料のシャトルバスが行き来しているため、徒歩で会場に向かう必要はない。(一部駐車場は徒歩で行く事も可能) 送迎の場合、専用の昇降場が駐車場に設けられている。 会場は国営みちのく杜の湖畔公園であり、期間中は宮城での有数の入場者数をほこる。通常会場へのアクセスは国道286号を通行するが、渋滞を避けるために国道286号の通行を避けて通るように主催者での案内が行われている。

参考情報編集

  • 東北で4月下旬 - 5月上旬の開催となるため、昼は20度近くある一方、夜は0度近くまで冷え込んだ場合がある。特にキャンプサイトで一夜を過ごす場合は寒さ対策が必要で、冬着を用意しても良いとされる。オフィシャルグッズとしてパーカーやウインドブレーカーが存在するのはこの時期開催される ARABAKI ROCK FEST. ならではの考慮である。
  • ゴールデンウィーク期間中となるため、仙台・仙南地域のホテル・旅館は一般客と重なりはやめに満室となってしまう。車での利用者は山形市の宿泊地を利用するケースもある。
  • 毎年NTTドコモが特別協賛しており、mova・FOMAの基地局を会場に設置している。大規模なイベントでは携帯電話が正常に使えなくなる事が多いが、NTTドコモの携帯電話に限っては会場内でも問題なく使用する事ができるようになっている。
  • 同様にNTTドコモの特別協賛により、iDをオフィシャルグッズ等の一部ブースで使う事が可能。携帯電話(おサイフケータイ)に限らず、三井住友カードの専用カードやクレジット一体型カードなどでも決済を行う事ができる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木亮介. “ARABAKI ROCK FEST.12 (1日目) - Web Rock Magazine BEEAST”. BEEAST. 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ エコキャンプみちのくで野外ロックフェス-開催概要発表(仙台経済新聞 2007年1月23日)
  3. ^ 春恒例の野外フェス「アラバキ」概要発表-キャンプサイト新設も(仙台経済新聞 2009年1月5日)
  4. ^ 「ARABAKI ROCK FEST.09」閉幕-悪天候の中、来場者3万人突破(仙台経済新聞 2009年4月30日)
  5. ^ 「ARABAKI ROCK FEST.10」閉幕-過去最多4万2千人来場(仙台経済新聞 2010年5月5日)
  6. ^ 春の野外フェス「ARABAKI ROCK FEST.12」、第2弾アーティスト発表(仙台経済新聞 2012年2月27日)
  7. ^ ARABAKI ROCK FEST.12(川崎町 2013年6月12日)
  8. ^ 春の野外ロックフェス「ARABAKI」閉幕-過去最多4万5千人動員(仙台経済新聞 2013年4月30日)
  9. ^ 「ARABAKI」フェス閉幕-過去最多4万8千人動員、福島で新プロジェクトも(仙台経済新聞 2014年4月28日)
  10. ^ 15年目の「ARABAKI ROCK FEST.」閉幕 過去最多5万人来場(仙台経済新聞 2015年4月27日)
  11. ^ 「ARABAKI ROCK FEST.16」閉幕 過去最多5万2000人動員(仙台経済新聞 2016年5月1日)
  12. ^ 「ARABAKI ROCK FEST.17」、RCサクセション「COVERS」セッションで閉幕(仙台経済新聞 2017年5月1日)
  13. ^ ARABAKI ROCK FEST.14 ステージインフォメーション
  14. ^ ARABAKI ROCK FEST.14 ステージインフォメーション
  15. ^ ARABAKI ROCK FEST.14 ステージインフォメーション
  16. ^ ARABAKI ROCK FEST.10 ステージインフォメーション
  17. ^ ARABAKI ROCK FEST.10 ステージインフォメーション
  18. ^ ARABAKI ROCK FEST.10 ステージインフォメーション
  19. ^ ARABAKI ROCK FEST.11 ステージインフォメーション
  20. ^ http://2014.arabaki.com/area/ ARABAKI ROCK FEST.14 ステージインフォメーション
  21. ^ ARABAKI ROCK FEST.15 ステージインフォメーション
  22. ^ ARABAKI ROCK FEST.17 ステージインフォメーション

関連項目編集

外部リンク編集